« JKT48 なぜチケットの転売が禁止されるのか? | トップページ | JKT48 突き抜けろチームK3 »

2017年6月12日 (月)

JKT48 Cafeの企画

もう随分前になりますけどメロディがJKT48 Cafeの構想を発表していました。その時に常設のカフェが出来るものと多くのファンが期待したと思います。それは未だ実現していません。その代わりに劇場でのイベントとしてJKT48 Cafeが行われています。先日6月10日はチームJ、11日はチームK3によるJKT48 Cafeでした。会場の写真を見ると何だか高校の文化祭みたいな雰囲気です。メンバー達と間近で触れ合えるのでとても良いイベントだと思います。参加出来た人が羨ましいです。

今回このイベントとは別に本物の常設JKT48カフェを考えてみました。それが実現可能かどうか、どんなカフェなら実現できるか?
飲食店の役割はお客様に食べ物、飲み物を提供することですが、それと同等なもう一つの役目はお客様に特別な空間を提供することです。それは店内の独特な雰囲気、内装、照明、店員によるおもてなしだったりします。JKT48カフェを企画するとしたら、より重要なのは二番目の特別な空間の提供になると思います。JKT48ファンの為のカフェとして客層を明確にするなら内装も雰囲気もJKT48一色にすれば良いと思います。イメージとしては特定のプロ野球チームを応援する居酒屋みたいな感じです。設置する場所は劇場が有るFX館内が良いと思います。
カフェにはグッズやDVDを販売するコーナーも併設します。営業時間はファンが集まってくる時間に合わせ午後3時から10時半くらいまでにします。
まず午後3時位から劇場にチケット交換に来るファン達がビンゴが始まるまでの時間をここですごします。次に劇場公演が始まると、劇場入り出来なかったファンがここでパブリックビューイング的に大きめのスクリーンで観劇できるようにします。さらに公演終了後には余韻に浸りたいファンが閉店までの時間を過ごします。
仮に客席50席が3回転で客数150人それに客単価をRp30000で飲食売上はRp4500000、それにグッズ販売を加えたものが一日の売り上げになります。
メニューは調理に特別な技術を必要とせずロスを最小限に抑える為に業務用冷食を使います。鶏唐揚げ、ウインナー、フライドポテト等、ドリンクはコーヒー他ソフトドリンクで良いと思います。カフェの売りはあくまで特別な空間の提供です。JKT48 Cafeというコンセプトを明確にすることで既に他店との差別化が出来ています。ただし一見の客は入ってこないですね。というか一見さんお断りです。
ファン同士が会話を楽しむ、スクリーンで観劇出来る、そしてサプライズでメンバーがカウンターに立つことも。実現可能だと思うのですがどうでしょう。
もし実現したなら私も公演前後で利用したいと思います。コヒー、ポテトとウインナーのセットメニューを注文してカウンターに受け取りに行くと、そこにはユッピが、へへへ。

先日のJカフェではウティはセキュリティー役を務めていたようです。その時の動画を見つけましたので載せます。この動画はインパクトが有ってとても良いと思います。あまり長い動画だと途中で観るの止めてしまいますが、この動画は何度も観てしまいました。

Utyインスタストーリー 「kptBZuwkNi15n1Bw.mp4」をダウンロード

Dccujpqvyaafrzt
そして今日の写真はK3カフェのときのユッピです。
Photo is quote from yupi twitter.

|

« JKT48 なぜチケットの転売が禁止されるのか? | トップページ | JKT48 突き抜けろチームK3 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516952/65403862

この記事へのトラックバック一覧です: JKT48 Cafeの企画:

« JKT48 なぜチケットの転売が禁止されるのか? | トップページ | JKT48 突き抜けろチームK3 »