« JKT48 「青春ガールズ」公演を鑑賞しました。千秋楽ウイーク | トップページ | JKT48 チームJ 「シアターの女神」千秋楽 »

2016年11月29日 (火)

JKT48 チームK3 「最終ベルが鳴る」千秋楽

JKT48チームK3の現公演「最終ベルが鳴る」の千秋楽公演を観て来ました。一年数カ月の長期に渡って行われてきたこの公演もついに千秋楽を迎えました。そしてそれ以上に大きな意味を持つと思うのは、基本的にJKT48の第二期生により構成されて来たチームK3の現メンバーによる最後の公演だと言うことです。メンバー達にとって、そしてファンにとってもとても大きな意味を持つ公演です。そして3チームの中でファン層に少しばかり特徴が有ります。それは多くのファンの中でも特に熱心なファンが最も多かったのがこのチームK3です。先行した一期生のチームJは複数の芸能活動経験者がおり、発足当初からある程度の実力が約束されていたと言えるかも知れません。チームK3は先輩チームJと常に比較されそれを追いかける立場でした。そういう状況の中で何とか彼女たちの力になってやりたいと思ったファンが多かったのではないかと思います。アイドルのファンになる理由、切っ掛けは見た目の可愛らしさやパフォーマンスの実力だったりすることも有りますが、実際のところそれはたくさん有る理由の一つ二つに過ぎないと思います。要は愛される要素を何か持っていればファンが出来るのがアイドルだと思います。
 
私はこの公演をとても楽しみにしていましたが、公演開始に先立って一つやらかしてしまいました。何と公演の開始時間を勘違いしていたのです。前日の土曜日にも二公演が行われていましたがそのタイムスケジュールと同じだと勝手に思い込んでいました。つまり公演開始は午後二時でチケット交換の開始が11時30分からだと思い込んでいました。11時過ぎに知り合いの方からのメールで初めて勘違いに気付きました。その時点で既にチケット交換の締め切り時間を過ぎていました。慌てて劇場に行き、受付のお姉さんに「こめんなさい、遅れました」と伝えるとお姉さんは微笑んで大切なFARチケットを発行してくれました。チケット交換締め切り時間を40分過ぎていました。本当に大雑把な性格の私は時々やらかしてしまいます。S氏そしてJKT48劇場チケット受付のお姉さん、ありがとうございました。今後は気を付けます。
 
という訳で何とか公演開始に間に合いました、私の席は5列目のセンター付近です。FARチケットはビンゴなしで4列目、5列目の席が約束されるわけで、そこがどんなに良い席か、この後の一般枠で当選したJ公演の時に実感することになります。
公演開始は千秋楽ウイークに共通の演出であるヒストリー映像が事前に上映されました。そして開演と同時にメンバー達の全力のパフォーマンスが始まりました。私的には全体を通して今まで観たJKT48の公演の中で最高のショーでした。
公演開始からしばらくして行われる自己紹介の時からメンバーたちは泣き顔になってしまいました。二列目にいたウティは一列目の自己紹介が始まると直ぐに泣き始め後ろを向いてしまい、近くにいたキャプテンのキナルに宥められる始末でした。
全体を通して特に印象に残ったのはまず私の推しユッピとウティが共に演じるユニットソング「初恋泥棒」です。以前観た時とは比較にならない素晴らしいパフォーマンスでした。
そして公演の最後頃に行われたキャプテンキナルの手紙です。メンバー一人一人を労い新体制への移行を紹介しました。(そしてこの時に今日の公演には出なかったシャファも登場しました。)ウティへのメッセージを読んでいる時のこと私は率先して拍手をしました、すると場内にいた他の観客も同調して大きな拍手をしてくれました。ウティは泣きながら反対側を向いてしまいましたけど。それからみんなが予想していた通りに最後の曲「ささえ」を全メンバーで歌い感動的な千秋楽公演は終了しました。メンバーも観客も全員が感動できる最高の公演でした。
 
公演後に行われるハイタッチの順番待ちをしながら、この公演の感動を何時までも忘れずにいたいと感傷に浸っていました。そしてハイタッチへ、今回の訪問でのメンバーとのお別れの挨拶も兼ねることになります。K3のメンバー全員が素敵な笑顔で迎えてくれました。私の推しはユッピ、ウティの順で並んでいました。二人には頑張れと日本語で一言伝えました。今回はウティに手を掴まれました。へへへ
余談ですがこのハイタッチは素早く通り過ぎるように誘導されますのでメンバーと会話する時間は有りません。ほんの一瞬です。それでも推しとの大切な時間を作る方法について。それはハイタッチの列が始まる前に自分の推しが何処にいるかを把握します。そして自分の推し以外のメンバーは素早く通り過ぎ、推しのところで一瞬だけ長くとどまり一言だけ言葉を伝えます。この方法がベストかなと思います。
 
この公演を最後にメンバー達は12月から始まる新体制への移行期間になります。発表されている情報によると6日頃から劇場での活動が再開される様ですが詳しいことはまだ分かりません。私の推しウティとユッピ、二人はチームJとK3に分かれることになります。私は今まで通りJKT48全体を応援し、個別のメンバーではウティとユッピを応援するスタンスになんら変更は有りません。今回の公演を観てウティとユッピがそれぞれのチームで活躍してくれることを確信しました。そしてこのブログを書いている時点では既に帰国していますが、次回二人に再会出来る日を楽しみにしたいと思います。
Cyqarmiuaaayeii_2
Cyqarjyviaew2yu
Cyqst6yuuaavuix

公演後にメンバーがUPした写真
Photo is quote from Uty & yupi twitter.
 

|

« JKT48 「青春ガールズ」公演を鑑賞しました。千秋楽ウイーク | トップページ | JKT48 チームJ 「シアターの女神」千秋楽 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516952/64558290

この記事へのトラックバック一覧です: JKT48 チームK3 「最終ベルが鳴る」千秋楽:

« JKT48 「青春ガールズ」公演を鑑賞しました。千秋楽ウイーク | トップページ | JKT48 チームJ 「シアターの女神」千秋楽 »