« JKT48 チームJの勢いは復活すると思う | トップページ | JKT48 ホンダブースでのイベント »

2017年5月 5日 (金)

JKT48 ダメージコットン

最近、と言ってもう2年位前からメンバー達の普段着でダメージコットン姿を見るようになりました。このダメージコットンに対する認識は世代により随分違います。例えば私の親父の世代だと有りえないファッションスタイルです。私の父は海外旅行に行くにもちゃんとした恰好(つまりスーツ姿)でないと言う世代です。今時そんな恰好で旅行してる人いないよって言うんですけどね。

ダメージコットンは見ようによっては酷くだらしなく貧乏くさく見えなくもない。でもそれを逆手に取ってファッションアイテムにしている訳です。日本でこれが流行り始めたのはもう何十年も前です。貧乏くさく見えるものを逆手に取るという事は、実は豊かになったという事だと思います。ただしメンバー達は一般の若者達より2歩も3歩も先を行っていますので、直ちにみんなが真似るようになるかは分かりません。

ここ最近インドネシアへの大規模投資のニュースを多く聞きます。中国、アメリカ、サウジアラビア、フランス、そして日本。インドネシアの経済発展は着実に進むと思います。若者たちがダメージコットンをファッションアイテムに取り込むのもそう遠くないように思います。
ちなみに私は物持ちが良い方なので、使い続けたジーンズが結果的にダメージコットンになったことは有ります。しかし好んでこの恰好をしたことは有りません。私が着用すると本当に貧乏臭く見えますので。(^^)

それともう一つ、売れる自動車のタイプも時代と共に変わって行きます。まず車が本格的に売れ始める当初はセダンタイプである場合が多いように思います。なんとか車が買えるようになる時期は、車の所有がステータスシンボル的な意味合いも持っている。それにはセダンタイプが相応しい。日本も中国もそうでした。そしてある時期から売れ筋がセダンからステーションワゴン、RV、SUVに移行し始めます。そのタイミングは自動車文化がより成熟し始めるタイミングではないかと思います。車をより実用的で、より楽しむ為の道具と考えるようになった結果だと思います。
日本の場合このタイミングは80年代始め頃から始まり90年代半ばには非セダンタイプが圧倒的多数になっていました。

Teamj

Teamj2

最近のチームJ公演での写真、グループショットは5月2日、ウティとデラのツーショットは5月4日の公演。
Photo is quote from Uty twitter.

|

« JKT48 チームJの勢いは復活すると思う | トップページ | JKT48 ホンダブースでのイベント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JKT48 ダメージコットン:

« JKT48 チームJの勢いは復活すると思う | トップページ | JKT48 ホンダブースでのイベント »