« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月27日 (火)

JKT48 レッドブル・トロロッソ・ホンダF1チーム (Red Bull Toro Rosso HONDA F1 Team)

私が今年楽しみにしているのは久しぶりのF1レース観戦です。私の中でモータースポーツがブームになったのは過去2回、そしてもしかすると今年から3回目のブームになるかもと思っています。特に応援しているのはホンダのF1チームです。ホンダは現在第4期F1プロジェクトを進行中です。昨年までの3年間は名門マクラーレンとのジョイントでチームを作っていましたが、残念ながら不振続きで合同チームは解消する結果となってしまいました。

ホンダが苦戦した理由は色々言われていますが、私が思うにはまずそもそもF1はそう簡単に勝てる世界ではない。その厳しい世界にホンダは第一期~第四期と途中長期の休止期間を置きながら継続的参戦を行った事も大きな要因になると思います。そしてもう一つはマクラーレンとの合意で進められたコンセプト、サイズゼロが技術的にとてもアグレッシブな挑戦だったということだと思います。サイズゼロとは元々洋服のサイズで最少を意味するのだそうです。つまりコンセプト、サイズゼロとはパワーユニットを限りなくコンパクトに設計することでシャーシー側のメカニズムや空力の設計自由度を高く、スリムにすることを目指したものです。そしてホンダなら他メーカーよりコンパクトなエンジンでも同等以上のパワーが出せるはずだと言う、かなり乱暴な期待が有ったのではないかと思います。F1は厳しいレギュレーションの枠内で各チームがギリギリのマシン開発を行う訳です。そこに自らさらに厳しい条件を追加した事になります。上手く行く可能性も有ったと思いますが結果は残せませんでした。

ホンダはかつて二輪のGPレースで、当時2STエンジンが常識で有った時代に4STエンジンで参戦すると言う、これもまたとんでもない挑戦をした事が有ります。開発された4STエンジンはピストンが楕円形で気筒当り8バルブという特異なエンジンでした。しかしこの時も結果は残せませんでした。結果が残せなかったことで暗黒史になったかと言うと逆でホンダは事あるごとにこの挑戦を自慢します。たとえ結果が残せなかった場合でも挑戦したことを高く評価する社風なんですね。

その後ホンダは挑戦で得られた多くの技術成果や経験を生かしつつトップランナーに返り咲くこととなりました。第四期F1プロジェクトにおいてもこれまでの3年間の経験は決して無駄にはならないと思います。

そしてそのホンダは今年からトロ・ロッソとの合同チームで参戦することになりました。私の正直な気持ちとしてはトロ・ロッソのような中堅チームとのジョイントの方がしっくりします。仮にマクラーレンホンダで勝ったとして大きな感動が呼んだだろうか?名門マクラーレンと大企業ホンダとの組み合わせでは最初は感動してもそのうち白けた雰囲気になると思っていました。
なので私としてはトロロッソ ホンダF1チームの誕生は大歓迎です。そしてドライバーはピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレー、二人ともルーキーです。中堅チームトロロッソとルーキードライバーそしてモータースポーツの歴史に輝かしい実績を持つホンダの組み合わせ、これこそ私が望んでいた形です。今年は俄然応援に行こうかなという気持ちになりました。トロロッソのルーツはミナルディです。

そしてホンダと言えばJKT48を強力に支援して頂いています。インドネシアにおけるホンダは二輪がAstra Honda Motor、四輪がHonda Prospect Motorとそれぞれ現地企業との合併事業になっています。インドネシアの人にとってもホンダは身近で最も信頼できるブランドの一つだと思います。街を歩けば周りには常にホンダがたくさん存在しています。
ちなみに私が今までに所有した四輪車は全てホンダです。私にとってホンダは信頼できるブランドで有ると同時に、その生き方が私の人生観に大きな影響を与えた唯一の企業です。

ホンダさんにはJKT48を強力に支援して頂いていることにとても感謝しています。そして今後も変わらず是非スポンサーとして支援して頂きたいと望んでいます。

今日の写真はRed Bull Toro Rosso HONDA F1 TeamのニューマシンSTR13です。26日よりスペインのカタロニア・サーキットでF1合同テストが始まっています。写真はホンダ公式HPより引用。

Hondaf1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月26日 (月)

JKT48 Cindy Yuviaが選ばれた訳

ユッピことシィンディユフィアは多くの方がとても可愛いメンバーと言います。その可愛らしさはステージ上でのパフォーマンスやその映像、写真を見てそう思う事が多いと思います。しかし彼女が可愛く見えるのはそれ以前に極普通に歩いていたり何かの作業をしてたりといった特に意識せずに行っているアクションの全てが可愛く見える。「私可愛いでしょ」と意識してポーズを付けなくても、むしろ自然体でいる方がより可愛く見える。そういうところは彼女の天性の素質なのだと思います。
チームK3が発足して間もなく、彼女はチームのセンターに抜擢されました。当時の彼女は積極的に前に出て来ることも器用に振舞えるタイプでも無かった様に思います。特にパフォーマンスが抜けていた訳でも無いと思います。
彼女がセンターに選ばれた訳、それは運営スタッフから見ても彼女が何をしても可愛く見えてしまう天性の素質に気付き、そしてそれに懸けてみようということだったのではないかと思います。その後の彼女はとても良く頑張りました。取り柄が可愛いだけとは誰にも言わせないだけの努力をしました。彼女も運営推しメンバーと言われていますが、私はそれよりも彼女自身の素質と努力を評価したいと思います。

ところで運営推しとは何かについて。運営推しは何かにつけ優遇されてるとか、テレビ出演の機会が与えられたりとえこひいきだよなと思う人も多いと思います。私もそう思う事が有ります。しかしあえてその意義について言うなら、彼女達自身の為と言うよりはJKT48全体の利益、JKT48がよりメジャーになって行く機会を増やす、その為の役割が担わされていると言えると思います。彼女達の活動がきっかけで新たなファンが増えることが期待される訳です。なのでチャンスを与えられたメンバーはそういう事も自覚して欲しいと思います。

ところで何時の間にかフィニがチームK3に復帰しています。どのチームに昇格するのかと思ってたら元のK3です。やはりK3になくてはならないメンバーなのですね。そしてそのチームK3はやっと新公演の初日が発表されまさした。新公演「逆上がり」は3月4日です。

今日の写真は最近メンバーがアップしてくれた写真をコラ。最初はユッピの写真をミラー写真とツインにしました。ユッピはどちらがミラー写真なのか分かりにくいです。
二番目はウティが土曜日にアップしてくれたFaintコスの写真にコラ。三番目は同じくウティが日曜日公演後にアップしてくれたシンディとのツーショットにコラしました。

Twin_yupi

Add_text

J003







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水)

JKT48 メンバー達の卒業と結婚

JKT48チームK3メンバー近野莉菜さんの卒業公演が発表されています。来月3月17日土曜日の第一と第二公演が合わせて卒業公演になります。
そして翌週に予定されている握手会にも参加されます。彼女のAKBグループとしての活動はこれが最後になると思います。彼女のファンの方には是非参加して欲しいですね。私は運が良ければ25日の握手会には参加出来るかな???
彼女のブログによると今後は日本に帰国されるようです。せっかくだからインドネシアで活動を続けたらという選択肢も有ります。しかし家族やペットが日本にいるし、日本人だったら日本以上に快適に暮らせる場所は世界中探しても他にはたぶん無いと思います。今後はこれまでの経験を生かせる活動をされたら良いのではないかと思います。

そして彼女は結婚の事も考えているかも知れません。余計な事ですけど。(^^')
結婚について言うなら、その理想的な時期は有ると思います。人間は自分の人生を自由に選択できますから結婚が早くても遅くても構わない。それぞれが自分のタイミングで決めればいい。しかし人間も生物(動物)だという事を考えるとやはりそういう観点からの時期は有ります。
莉菜さんやメロディも卒業したなら結婚を強く意識すると思います。莉菜さん、幸せな家庭を築きたいならそろそろですよ。(だから余計な事)
私は推しメンバーであるウティ、ユッピについても同じ様に思っています。彼女達は今大学生ですけど来年辺りで大学卒業予定です。そしてJKT48からも、それぞれが決めるタイミングで卒業して行くことになると思います。卒業後には早く結婚して幸せな家庭を築いて欲しいなと思っています。そして合わせて卒業後の夢を追いかけて欲しい。
彼女達は何時結婚してもおかしくない年齢ですから、突然結婚しますと言い出すかも知れない。その時はおめでとうと心から祝福してあげたい。私は彼女達を愛していますから彼女達の人生が最高のものになるように願っています。

今日は2週間ぶりの休み、めちゃくちゃブラックな職場(^^') 早速ブログをアップ。
今日の写真は最近ユッピとウティがアップしてくれた写真にコラージュしてリプしたものと
ウティのファンが撮った写真にコラしたもの計4題。ユッピのコラはスマフォだと気付きにくいかも。

Yupiakb

Harugakurumade002

Uty410000

Dwzqsdfvqaem3vc3




| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

JKT48 ウティのツーショット& グループショット

ウティことDwi Putri Bonitaがメンバーと一緒に撮った写真を集合写真にしてみました。殆どの写真は彼女がツイッターやインスタに載せたものですが、一部私が公式動画等からキャプチャーした写真も含まれます。お気に入りの写真をたくさん同時に見れるのでこういう集合写真も有りかなと思います。今回はツーショット& グループショット限定で全ての写真にウティが写っています。使った写真は全部で115枚で5枚の集合写真にまとめました。

私がウティ、ユッピを応援するスタンスは自分の娘を見守る感覚に一番近いです。
ウティがアップしてくれた写真を見ながらチームのメンバーと仲良くしてくれているよね? と思う訳です。で、逆にツーショットしないメンバーがいるか気になりました。余計な事ではあるのですが。(^^')
私が確認出来た限りウティは旧チームK3及び現在所属するチームJのほぼ全てのメンバーと私的な写真を撮っています。確認出来なかった一部の例外は旧K3時代の極初期に離脱したメンバーと、新体制後のチームJでメンバーで有ったもののやはり早期に離脱した1名だけでした。
この結果には一安心です。(^^') 最近チームJに移籍したアヤ、シンディ、ステフィーとも早速写真を撮っています。

このツーショット写真が比較的多く感じるメンバーはシンカです。動画を見てもウティはシンカの近くにいる事が多いように思います。シンカはウティより少し年上、そして落ち着きの有る彼女に甘えているのかも知れません。あと旧K3時代に同じチームだったユッピとのツーショットも比較的多い。当のユッピはウティほどにはツーショット写真を撮りませんが、ウティとは比較的撮っています。この写真の中にも有るのですが、ウティがユッピとのツーショット写真を撮ったのは私がジャカルタを訪問している間のものが何枚か有ります。偶然だったのかも知れませんが。公演後のハイタッチの時も2人並んでたし。(^^)

この集合写真気に入ったのでソロバージョンも作る予定です。

Utykumiphoto02

Utykumiphoto03

Utykumiphoto04

Utykumiphoto05

Utykumiphoto061






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

JKT48 毎日まいにち寒くて凍えちゃうよ♪ 

今年の冬はとても寒い。日本のあちこちで寒波によるトラブルが発生していますのでみなさん気を付けて下さい。判断を誤ると冬山登山並みに危険です。寒さの影響も有って私の仕事もめちゃくちゃ忙しいです。今日は日曜日で何とか休みが取れました。ブログネタはたくさん有るのに書く時間無くて。(^^') 

最近のネタから幾つか。最近ウティがツイートサボるようになって心配してたら、彼女(他のメンバーも)インスタストーリーの方に夢中になってるんですね。これはアプリでいろんな表現ができるみたいです。基本画像だから分かり易いです。ツイッターと違って過去のものは消えてしまいますので、気になるメンバーのインスタストーリーは常に要チェックです。私は時々その画像にコラージュしてツイートにリプしてあげます。

昨日チームJメンバーのユリヴァが突然卒業発表しました。そのまま昨日のJ公演が卒業公演になってしまいました。突然の発表に彼女のファンにはとてもショックだと思います。こういう時しばらく緩衝期間が欲しいですね。体調が良くないみたいですが、早く健康を取り戻して新たな夢を追いかけて欲しいと思います。彼女にはソロでの活動にチャンスが有るのではと思います。みんなに祝福されての卒業だったのでそういう意味では良かったと思います。
ちょうど一年位前に辞めて行ったあるメンバーの時は、オフィシャルからの公式発表は有りましたがその内容はあまりにも素っ気ないものでした。たぶん前例のない表記だったと思います。?.....

近野莉菜さんがインスタにチームメンバーのナタリア、ナディラと遊園地Dufanに遊びに行った時の写真を載せています。私はこういうカジュアルウエアー姿のメンバー写真が大好きです。コス姿ももちろん良いのですがカジュアルな方がよりリアルにメンバーを感じれるのが良いです。三人ともべっぴんさんですね。
莉菜さんは記事の中で「全部の乗り物に命の保証がなさそうで 色んな意味で怖かった」と書いています。これ何となく分かります。遊園地の乗り物はポンコツな程スリルが味わえて楽しい?です。動きがぎこちなく突然ガタンと傾いたりしてそのまま転倒しそうな不安定な動きをして本当に怖い。タマンミニのロープウェイもそんな感じでした。これとは逆に立派過ぎて面白く無かったのはシンガポールの有名な観覧車シンガポールフライヤーです。乗る前は楽しみにしていましたが実際乗ってみると音も振動も無く静かに回る感じでまるで面白みは無いです。ただそこからの眺めはとても良かったです。スリルを味わいたいなら断然ポンコツに限ります。

今日の写真はその莉菜さんがインスタに載せてくれた写真を引用します。莉菜さん、ユッピとウティとも遊んでくれるとうれしいな。

26872505_2093147590971951_7439846_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

JKT48 Cover by Idol Project

Idol Projectと言うグループがJKT48の曲をカバーしてYuotubeにアップしています。以前から気になっていたのですが、彼らは何者なのでしょう。映像のクオリティやパフォーマンスを観るとレベル高いですね。JKT48の曲をカバーしつつプロを目指しているのか?
映像の最後にリディアへのバースデーメッセージが出てたり、So Long!の最後にはJKT48メンバー、リディア、ウティ、シャファの映像がチラっと出てたりします。もしかしてリディアの学友? Idol Projectで検索してみたのですが分かりませんでした。
カバーしている曲は以下の通りです。

夕日を見たか
アイシテラブル
鈴懸の。。。。
控えめI love you !
So Long!
Gingham Check

永遠プレッシャー
君が教えてくれた

そのURLを張って置きます。
https://www.youtube.com/channel/UCmdfaHyR8zQ17hTgpA7oeww

この映像には各曲を独自に編曲して歌っています。AKB48やJKT48のオリジナルはもちろん素晴らしいのですが、こうやって別のグループにカバーされているのを聞くと改めて曲の良さを実感できます。今更の様に新鮮な驚きが有ったりします。一度大ヒットした曲は別の歌手やグループのカバーで再びヒットする確率が高いですね。
それで気付いた事はAKB48のオリジナル曲をJKT48独自の編曲でパフォーマンスすることを積極的にやってもいいのではないかと思います。
ダンドット化はその一つですが、それがきっかけで今までJKT48に興味無かった人たちがその良さに気付く可能性は高いと思います。
ちなみにダンドットは現地でタクシーの運転手さんに勧められて聞きましたが、私にも心地よく聴こえました。インドネシアの風土に合うのだと思います。
そしてプロ、アマを問わずJKT48の曲がもっと多くカバーされるといいなと思いました。
以前少しやったと思いますが、アマチュアのカバーグループによるパフォーマンスを発表する機会を積極的にイベントにしたら良と思います。

今日の写真は2月のカレンダーです。ウティとミシェルによる「春が来るまで」のコス写真をコラージュしてインドネシアのカレンダーを、そしてウティのインスタストーリーにアップされていた新メンバーとの写真を使って日本のカレンダーを作りました。

Utycale182

Utycale182j_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

JKT48 チーム新体制スタート

予定されてたプチシャッフルが行われ2月1日より各チームのプロフィール写真が更新されました。(前々回の「新学期が始まるよ」で書いていたアヤナのチームTキャプテン就任(兼任)は4月からの間違いでした、訂正します。)

一昨日は日系りそな銀行のインドネシア合併銀行であるBank Resona Perdania(りそなプルダニア銀行)の設立60周年の祝賀会にチームJが呼ばれていたようです。Bank Resona Perdania様、大切な行事にJKT48を呼んで頂きありがとうございます。

ウティが「今日はチームJの活動があるよ」とだけツイートしていたので何が有るのだろうと思っていました。JKT48の公式日程に記載の無い行事は非公開だったり権利関係の都合上メンバー達も多くを語らないですね。昨年末頃に日本のタレントも参加したイベントが有りましたがこの時JKT48のメンバーも参加していたにも関わらず彼女達はほぼ何も語りませんでした。不思議に思った方もいたと思いますが、この時も権利関係の規制があった様です。特に日本のタレント事務所はこういう事に五月蠅く、例えばJKT48のメンバーがツーショットしてツイッターで公表することも規制するようです。ルールを守るという意味ではそれが正しいのでしょう。

ところでチームJのメンバー達は今回の活動参加後に撮ったと思われる写真を公開してくれています。そこには新メンバーのアヤとシンディもいます。彼女達チームJとして最初の活動なのにすっかりチームJに馴染んでいます。年齢的にはウティとほぼ同世代なんですね。道理で馴染む訳です。新メンバー3人が参加する劇場公演は今日土曜日の第一公演が初日となります。チームJの新たな展開に期待です。

今日の写真はその写真から
Photo is quote from Kinal & Uty twitter.

Du9dasfu0ae5x6s

Dvawh2sv4aehpxt


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »