« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月22日 (土)

最近購入した家電製品は何故か三洋電機製が多いのだ

ここ最近(一年以内に)購入した家電製品は五つ、マッサージチェア(三洋)、縦型扇風機(山善)、炊飯器(東芝)、ミキサー(三洋)、空気清浄機(三洋)なのですが、扇風機と炊飯器は特に比較検討したというわけではなくたまたま目に留まったのと値段が手ごろだったので購入しました。それ以外の製品は他社製との比較検討を行った結果購入したものです。特にマッサージチェアは約2年間の試乗検討の末に選びました。

Sanyo1

検討したメーカーはパナソニック、ファミリー、富士医療器、三洋の四社。最終選考に残ったのは三洋とパナでどちらも良かったのですが三洋製の方がモミ玉の動きがより人間の手に近かったこと、フットマッサージの動きがきめ細かかったこと、そしてリクライニング機能で座面ごと傾けるという三洋製独自の機能が気に入った為選びました。パナの方には手をマッサージする機能が有りそれも良かったのですが総合的に検討して三洋になりました。写真は購入した三洋製HEC-DR6000G。

Sanyo2 ミキサーはテレビ番組で野菜ジュースを作っている場面を見て急に欲しくなり購入。これも購入時にパナソニック製と比較してサンヨー製を選びました。パナソニックにしなかったのは、パナ製には安全装置として蓋が閉まっていることを検出する為の機構が付いてて、それは良いのですがその為に蓋から下のモーター駆動装置に向かってプッシュロッドのようなものがカップに付属しています。毎日使って洗う事を考えるとこの複雑さの為に絞りかす等が付着して汚くなる可能性を想像してしまいました。まあ購入しなかったので実際のところどうなのかは分かりません。小さな子供さんが使われるご家庭では蓋が閉まっていないと動かない仕組みのパナ製の方が安心ではあります。ちなみにこのミキサーは毎日使っています。野菜と果物を適当に組み合わせ、牛乳、ヨーグルト、蜂蜜、水を加えてファイバージュースを約1リットル作って飲んでいます。ジューサーにしなかったのは材料を無駄なくジュースにできることですね。

Sanyo3 空気清浄機は先週買ったばかり。これは各メーカーとも独自のアイデアで除菌、消臭するメカニズムを搭載しています。比較検討したのはプラズマクラスターのシャープ、ナノイーのパナソニック、ウイルスウォシッシャーの三洋。除菌するメカニズムはかなり専門的で難しいのですが第三者機関でのテスト結果が良かった三洋製ABC-VW26Bを選びました。これと同じメカニズムは多くの人が利用するシアター等でも三洋製の業務用機器が採用されているようです。電解精製水を作ることで得られる次亜塩素酸をミスト状にして部屋に噴射することで除菌します。次亜塩は以前私が外食関係の仕事をしている時に使用してて殺菌効果を知っていたので分かりやすかったことも理由の一つです。この空気清浄機を購入するきっかけは部屋に同居する四羽のインコの健康を考えてです(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

広島南アルプス(武田山~鈴ヶ峰山)縦走三度目のチャレンジ

先日の日曜日(5月9日)に3年連続3度目の広島南アルプス縦走にチャレンジして来ました。一昨年、昨年は途中でコースミスをしてしまい結局途中リタイヤになっています。今年は道を間違えないように十分注意しながら歩いて見事ゴールの鈴ヶ峰山まで到達できました。

Mt1 今回登山スタート地点へは自宅から一番近い古江駅より電車を乗り継いで行きました。

Mt2 西広島駅からJRに乗り換えて横川駅で可部線乗り換え下祇園駅下車。下祇園駅前には武田山の登山案内板が有ります。ここより登山開始。

Mt3 火山山頂にて携帯電話のGPS機能を使って位置確認。液晶画面を写真に撮ったのだが自分自身が写り込んで変な写真に。

Mt4 この縦走路は私の感じでは武田山~火山山頂までがちょっときついですがその後のルートは比較的アップダウンが緩やかで写真のような平行移動する区間も多くなるので歩いてて楽しいです。

Mt5 大茶臼山の石垣の下を通って突き当る場所の分岐点。昨年はここでミスルートしてしまいました。右側の道が太くて本線のように勘違いしてしまいますが五月ヶ丘団地の方に下ってしまいます。ルート上で迷いやすい分岐点は概ね左側に行く方が縦走路(もちろん逆の場所も有りますが)になっている場合が多いようです。

Mt6 草津沼田道路を横断して鬼ヶ城山方面に登って行くと途中に大きな竹薮が有ります。何かちょっといい雰囲気の場所です。

Mt7 このルートの西区エリアのみ「西区やまなみハイキングルート」の案内板が設置してあります。このような案内板が紛らわしい分岐点にもう数箇所設置して有れば初心者には助かるんですけどね。

Mt8 ついに三度目のチャレンジでゴール地点の鈴ヶ峰山(東峰)に到着。下祇園駅を午前7時に出発してここに到着したのが午後4時10分でした。休憩時間を含めて約9時間10分かかりました。さらに下山して自宅まで徒歩で帰りました。自宅到着は午後5時30分くらいでした。自宅到着して一時間はぶっ倒れて動けませんでした(^^)。

Mt9 おまけ、鈴ヶ峰山下山途中で見つけたタンポポ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

冠山、寂地山に登山

4月29日の祭日に広島県廿日市市吉和の潮原温泉から冠山に登山、さらに縦走にて山口県岩国市錦町の寂地山、寂地峡に下山して来ました。歩行時間7時間、休憩を入れて約8時間でした。冠山はハイキングコースとして以前よりよく聞く山だったので是非登ってみようと思っていました。この季節はちょうど片栗の花が咲く時期で群生している様子を見ることが出来ました。

Kanmuri1 冠山頂上に向かう途中の巨石(クルソン岩)で休憩。

Kanmuri2 冠山頂上にて昼食をいただきました。風が吹くとちょっと寒いくらいでしたが登山にはちょうど良い天気でした。

Kanmuri3 登山参加者の皆さんが熱心に写真を撮られていた片栗の花。この花はほとんど地面の方にうつむくように咲いているのでローアングルからの撮影になります。

Kanmuri4 とっていいのは写真だけなので一応。

Kanmuri5 倒木と片栗の花

Kanmuri6 片栗と青い空

Kanmuri7 この広い山の中で数株しか確認されてないらしい純白の片栗の花。

Kanmuri8 寂地山から沢伝いに下山して行くと最後に巨石をくり貫いたトンネルが有りました。大勢が一度に通過すると真っ暗闇になります。そしてこのトンネルを抜けると全く予想していなかったビックリの風景が有りました。

Kanmuri9このように100mくらいの高さを垂直に下る感じで 階段が設置して有るのですが、そのすぐ側に大きな滝がありました。

Kanmuri10今まで滝を離れた位置から眺めたことは有りますが、ここは滝に沿って遊歩道が設置してあります。全体が一つの滝ではなく大きく五つの滝が段々に連なって落ちて行きます。

Kanmuri11 至近距離から見る滝は迫力が有ります。

Kanmuri12  全国名水百選、日本の滝百選に認定されています。

Kanmuri13 寂地峡入り口に設置してあった案内図。今回のツアーは初心者コースということで油断していましたが結構きつかったです。帰りは登山開始場所の潮原温泉までバスで戻り温泉に浸かって帰りました。登山と温泉の組み合わせは最高です(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »