« JKT48 少しウエット&少しドライなメンバー | トップページ | JKT48 ドリアン少年 »

2017年8月20日 (日)

JKT48 モーターショーHONDAイベント(ウティ推しカメラ)とTYPE-R

昨日ジャカルタで開催されているモーターショーGIIAS 2017 ホンダブースでJKT48のパフォーマンスが行われました。今回の出演はチームJです。早速FanCam映像がアップされています。撮影は先日ASEANイベントの時に紹介した映像と同じく Fans Utyさん によるものです。今回の映像も全体を撮りつつも少しUtyことDwi Putri Bonita推しカメラになっています。映像がハイクオリティーなのでメンバーの表情がはっきりと分かります。Utyファンでなくても十分楽しめますがUtyの近くにいたメンバーはラッキーかも。ウティは途中でカメラを意識していますね。その表情がいい。馴染みのファンが撮っているので安心している様に見えます。こういうFanCamはメンバーの大きな励みになりますし手抜きも出来ないという良い意味でのプレッシャーになると思います。

今回のチームJのパフォーマンスを観ての印象は、チームK3に比べるとまだ負けている様に思います。全体的に勢い、パワーが足りないかな。メンバーそれぞれがもっと個性を主張してもいいし、自信を持って欲しいです。まず自分に自信を持つことが大切。今一つ自信が持てないのなら、それは何故なのか? 稽古が足りないかも知れないし、もしかすると過去のチームJの束縛が影響しているのかも。チームキャプテンのシャニア、キャプテン経験者のキナルのリーダーシップに期待したいです。メンバーの個性を生かしつつ新チームJを構築して行けばいいと思います。メンバー構成の素質的にはチームK3に対して負けてはいないと思います。各メンバーが自信を持ち、心を豊かに出来ればそれは確実にパフォーマンスや表情に表れます。頑張れチームJ。

Fans UtyさんによるFanCam映像
JKT 48 Team J @ GIIAS hondaisme part1 19 August 2017

https://www.youtube.com/watch?v=mARi0OVdz2c&feature=youtu.be

part2

https://www.youtube.com/watch?v=MTTkAz4vSPk&feature=youtu.be

そしてホンダブースにCIVIC TYPE-R の表記が有ります。このType-Rインドネシアでも売るのでしょうか? Type-Rは他メーカーがラインナップしているスポーティモデル、バージョンと同じ類の車と思われている方もいるかと思いますが、実は全く違うんですね。メーカーが市販する車はスポーツカーを含めて公道で使用することを前提に公道ベストで設計されています。車の基本性能はもちろん乗り心地等の快適性も十分考慮した設計になっています。Type-Rも公道で使用することを前提に設計されていますが、公道ベストではなくサーキットベストというコンセプトが他のスポーツカーと大きく違う所です。つまりサーキットでスポーツ走行を楽しむ為の車で、Nクラスのレース仕様に近い車と言われています。当然その分公道での快適性は大幅に削られています。とてもマニアックな車でこの手の車をメーカーが直接市販することは稀です。街乗りで少しカッコよく走りたいという方はくれぐれも誤解しないで下さい。Type-Rもどきも走っていますが、本物のType-Rは車もドライバーも超マニアックです。(^^)

Hondauty1
写真はFans UtyさんによるFanCam映像からキャプチャー

|

« JKT48 少しウエット&少しドライなメンバー | トップページ | JKT48 ドリアン少年 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JKT48 モーターショーHONDAイベント(ウティ推しカメラ)とTYPE-R:

« JKT48 少しウエット&少しドライなメンバー | トップページ | JKT48 ドリアン少年 »