« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月27日 (日)

JKT48 ドリアン少年

ドリアン少年という曲名を初めて聞いたとき、何じゃそれはと思いませんでしたか? ドリアンと少年がどう結び付くのか?
歌詞を聞いて、ああなるほどねと思いましたけど。この曲の中でのドリアンは日本人やドリアンに殆ど馴染みが無い人が持つイメージで描かれています。つまり知識としては、とても臭いが強烈で食べるのに勇気がいる果物、その臭いが好ましいものでは無いので美味しい食べ物とは到底思えない。でも果物の王様と言われるくらい本当はとても美味らしい。しかし怖くて食べれない。そんな感じじゃないですかね。
ドリアン好きの人にしてみれば、そんな意味で使って欲しくないと思っているんじゃないかと思います。
ちなみに私は何度目かのジャカルタ訪問の時にドリアンを食べました。その時はドリアンの味が分かったとは言えなかったのでまた機会が有れば食べたいと思っています。

この曲の中で一般受けしない、印象良くない、魅力に気付きにくい、でも本当はオンリーワンな良さが有るんだよということに例えています。まあ実際それは有りますし、人の価値観もさまざまですから。以前ブログに書きましたが、私は人や物事を第一印象で評価することはしません。つまり第一印象が良くなかった時にその時点で駄目と決めつけると本当の事、真実に迫れなくなる。本当は違う事に気付くことさえ無くなってしまう。まさにそれがドリアン少年かも知れません。

かなり以前の話になりますが、天下一品というラーメンチェーンが有りますよね。ここのラーメンを是非一度食べて欲しいと仲間内に誘われて食べに行きました。鈴鹿でF1観戦をした後でその目的だけの為に京都に立ち寄りました。とても個性的なラーメンと聞きいていましたが、なるほどそれまでに食べたラーメンの印象と比べかなり異端に感じました。正直に言えば素直に美味しいとは言えなかった。ところがここのラーメンは何度か食べている内に印象が変わってくるのだと聞きました。私の場合もその通りになりました。このラーメンの良さが分かって来たというかこれは有りだねと。その後周りの人に聞くと評価は二分します。一度食べて美味しくなかったので二度と食べないという人と、ハマって大ファンになったという人に分かれます。美味しくないと思った人も何度か食べていれば評価が変わった可能性が有ります。これもドリアン少年かも知れませんね。

ところで国内グループの「ドリアン少年」の参考映像を探しました。
NMB48公式MVの「ドリアン少年」にはドリアンに対してのイメージ映像が描かれています。この映像はYoutube検索で簡単に見つける事が出来ます。ただしほんの一瞬ムスリムの方が観ると不快に思う場面が有りますのでリンクしません。

参考映像として別の映像を紹介します。
NMB48 12th 「ドリアン少年」 Best Shot Version.
https://www.youtube.com/watch?v=DXkAyvGXiBc

そして今日の写真は先日のホンダイベントのFans UtyさんによるFanCam映像から数枚キャプチャー
キャプチャー元の映像
JKT 48 Team J @ GIIAS hondaisme part2 19 August 2017
https://www.youtube.com/watch?v=MTTkAz4vSPk&feature=youtu.be

Hondauty21

Hondauty22

Hondauty23
Hondauty24

Hondauty25

Hondauty26






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

JKT48 モーターショーHONDAイベント(ウティ推しカメラ)とTYPE-R

昨日ジャカルタで開催されているモーターショーGIIAS 2017 ホンダブースでJKT48のパフォーマンスが行われました。今回の出演はチームJです。早速FanCam映像がアップされています。撮影は先日ASEANイベントの時に紹介した映像と同じく Fans Utyさん によるものです。今回の映像も全体を撮りつつも少しUtyことDwi Putri Bonita推しカメラになっています。映像がハイクオリティーなのでメンバーの表情がはっきりと分かります。Utyファンでなくても十分楽しめますがUtyの近くにいたメンバーはラッキーかも。ウティは途中でカメラを意識していますね。その表情がいい。馴染みのファンが撮っているので安心している様に見えます。こういうFanCamはメンバーの大きな励みになりますし手抜きも出来ないという良い意味でのプレッシャーになると思います。

今回のチームJのパフォーマンスを観ての印象は、チームK3に比べるとまだ負けている様に思います。全体的に勢い、パワーが足りないかな。メンバーそれぞれがもっと個性を主張してもいいし、自信を持って欲しいです。まず自分に自信を持つことが大切。今一つ自信が持てないのなら、それは何故なのか? 稽古が足りないかも知れないし、もしかすると過去のチームJの束縛が影響しているのかも。チームキャプテンのシャニア、キャプテン経験者のキナルのリーダーシップに期待したいです。メンバーの個性を生かしつつ新チームJを構築して行けばいいと思います。メンバー構成の素質的にはチームK3に対して負けてはいないと思います。各メンバーが自信を持ち、心を豊かに出来ればそれは確実にパフォーマンスや表情に表れます。頑張れチームJ。

Fans UtyさんによるFanCam映像
JKT 48 Team J @ GIIAS hondaisme part1 19 August 2017

https://www.youtube.com/watch?v=mARi0OVdz2c&feature=youtu.be

part2

https://www.youtube.com/watch?v=MTTkAz4vSPk&feature=youtu.be

そしてホンダブースにCIVIC TYPE-R の表記が有ります。このType-Rインドネシアでも売るのでしょうか? Type-Rは他メーカーがラインナップしているスポーティモデル、バージョンと同じ類の車と思われている方もいるかと思いますが、実は全く違うんですね。メーカーが市販する車はスポーツカーを含めて公道で使用することを前提に公道ベストで設計されています。車の基本性能はもちろん乗り心地等の快適性も十分考慮した設計になっています。Type-Rも公道で使用することを前提に設計されていますが、公道ベストではなくサーキットベストというコンセプトが他のスポーツカーと大きく違う所です。つまりサーキットでスポーツ走行を楽しむ為の車で、Nクラスのレース仕様に近い車と言われています。当然その分公道での快適性は大幅に削られています。とてもマニアックな車でこの手の車をメーカーが直接市販することは稀です。街乗りで少しカッコよく走りたいという方はくれぐれも誤解しないで下さい。Type-Rもどきも走っていますが、本物のType-Rは車もドライバーも超マニアックです。(^^)

Hondauty1
写真はFans UtyさんによるFanCam映像からキャプチャー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

JKT48 少しウエット&少しドライなメンバー

先日の土曜日HONDAブースで行われたイベントのFanCam映像と先の選抜総選挙での選抜曲、UG曲のMVが公表されています。それぞれリンクを張ります。ホンダイベントの方は何時も素敵な映像をアップして頂いている黃偉平氏の映像です。

ホンダイベント
JKT48 - Part 1 @. Booth Honda GIIAS 12/08/17
https://www.youtube.com/watch?v=8xxtIS12ZHY&t

Part 2
https://www.youtube.com/watch?v=ORVpZksevwE

Part 3
https://www.youtube.com/watch?v=tQcN7M_vfVU

今回のホンダイベント参加メンバーはチームJ&K3の混成でした。イベントごとに選抜メンバーを決め、数日前にサッと稽古をして本番に挑むんですね。
私には到底出来そうに無いので彼女達凄いと思います。このイベント映像を観て複数のメンバーがセンター的ポジションを務めていますが、私個人的にはその中にユッピが含まれていて安心しました。選抜総選挙で一位だったシャニは当然として、ユッピ、メロディがセンター的ポジション的扱いです。今回の曲の中でギンガムチェックのセンターはメロディ(元々センター)だったのですが、できたらユッピに譲ってもらえないだろうかと思います。何故ユッピなのか? 分かりますよね。この曲の最後でのハイキックはユッピしかやったことないと思うのですが、私あれを観たくてしょうがないです。ユッピには花が有るんですね。

みんなそれぞれセンターに推したいメンバーがいると思います。今回数名の候補を少しウエット系と少しドライ系に別けてみました。まああくまで私の個人的な感じ方である事をお断りします。少しウエット系はシャニ、アヤナ、ヨナでしょうか。反対に少しドライ系はメロディ、ユッピ、ミシェル、ナビラ、シャニアですかね。日本人の好みとしてはウエットな性格が好まれる傾向にあるような気がします。ドライ系と言ってもすべてがそうと言う事ではなく、ステージやカメラの前で決して弱さを見せないと言うか、常にポジティブな印象を受けると言う事です。私はそういうところをプロ意識の高さとして評価項目にしています。センターポジはどちらのタイプでもいいと思いますが、チームを引っ張って行くという役目を考えるとドライ系の方が相応しいと思います。

ところでホンダイベント映像を観ていて少しハプニングに気付きました。Part 2の6:10 365日の紙飛行機、この曲の始まりでサクティアがポジションを失念しています。ユッピが隣にいるはずのサクティアがいないので合図していますね。ちょっと微笑ましい場面です。
その場面https://youtu.be/ORVpZksevwE?t=370

そして総選挙曲、UG曲のMV

[MV] Indahnya Senyum Manismu dst. - JKT48
https://www.youtube.com/watch?v=RH_2pLlHN8Y

[MV] Sedikit Saja I Love You - JKT48
https://www.youtube.com/watch?v=b5kf7iUnfOI

先日劇場にてプレス発表が有りましたが、私新曲の発表かと勘違いしました。確かに新曲の発表ですが総選挙曲のプレス発表がまだだったんですね。選抜、UGに選ばれたみんな、改めておめでとう。

今日の写真は選抜曲MVから数枚キャプチャーしてみました。

Nancha1

Nancha2

Nancha3

Nancha4

Nancha5

Nancha6

Nancha7

Nancha8

Nancha9

Nancha10

Nancha11

Nancha12













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

JKT48 純愛のクレッシェンド

チームJの現公演「ただいま恋愛中」のユニットソングの中の一つに「純愛のクレッシェンド 」が有ります。この公演が発表された時に詩の内容がきわどくて、これウティには無理って思った曲でした。別にウティじゃなくてもインドネシア的に大丈夫なのかと心配になりました。
しかし全てのユニットソングのマスターを目指すウティにその時がやって来ました。昨日のJ公演でパフォーマンスしたみたいです。詩の内容はともかくウティはこの紫色の衣装でパフォーマンスしたいと願っていたと思います。紫色はウティーカラーなんですよ。
この曲のスタメンはイカ、シャニア、ヨナですが昨日はウティ、ゲビー、ヨナの三人でした。あれれゲビーも? 彼女7時12分の電車. . .乗り遅れたのかも? (^^)

純愛のクレッシェンドがどんな曲なのか参考映像を探してみました。
YoutubeからAKB48関連の映像を引用
https://www.youtube.com/watch?v=l62NnYQMAb4

今回の純愛のクレッシェンドでウティはユニットソング全5曲中4曲をパフォーマンスしました。残り1曲は「帰郷」のみとなりました。近々この曲もやると思います。後は全ての曲で完成度を高めることが課題かな。頑張って欲しいですね。実際のパフォーマンスを観るのはまだ先になりますが次回公演観賞が楽しみです。 

Dg9vpnrvwaavhk2
昨日公演後にウティが載せてくれた写真、Uty, Gaby, Yona
Photo is quote from Uty twitter.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

JKT48 ウティ推し & ロナ推しFanCam映像

最近のJKT48はイベント出演が多くなって来たように思うのですが気のせいでしょうか? 運営スタッフも本気を出し始めたのかも知れません。まだまだインドネシアのアイドル市場の拡大はこれからですから、どんどん攻めて欲しいと思います。インドネシアのアイドル出演イベントの場合日本と違ってあまり厳しく規制される事が少ない様で、イベント後には多くのFanCam映像がアップロードされます。私はそれでいいと思います。規制するよりまずはファンを拡大させることが優先です。ファンが拡大すれば後から回収は幾らでも可能です。ある種の無料ビジネスと考えてもいいと思います。無料ビジネスとは分かりやすい例だとGoogleですね。Googleはユーザーに無料でサービスを提供しているのに何故あんなに大儲けできるのか?と言う事です。

本題に戻ります。多くのFanCam映像の中からクオリティが高い映像を二つ紹介します。一つはASEAN Literary Festival (ASEAN文学祭)でのステージ。このイベントにはチームJが参加しています。
そしてもう一つはインドネシア大学での日本関連イベントでのステージ。こちらにはロナ、シスカ、ナディラ、オーレルのアコースティックユニットが出演しています。この両イベント後には複数のFanCam映像がアップロードされています。その中から私が選んだのはとてもクオリティが高く、そして少し撮影者の推し的な意図が感じられる映像です。基本的にメンバー全体を撮りながらも少しだけ推しカメというバランスの取れたFanCamになっています。当日撮られたFanCam映像の中では伴にベストなものです。

それぞれURLを張りますので是非観て下さい。

Fansuty
ASEAN Literary FestivalのURLは
https://www.youtube.com/watch?v=8wTG-mjTy3g&feature=youtu.be
撮影者はFans Utyさんです。

Fans Utyさんの映像は一脚で固定されていたようです。動画を上手に撮る為の単純なテクニックの一つはカメラを固定させることなんですね。これだけで何倍にもクオリティが上がります。Fans Utyさんの映像はその名の通りウティ推しになっています。特に二曲目のごめんねサマーはウティがとても素敵に撮れています。本人喜ぶだろうね。ウティをクローズアップした映像は少ないので私も嬉しいです。彼女の明るい表情を観て安心しました。次回劇場での再会を楽しみにしたいと思います。そしてメンバーの中にたぶん初めて見るリンタンがいます。リンタンと言えば当初は見かけがユッピもどきでしたが、どうやら独自の個性に脱皮したみたいですね。ユッピもどきではどうやってもユッピには勝てませんから。

Fansrona
インドネシア大学イベントの方のURLは
https://www.youtube.com/watch?v=eH0meOoFcxs&feature=youtu.be
撮影者はSuka-sanさんです。

そしてSuka-sanさんの映像はメンバーの間近でとても迫力ある映像になっています。こんなに近いと画質も綺麗になります。この場所を確保するために何時間前から並んだんでしょうかね。さすがヲタ、私のような一般人には真似出来そうにないです。(^^')
彼はロナ推しですね、少し遠慮気味に撮っています。ロナは表情を観ると意識してますね。彼女もすごく喜んでいると思います。
このアコースティックユニットは結構いけるんじゃないかと期待しています。もちろんもっと練習する必要が有ると思いますが、専門のコーチが付いてトレーニングすればユニットでのデビューも可能性有ると思います。私この4人とも大好きです。(そもそも嫌いなメンバーはいないですが) 


どうでしたか、両方とも数あるFanCam映像の中でも素晴らしく上手く撮れていると思います。日本在住のファンにとってはとてもありがたい映像を撮って頂き感謝、感謝です。今後も期待していますのでよろしくお願いします。

Special thanks to Fans Uty & Suka-san

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

JKT48 関東風と関西風かけうどんとJKT48

うどんの食べ方には一般的なかけ以外にぶっかけうどん、生醤油うどん、釜揚げうどん、等々いろいろ有ります。どんな食べ方をしても打ち立て、茹でたてのうどんは美味しくて飽きがきません。飽きない理由は基本的に和風の伝統食だからではないかと思います。
うどんスープの作り方は、かえし(醤油、みりん、酒、塩等の保存出来る調味料)と保存出来ない出汁を別々に作り一定の割合で合わせます。かえしは必ず一定期間、例えば一週間以上寝かします。逆に出汁は作りたてを使います。

かけうどんにはザックリ別けてそのスープに関東風と関西風が有ります。もちろんお店により千差万別では有ります。関東風と関西風の大きな違いは簡単に言うと調味料の内お醤油の扱い方が違う。お醤油の個性を前面に出すのが関東風、逆にお醤油の個性が出しゃばらない様に控えめに使うのが関西風です。JKT48に例えるなら個性が強く目立つメンバーを前面に置く配置が関東風と言えるかも知れません。関西風がお醤油を控えめにする理由は出汁の味わいを前面に押し出す為です。出汁は昆布、煮干し、鰹節、サバ節、干し椎茸等の混成です。関西風かけうどんはJKT48に例えるならメンバー全体の個性がまんべんなく発揮出来るようにバランスを取った配置と言えるかも知れません。かなり昔の話ですが、私が初めて関東風かけうどんを食べた時に本当に驚きました。これは明らかにスープの作り方を間違えたのでは?と。でもどちらかが正解という訳ではなく味わい方の違いなんですね。JKT48のメンバー配置がどうであれ、それはそれで有りだと思います。ただかつてのAKB48の前田敦子、JKT48のフェランダそしてチームK3のシンディユフィアは人気者ですが同時に控えめなところが共通している。バランスが取れた関西風を目指すならセンターとしてのオーラを持ちかつ控えめである事がセンターの条件になるかもです。

ところで塩味のスイーツが有りますよね。これも古い話なのですが私が初めて塩饅頭を食べた時の事、塩味の饅頭なんて美味しいはず無いと思いました。で実際に食べるとやはりスイーツだったんです。スイーツにおける塩の役割は本来甘味を引き立てる為に隠し味として使われるのですが塩味スイーツはこの塩味を積極的に前に出したもので、JKT48風に言えば甘味と塩味のダブルセンター言えます。しかしこの甘味と塩味の分かりやすい味が主役かと言えばそうとも言えない。ただ単純に甘い、塩っぱいだけでは美味しいと感じない。例えばアイスクリームだったら甘さの奥に隠れている主原料の生クリームの味こそ本当の主役だったりします。これもJKT48に例えるなら前列より後ろにいるメンバーが本当の主役であることも有りえると思います。

Dgeuwjhuaaendme
写真は昨日のチームJ公演時の楽屋にて
メンバーの中に研究生のJulieがいます。他にDianiも出演した様です。
この2人チームJに昇格する可能性が有ると思います。
Julie & Diani2人とも頑張れ。
Photo is quote from Uty twitter.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

JKT48 暑中御見舞い申し上げます

日本は夏の真っ盛り、毎日猛烈な暑さです。私はこの夏の熱さが結構好きです。若いころは暑いの苦手だったのですが、ある時に暑くて汗をガンガンにかく方が体調が良い事に気付きました。暑いことより汗をかくことに意味が有るのかも知れないですけど。夏は普通に散歩するだけでもだくさん汗をかきます。この大量に汗をかくことが最近快感になって来ました。もちろん水分補給をしますが、それがまたすぐに汗になる状況が気持ちいい。このことが分かって以来年中汗をかく位の環境設定にするようにしています。夏以外の季節だとガンガンに汗をかくには運動する必要が有ります。だから何時も運動をしなくてはと思っているんですけどね。

私インドネシアの様に赤道に近い国はとんでもなく暑いのだろうと思っていました。実際に訪ねてみると、確かに何時行っても暑いことは暑い。しかし想像していたほどでは有りませんでした。当然日本の夏を知っていますのでそれと比べると、もしかすると日本の夏の方が暑いかもと思います。まあインドネシアでは仕事をする訳ではないので平気なのかも知れません。

日本は四季の変化が有りますので、暑い夏もいずれ終わります。ただ私が子供の頃にはお盆を過ぎると急激に涼しくなってたと記憶しているのですが、最近は夏の期間が一ヶ月程度延びた様に思います。まあそう思うだけですけど。

ところで8月のカレンダーを作りました。ユッピとウティのカレンダーを交互に作っていますが今月はウティのカレンダーです。先日ウティが公演でユニットソングFaintをパフォーマンスした時の楽屋での写真を使いました。デラ、メロディ、ウティの3ショットです。本来このユニットソングにはキナルが出演します。このカレンダーはインドネシア仕様になっています。17日はインドネシアの独立記念日です。

Utycale8
Photo is quote from Melody twitter.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »