« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

JKT48 仲川遙香卒業 アイドルの偉大さ

.昨日JKT48の今年最後の公演が行われました。そしてこの公演を持って仲川遙香さんはJKT48及び48グループから卒業されました。遙香さん卒業おめでとうございます。今後もインドネシアに拠点を置いて活動を続けられる様です。遙香さんの今後の新展開に大いに期待したいと思います。

そして今回遥香さんを見ていて思ったこと、アイドルの偉大さについて。JKT48はAKB48の姉妹グループなので当然日本との結びつきは強いです。そして遥香さんはインドネシアに渡って活動されている。インドネシアの人達は日本に関心を持つし、日本人もインドネシアに興味を持つきっかけになった人も多いと思います。インドネシアと日本の懸け橋になっていると言えるのですが、このことはよくよく考えてみると物凄いことだと思います。当然双方の友好は深まりますし交流も増えます。あえて俗っぽい言い方をするなら、将来に渡って双方の国に莫大な経済効果、利益をもたらすことになります。今まで私はアイドルを単なるエンターテイメントという枠の中でしか考えていませんでしたが、実際のところは
その枠を大きく超えた役割をしているのですね。遙香さん、そしてJKT48のメンバー全員凄いよ。私も自分の好きな道を選んで日々生き甲斐を感じていますが、どんなに頑張っても彼女達の領域には行けません。彼女達を尊敬するし羨ましく思います。私に出来るのは応援することくらいです。
メンバー達には誇りを持って欲しい。君たちはアイドルを超えた存在なのだと。

昨夜までにメンバー達がUPした遙香さんとの写真を紹介

Haruka1
Dwi Putri Bonita

Haruka2
Cindy Yuvia

Haruka3
Kinal、Shania

Haruka4
Feni

Haruka5
Beby

Haruka6
近野 莉菜

Haruka7
Sonia

Haruka8
Nadila

Haruka9
Sisca

Haruka10
Frieska

Haruka11
Amanda、Gracia、Michelle

Haruka12
Natalia

Haruka13
Amanda

Haruka14
Natalia 、Rona

Haruka15
Shani

Haruka16
Rachel

Haruka17
Desy

Haruka18
Okta

Haruka19
Amanda、Shani、Gracia

Haruka20
Ikha

Haruka21
旧チームTと楽屋にて

Haruka22
旧チームTとステージにて

Haruka23
チームJとステージにて

Haruka24
遙香さんお疲れ様














































| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

JKT48 お正月はお家でシアター DVDのNTSC変換 

来年のお正月は実家でゆっくりしたいと思っています。そこで久しぶりにお家でシアターする為に所有しているJKT48のDVDをNTSC変換しました。海外製のDVDをテレビで見る場合にそのままでは観れない理由は二つ有ります。一つはリージョンコード、二つ目は放送規格の違いです。リージョンコードはDVD、BDの規格を作る時に映画会社の意向を取り入れて世界をグループ別けにしたものです。対応したレコーダーでないと再生できません。主に封切りのタイミングをコントロールすることが目的だと思います。DVDとBDでは何故かグループ別けの仕方が違います。

放送規格は主に毎秒当たりのコマ数、走査線数等が方式により違うもので、アナログ放送の時代に出来たものが引き継がれています。NTSC、PAL、SECAMの3方式が有りこちらも対応したレコーダー、TVでないと再生できません。ただしPCで再生する場合は再生アプリが対応してくれるのでこの問題はクリアーできます。

JKT48のDVDにはリージョンコードは設定されていませんので、問題は放送規格の違いです。インドネシアの放送はPAL方式で日本はNTSC方式です。(放送規格と言っても実際には物凄くたくさんある規格項目の一部です)この規格の違いはアプリを使ってNTSC変換したDVDを作ることで観れるようになります。
JKT48のDVDも初期の頃には日本向けに制作されたものが販売されていましたがその後なくなりました。
このNTSC変換は無料のアプリを使って出来ますので、お家でシアターしたい方はやってみて下さい。NTSC変換したDVDを個人で楽しむ分には問題有りませんが、販売すると違法になります。

今回は私が所有しているコンサートと劇場版のDVDの内、7タイトル9ディスクをNTSC変換しました。
劇場版の内、パジャマドライブと僕の太陽は日本向けが有りました。そして今更気付いたのはチームJの誰かのために公演のDVDを持っていないことです。K3に夢中だったのであまり気にかけていなかったんですね。チームJを強く意識するようになったのはウティの移籍が決まってからです。
お家でシアターはさすがに実際の劇場の臨場感は有りませんが、それでも劇場の雰囲気を知っているので上手く脳内変換されて楽しめます。

Jktdvd1

今回NTSC変換したDVD

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

JKT48 UtyのバースディTシャツ

先日のウティ生誕祭に参加できなかった私の為に、駐在の方に届けて戴きました。ウティのバースディTシャツと当日の生写真です。ああっ、写真には、、、、へへへ、ウティありがとう大切にするよ。
Tシャツには彼女の誕生年と19を意味するXIXがデザインされています。彼女の生まれた1997年同期の
メンバーはデナとソニアの3人だったと思います。元々は多かった1997年生まれは離脱者も多かったのですね。辞めずに頑張って来て良かったと思います。これからも希少な1997年生まれメンバーとして頑張って欲しいです。
Bdt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JKT48 5周年記念&仲川遙香卒業コンサート

先日行われたJKT48の5周年記念&仲川遙香卒業コンサートのテレビ放送が日本時間の昨夜24時よりインドネシアRTVで放送されました。しかし殆ど観れない。一般家庭で実現できる最高スペックのインターネット環境を実現していると言うのに。やはり送り側が弱ければ駄目ですね。という訳でリアルタイムで観るのはあきらめてYoutubeにアップされた映像で楽しみました。

新体制になってから初めて観る映像です。チームK3の定番曲ではついウティを探してしまいました。いないって分かってるのに。ウティはチームJの中にいました。チームJのメンバーの中に上手く馴染んでいて安心しました。
これだけ大勢のメンバーがいるとみんなを平等に映すの無理ですね。やはり運営推しのメンバーが中心になってしまいます。ハルカ、メロディ、フェランダ無き後のセンター候補はやはりナビラ、ユフィアでしょうか。あっ、ごめんなさいメロディ、フェランダはまだ現役です。今回のコンサートは仲川遙香さんの卒業コンサートでも有りましたので遙香さん中心の映像にもなっていました。遙香さんとても綺麗でした、今までに観た中で最高に綺麗でしたよ。遙香さん、今後の活躍楽しみにしています。それから早くダーリン見つけて幸せになって下さいね。(^^)

今後は近野莉菜さんにある意味でチャンスが回って来ると思います。頑張って欲しいですね。近野莉菜さんについてちょっと気付いた事はパフォーマンス中の顔の表情があまり無いように思います。もう少し表情表現が出来ると良いと思います。参考になるのはフェニですが、まあ彼女の場合ちょっとやり過ぎかもしれませんが。

今回のコンサートは見送りましたが何時かタイミングが合えばまたコンサートにも参加してみたいと思っています。でも昨年のような過酷な観客環境の屋外コンサートはこりごりです。屋外は音響的にも最悪ですから、出来ればちゃんとした音響ホールで観てみたいですね。

さあこれで今年のイベントはほぼ終わりかな、私が密かに期待していたホンダのモータースポーツイベントとのコラボレーションは無かったですね、でもしばらくモータースポーツはシーズンオフですから期待しています。そしてホンダさんには引き続き来年もJKT48への強力な支援をお願いします。

2_20161225_1506

1_20161225_1539_2


5周年記念コンサートでのウティとユッピ
(インドネシアRTVの放送より引用)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

JKT48 今年も残り僅か、今年はまあ良かったかな

今年の私は元日からJKT48オフィスへの初詣から始まりました。(何しに行ったかは当時のブログに)そして1月14日はユッピの誕生日ですが、何とこの日ジャカルタでテロが発生していたのですね。自分が書いたブログを読み返して、そうだったんだと思い起こしています。

今年一年を振り返って私にとって一番良かった事は応援している2人がそろって選抜総選挙で選抜入りしたことです。特にウティは初めての選抜入りでしたので本当に感動しました。そもそもこのブログを書き始めた最初の動機はウティの選抜入りを目指すことでしたから本当に嬉しかったです。
そして今年ファンになって3年目でしたが初めて握手会に参加しました。ウティが選抜入りした直後でしたのでとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。さらに先月には千秋楽ウィークに参加できてこれ又とても楽しませていただきました。2人とツーショットまでしてしまいました。ジャカルタには行けても半年に一度ですから、行った時の気持ちの高ぶりは大きいです。何時もは遠く離れた日本からツイッターとブログで応援する、このスタイルが私には合っているし楽しいです。

来年も楽しい一年になるように願っています。JKT48がもっとメジャヤーになれるように、そしてウティとユッピがともに活躍できるように応援を続けて行きます。ブログとツイッターにもう一工夫加えたいと思っているのですが、来年の話ですからどうなるか。(^^)

C0sselhveaaifb_2

C0p07trusaatyrt


最近のメンバーツイッターより
ユッピサンタと普段着のウティ 私は普段着姿のメンバー写真が大好き
Photo is quote from yupi & Uty twitter.


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

JKT48 思わず釣られそうに ?

PCでのツイッター画面にはお勧めユーザーが表示されますよね。私がフォローしているJKT48メンバーは二人だけです。なのでそれ以外のメンバーがお勧めユーザーに表示されることが多いのですが、何故かそれが特定のメンバーに偏ります。これがどういうアルゴリズムになっているのか全く分かりません。良く表示されるメンバーはシンカ、ナオミ、ナタリア、セリーヌ、特にシンカ、ナオミ姉妹は同時に表示されること度々なので思わず笑ってしまいます。二期生が多いいのは分かるとしてセリーヌは何故? って思います。アルゴリズムがどうなっているのか不思議です。
ところで最近私のツイートをお気に入りに入れてくれたメンバーがいて、つい気になってしまいました。私のツイは殆どウティとユッピへのリプ専用になっているので、他のメンバーがお気に入りに入れてくれた事に驚きました。そもそもメンバーがお気に入りにしてくれること自体そうそう無いですから。お気に入りにしてくれたツイートはウティへのリプで「今ここに」という短いメッセージとともに休憩していた場所の写真を添えたものです。私はてっきり釣りに来たのかと思いました。でも彼女のお気に入りリストを見るとそうではない様です。その彼女とは研究生のSania Julia Montolalu (ジュリー)メンバーリストの最後に載っている子です。ウティへのリプを見に来たと言うことは彼女ウティのファンなのかも。それとも純粋に写真を気に入ってくれたのかも知れません。私は4期生、5期生の事はまだよく知らないので彼女の事もほとんど知りません。あえてブログで紹介したのは、私のツイをお気に入りにしてくれたお礼と、ファンに対してフレンドリーにするメンバーとそうではないメンバーでは結果に大きな差が付く事を知って欲しいというのも有ります。実際私は彼女の名前を覚えましたから。規律に反しない範囲でファンにフレンドリーにすることはアイドルの大切な活動だと思います。決して彼女に釣られたわけでは有りません。(^^;)
Czy_oagusaakofy
まだ研究生の15歳、今後の成長を楽しみにします。
JKT48 Trainee
Sania Julia Montolalu サニア・ジュリア・モントラル
Twi URL https://twitter.com/Julie_JKT48?ref_src=twsrc%5Etfw
Photo is quote from Sania Julia twitter.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

JKT48 ウティことDwi Putri Bonitaの生誕祭

ウティの生誕祭は先日の日曜日J公演と共に行われました。実際の誕生日から遅れること24日目でした。何時行われるのか本人もファンもちょっと心配していましたが無事に行われて良かった。生誕祭が遅れた理由は千秋楽ウィーク特別公演とその準備期間と被った為でした。当初生誕祭への参加を予定していた私は小さな企画を考えていたのですが、残念ながらそれは実行出来ませんでした。でも地元のウティファンはいろいろやってくれたみたいです。その中の一つは今回新たにウティをイメージしたキャラクターデザインを創作、そのキャラを使ったキーチェーンを製作しています。私も事前に頂きました。彼女へのプレゼントはその物自体の価値より、それらによって思い出を作ることの方により大きな価値が有ると思います。そこにはお金では買えない愛が有ります。
ウティの生誕祭には元チームK3のメンバーも駆けつけてくれ、お手紙は元メンバーのハンナから届いたようです。ウティには一生忘れない思い出になったと思います。この思い出には彼女の人生を何時でも助ける力が有ります。良かったねウティ。
生誕祭ではメンバー達ともたくさん写真を撮っていますので紹介します。メンバーとのツーショットには私からのコメントを添えました。
001_2
まずはステージ上でチームJと元K3のメンバーとの記念撮影
Czzvtgusaa7eg_2
そして楽屋で二期生との集合写真、さらにメンバーとのツーショット 
Bdp1_2
☆ Lidya Maulida D. リディア  あなたの力強いパフォーマンスを観たいな、ショートヘアにして可愛くなったよ。
Bdp2_2
☆ Fakhriyani Shafa シャファ 南国美人シャファ、あなたの撮った写真素敵、研究も頑張れ。
Bdp3_2
☆ Natalia ナタリア 何時も素敵な笑顔をありがとう。ハイタッチの時には何時もあなたが印象に残ります。
Bdp4_2
☆ 近野 莉菜 もっと暴れて下さい。
Bdp5_2
☆ Devi Kinal Putri キナル ウティを厳しく指導してね。
Bdp6_2
☆ Shania Junianatha シャニア キャプテン、ウティをよろしくね。
Bdp7_2
☆ Rona Anggreani ロナもっと甘えていいんだよ。
Bdp8_2
☆ Nadila Cindi Wantari ナディラ 来年はあなたの年になると思う、頑張れ。
Bdp9_2
☆ Melody Nurramdhani メロディ 私の可愛い娘ウティをよろしくね。
Bdp10
☆ 仲川遥香 お疲れ様、今後の活躍楽しみにしています。
Bdp11
☆ Nabilah Ratna Ayu ナビラありがとう、ウティをよろしくね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

JKT48 新体制チームJがスタート、そして本日ウティの誕生祭

先日9日金曜日新体制チームJの新公演Believe Show by Team Jがスタートしました。公演名が同じですが by Team JはK3とは別のセットリストになっています。新体制チームJはシャッフルにより旧チームK3、Tからいろんなタイプのメンバーが加わったことにより今までの安定チームJカラーから大きく変わるような予感がします。初日の集合写真を見ると予想していた通りセンターはナビラのようです。メロディは二列目にいますので世代交代を表しているようにも見えます。ナビラがセンターを務めることには大きな意味が有ると思っています。彼女は現在JKT48の枠を超えて国際的に活躍の場を広げています。枠外で多くのファンを獲得したならば、実は彼女はJKT48のメンバーなのだという事が知れ渡ることになります。結果的にJKT48に大きな恩恵をもたらすことになるのではないかと思います。ナビラにはどんなに偉くなってもしばらくは今まで通りJKT48のメンバーでいて欲しいなと思います。

そしてこの新生チームJには私の推しであるDwi Putri Bonitaも移籍しました。彼女には気負うことなく自分らしさに自信を持って行けば良いと思います。いろんなタイプのメンバーがいる中でウティはウティ色に輝くことが出来ると確信しています。ウティは当初初日メンバーにはリストアップされていませんでしたが、ジェジェが休演になり初日からの出演となりました。そして本日は二回目の公演ですがウティの誕生祭も行われる予定です。先日のジャカルタ訪問は日程を変更したにも関わらずウティの誕生祭への参加は出来ませんでした。結果的には千秋楽公演が観れたのでそれはそれで良かったのですが。なので今日は日本からの参加です。後からウティにメッセージが届けば幸いです。

ウティへ
ウティの誕生祭は大幅に遅れることになりましたが、本日開催されることになり良かったです。運営スタッフにも感謝します。
私がJKT48のファンになって約3年、ウティのファンになってからも同じく約3年経ちました。ファンになったのはウティが16歳になったばかりの頃でした。ウティは当時目立つ存在ではなかったけど私には一番気になるメンバーでした。少々性格的に不器用なウティは応援し甲斐がありました。
(実はもう一人の推しユッピもとても不器用な性格の一面が有ります)
私は器用すぎる人より少々不器用な方が人間らしさを感じて好きになります。あれから3年、時間は経ってしまえばあっと言う間です。私はウティのファンになったことで幸せな時間を過ごすことが出来ました。ウティに感謝しています。ウティも期待に応えてくれて大きく成長しました。ウティは19歳になると同時にチームJに移籍、新たなチャレンジが必要になりました。これからも幾つかの試練は有るかも知れないけど自信を持って進んで欲しいと思います。
私は今まで通り遠く離れた地から応援します。頑張れウティ!

Czpijg7ucaamo9m

Cztxqdkucaawarx


新チームJ初日公演メンバーの集合写真と翌土曜日スラバヤでのホンダイベントに参加したウティ、ファンカ、デナ
Photo is quote from official & Uty twitter.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JKT48 新体制チームK3がスタートしたよ。

先日8日木曜日に新体制チームK3の新公演Believe Show by Team K3がスタートしました。予想されていた通り公演演目は基本的に今までにライセンスされていた曲の独自編成によるものです。そして新しくライセンスされた曲も加えられているようです。是非私も観たかった。何時か観れると良いのですが。
私の予想ではこの公演は一年位続くと思います。だからそれまでに観に行きたいです。
新体制チームK3の印象は元チームTからの移籍組の存在感が強く出ているように思います。私の元チームTメンバーの中での高評価メンバー上位3人、シスカ、オクタ、デシーが何れもK3に移籍しました。なので私的には彼女達の活躍も楽しみです。

そしてこのK3は私の推しの一人で有るCindy Yuviaのチームなんですね。彼女のセンターは揺るぎないものだと確信していました。彼女がセンターだという事は集合写真に明確に表示されています。ユッピとキャプテンのフィニが少し前に出て写っています。撮影の時にスタッフに指示されたのでしょう。ユッピはとても目立つ存在ですが、決して自分だけが目立とうとする子ではないです。他のメンバーを立てることも忘れない気遣いが出来る、それもセンターに必要な要素だと思います。

そしてキャプテンのフィニにはチームをまとめて行く重責が任されました。
メンバー全員が持ち味を発揮できるようにマネジメントしてもらいたいです。早速ですがフィニには先日の千秋楽ウィークの時に気がかりだったあるメンバーのケアをお願いしたいです。
さあシャッフルされて新たにスタートをしたチームK3がどんなチームに発展していくのか楽しみですね。みんな頑張れ!

Czkwbptucaam57f

Czk1zc3ukaa0e6k

新チームK3初日公演メンバーの集合写真とセンターCindy Yuvia

Photo is quote from official & yupi twitter.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水)

JKT48 チケット販売に関しての変更

JKT48の新体制移行と同時にチケットの販売に関して幾つか変更されました。
今まで抽選販売だったものが申し込み順に変更、つまり早い者勝ち方式になりました。ただし申し込み開始日でファンクラブ正会員が優先されます。そして遠方枠FAR制度は廃止、観覧席の優遇も無くなります。(あああっ、それは私には痛い)早い者勝ち方式なので販売開始日のインドネシア時間00:00、日本時間だとAM02:00にポチッとやればまあ間違いなく取れると思います。これが日本の人気イベントだと発売開始後10秒で売り切れるということも有ります。公平にする為の抽選方式だったりするのですが、現在のJKT48はそこまでの状況にはなっていませんので抽選方式である必要がないということなのでしょう。同時に窓口販売も行われますが、日本から事前にチケット申し込みする場合、ネット申し込みになると思います。その場合に同時に決済が必要になりました。決済はクレジットか事前に購入したポイントによる支払いになります。問題はこの時に使えるクレジットなのですが私が確認した限りでは説明が見つかりませんでした。実際に購入を進めると利用可能なクレジットが指定されるはずです。今までの実績だとVISA、Master等はOKみたいです。日本のJCBはどうなのでしょう?最近JCBとインドネシアの大手銀行が提携したというニュースが報じられたばかりです。ここは是非JCB様にJKT48のスポンサーになって戴けたらと願います。
 
それからチケット代金が値上げされました。今まで基本的にRp100000だったものがRp120000へと20%の値上げです。これは地元の若いファンには痛いと思います。元々劇場の入場料売り上げで運営していくのは難しいと思います。ビジネス的にはまず人気者になり、そこに多くのスポンサーが付く事で成り立つのがアイドルビジネスではないかと思っています。だからまずはファンが楽しめるようにいろんな仕組みをつくることが大切だと思います。そして新規のファンを増やせるような機会を作ることも大切だと思います。日本が成熟したアイドル市場だとしたらインドネシアのそれはまだ数十分の一くらいの市場でこれからです。なのでJKT48とそのファンはまさに時代の先端を走っていると考えることが出来ます。先端で有るがゆえにまだ少数派なのです。JKT48のライバルになるアイドルグループがたくさん誕生することも期待したいです。インドネシアが今後健全に経済発展していくなら、この市場も間違いなく拡大していくと思っています。
いよいよ今日は新生チームTの初日ですね。みんな初々しくていい。あれれっ、一人だけ初々しく無いメンバーが. . .ははは (^^)
14553150_215061098949308_8877296263
写真はともに新生チームJメンバーのウティとキナル
Photo is quote from Uty Instagram.
https://www.instagram.com/jkt48utybonita/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

JKT48 千秋楽ウイークの思い出

ジャカルタから帰って来て約一週間が経ちますが千秋楽ウイーク特別公演の余韻がずっと続いています。いろんな意味での記念になる公演でもあり参加出来てとても良かったです。公演観賞初日には昼間にラグナン動物園にも行きました。目当てはオオトカゲのコモドドラゴンでした。無事にコモちゃんに会えました。あとは空いている時間に散歩したり食事したりして過ごしました。この前に日本公演で来日したメンバーが日本の信号の多さに驚いていましたが、私は逆に信号が無いことに驚きです。近くに高級指向のショッピングモールが有ると聞いて歩いて行ったのですが、そこのエントランスに行くには大きな車道を渡らなくては行けず、かなり怖かったです。統計によるとジャカルタはやはり交通事故が多いみたいです。hati hati yaって挨拶が有りますがメンバー達には本当に気を付けて欲しいです。

そのショッピングモールPacific Place は日本の百貨店のような感じでしょうか。中にベスト電器が有りましたので見て回りました。日本ブランドもソニー、パナソニック、シャープ等が有り韓国ブランドはサムスン、LG等が有りました。売ってる値段は日本とだいたい同じ位かな。あと今回私がメンバーへの贈り物に持って来たものと同じものが有るかチェックしました。この店には無かったです。へへ
彼女達が移動の時によく使っている小物ですが、私は日本製に拘りました。違いを分かってくれると嬉しいな。
フードコートに日本の有名ラーメン店が有りましたので入って頂きました。でも出てきたラーメンはちょっと違うような、、、、気がしましたが。店員さんが日本語で話して来るので帰り際に日本風の挨拶「いらっしゃいませ」をフロアー全体に響く大きな声で発声してあげました。店員には大うけでしたが居合わせた他のお客さんを驚かせてしまいました。

公演後には駐在さんや地元のファンと一緒に食事にも行きました。こういう交流も楽しみです。次回私が来る時にはもっと多くのメンバーを呼んで欲しいです。ね、Ramah君。

あとめちゃ恥ずかしかったのは「僕の太陽」公演後に行ったメンバーとのツーショットです。私はこれ初めてです。何かヲタになったような気分ですが、やってみると楽しかったです。少し話をする時間も有るんですね。私とのツーショットに明るい笑顔で応じてくれたウティとユッピに感謝です。そして二人が私の事をちゃんと覚えていてくれたことが一番嬉しかったことです。次回は何時行けるかな? まだ分からないけど楽しみにしたいと思います。

2shotuty

2shotyupi

ウティとユッピにツーショットしてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

JKT48 チームJ 「シアターの女神」千秋楽

JKT48チームJ「シアターの女神」の千秋楽公演を観て来ました。今回の千秋楽ウイークの最後、そして12月から始まるJKT48新体制移行前のラスト公演です。今回私は観劇可能だった6公演の内チームK3の3公演 「僕の太陽」 「青春ガールズ」「最終ベルが鳴る」とチームJの「 誰かのために」をFARチケットで観劇、「シアターの女神」を一般枠チケットで観劇しました。観劇できた5公演が全て異なるセットリストという贅沢なものでした。私は現在JKT48の正規ファンクラブ会員にはなっていません。今回無料会員の身分で5公演に当選したのは相当にラッキーだった様です。なお正規ファンクラブ会員になっていればチケット当選で優遇されるそうなので、海外からの訪問でのリスクを下げる為にも正規ファンクラブ会員になることをお勧めします。

今回のシアターの女神公演は一般枠入場になりますので当然ビンゴを経ての入場になります。チケット交換で渡されたチケットは何故か緑でした。青チケットのビンゴが先に行われ入場後に緑チケットのビンゴになります。私のチケットは14番だったのですがビンゴは19番目で殆ど最後位でした。中に入るともうぎっしりいっぱいでした。誘導されてたどり着いた場所は立ち見の舞台に向かって一番右でした。
ちょうど大きな柱が有るその外側です。その場所からはステージ全体は見えません。ステージの袖から覗き込む感じで、「あなた何処から覗いているのよ」と怒られそうな場所でした。でも何時もは見えないものが見える場所で新鮮ではありました。メンバー達はこんな場所にもちゃんと視線を向けてくれて
何だか内緒話でもするような不思議な感覚が味わえます。という訳でこの公演はステージ全体は観ていません。チームK3の公演は最初から涙、涙という感じで本当に千秋楽なんだと思わせるものでしたが、対するチームJの公演は意外とドライで何時も通りの公演が進行していく印象でした。千秋楽らしい雰囲気になったのは最後キャプテン、シャニヤからの手紙が読まれた時です。さすがにこの時は涙ぐんでいるメンバーがいました。まあその場所からの観劇でしたのでよく分からなかったというのも有ります。最後のハイタッチの時に卒業するセンディに挨拶するつもりでしたが、センディはいませんでした。
ずっとセンディを探しながらハイタッチしてたのですが、後でセンディは休演していたことを知りました。これも変な場所から観ていたのでよく分からなかったのです。
さあこれで現体制での公演は全て終了。12月からは新体制へと移行します。新生チームJ、K3、Tがどんなチームになるのか楽しみです。私は遠くから見守りたいと思います。みんな頑張れ!

Cyqycqpveaa_yjq

「シアターの女神」千秋楽 開演前の劇場の様子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »