« 2008年7月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年8月

2008年8月 3日 (日)

鈴鹿8耐③

鈴鹿スナップ写真その③

Dscf0013

園内にはホテルエリアにちゃんとしたレストランも有るのだけど私はもっぱら数多く設置
されているB級グルメ(屋台)を食べ歩いてる。
写真の伊勢うどんは久しぶりに食べたけど、やっぱり麺類の中では異端だな。
地元で古くから食べられていたうどんらしいのだけど、一番の特徴は麺が腰砕けになる
まで長く茹でて食べるところかな。麺には鰹節、溜まり醤油を加えて頂きます。
普通麺類はパスタのアルデンテ、讃岐うどんの腰の強さに代表されるように麺の中心
部分と外側で茹で加減に違いを作り好ましい食感を造るものなのだが、この伊勢うどんは
全く逆なんだね。伊勢うどんがこういう物だと知らずに食べた人はきっと○○○と思うだろうね(^^)
だって万国共通の麺類の常識に反しているんだもの。ただ何度か食べているうちにコレも有り
かなって思うようになるかも知れない。地方特有の料理は初めて食べると最初違和感があるものね。

Nightpit

土曜日前夜祭でのナイトピットウォーク
入園者は観戦チケットを持っていない人も含めて前夜祭に参加でき、コース、ピットロードにも自由に
入れます。

Win

8時間に渡る決勝レース終了後の表彰式
この時には観客がコース上に自由に入る事ができ、何処のチームが優勝しようが皆で祝福。
今回の優勝はホンダワークスチームで3年ぶり。

Hanabi

その後花火が打ち上げられます。

Kanransya

コース上から撮影した夜の観覧車

Kanransya2

遊園地エリアから撮影した夜の観覧車

Gate3

帰路につく時に振り返る鈴鹿サーキット正面ゲート
鈴鹿を訪れた観客の多くが、この場所から離れることに独特の寂しさを覚えて何度も振り返る。
そして、又来るからねと挨拶するんだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

鈴鹿8耐②

鈴鹿サーキットで撮ったスナップ写真
毎年園内の何処かが改修されているので行く度にそれを確認するのが楽しみの一つになっています。

Gate

園内に入っていく最初のゲート

Gate2

遊園地の中を通り抜けてレーシングコースの正面ゲート前に

Gurasutaura

Gurasutaura2

Gurastaura

ゲートをくぐるとグランドスタンド裏の広場

Vip

グランドスタンドの中でも超特等席VIPスイートへの専用入り口
赤絨緞にフォーマルウェアのお姉様が出迎えてくれます。当然料金も超高額です。
私はまだ一度も利用した事が有りません(^^)

Gurasuta2

グランドスタンドA席から見たVIP席、左側の建物はF1開催時に各国の放送ブース
として利用する為に建てられたもので通常は個室席として利用されている。

Pit

A席から見たピット、コントロールタワー
20数年利用されてきたけど今年の9月以降に全部取り壊され生まれ変わる予定。

Angel

ツインリンクもてぎからMotoGPのPRに来ていた里佳ちゃん(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

鈴鹿8耐

鈴鹿8耐に2年ぶりに観戦に行って来ました。やっぱりめちゃくちゃ暑かった。
決勝はEスタンドで始めの2時間観戦、その後スタンド裏の日陰で4時間昼寝(^^)、再び1時間観戦、グランドスタンドA席に移動してゴール、表彰式まで観戦しました。
E席はなかなかお勧めです。東コースがだいたい見渡せるしスタンド裏はかなり広いスペースが有るので昼寝、雨宿りに使えて快適です。今回は実際に昼寝している最中に落雷、どしゃ降り雨が有りました。暑かったけど仕事のことはすっかり忘れて気持ちの良い2日間を過ごしました。
私にとって鈴鹿サーキットは単なるレース観戦の場ではなく、行きつけのリゾート地という感じです。正面玄関を入ると遊園地だし、ホテル、レストラン、温泉、ボーリング場、キャンプ場等が併設されててその一角にレース場が有るという感じでとても雰囲気が良いのだ。この雰囲気に浸りたくてついつい出かけてしまうんですよね。

Gurasuta

写真はE席から見たグランドスタンド
今年の9月以降にVIPスタンド以外の部分が全面的に改修され巨大な屋根付きスタンドに生まれ変わる予定です。

Esutaura

E席スタンド裏、涼しい風が吹いて快適

Azure

土曜日のイベントステージに出演してたミュージックグループAZUREの女性ボーカル。どのタイミングでシャッターを切っても表情が素敵でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年11月 »