« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月30日 (水)

JKT48 各チームRE:START、Cindy Yuviaの決意

先日のチーム再編により各チームとも大きくイメージが変わりそうな予感がします。
まずチームTは先に兼任する形で在籍していたアヤナを含めファンカ、エンジェル、ソニア、オクタと経験豊富なメンバーが5人補強される事になりました。今までチームTに関して言われていたネガティブな評価は大きく改善に向かうと思います。若いメンバー達は先輩メンバーに追いつく努力をすることで大きくステップアップ出来る。私個人的にはオクタの存在が大きいと思います。

そしてチームK3に関しては、多くのファンが驚いたと思うのですが、これまでチームカラーを作って来た主役のユッピが移動することになりました。彼女の名前が呼ばれた時の動揺した様子が映像からもうかがえました。私も驚きました。それは全く予想していなかったですから。
もしかすると彼女の中では「何故私がK3を離れなければならないの?」という思いが有ったかも知れません。
ユッピがK3を離れるとなるとチームカラーが大きく変わって行くと思います。正直不安と期待が半々です。

そしてK3の新たなセンターは誰?と考える時当然のようにシャニが浮かびます。ところがその後センターはグラシアと発表されました。今までの流れから予想するとシャニだと思いましたが。何故シャニではなかったのか、それは運営の深遠なる配慮が働いたのかも知れないと思いました。
仮にシャニをセンターに指名すると、それはまるでシャニがユッピを追い出したかのような印象を招いてしまう。実際には違いますがそのようにイメージされる可能性は有ります。ファン心理やメンバー達に誤解を与えない為にあえてシャニを外したのかも知れないと思いました。
K3におけるユッピとシャニの存在感が共に大きく、センター争いをした2人だからこその配慮だったかも知れません。
おそらくこの後に発表される「Everydayカチューシャ」のセンターにはシャニが指名されバランスを取るのではないかと思います。

そしてチームJにはユッピとフリスカが移籍、アカデミーAよりジュリが昇格して来ました。チームJでの話題の中心はやはりユッピになると思います。彼女は移籍と同時にセンターに指名されました。今回の発表でユッビに関してはまるでドラマを観ているようでした。彼女の名前が呼ばれた時の会場のどよめき、そしてユッピはショックで立ち上がれない。彼女はその時一瞬で悲劇のヒロインになってしまいました。会場からのライブ映像を観ていた私も彼女の心中察するものが有りました。そしてその後チームJのセンター指名があり、チームJのメンバーが呆然としているユッピを担ぎ上げ励ましていました。ユッピにしてみればそんなに短い時間の出来事に心の整理は出来なかったと思います。

今回のチーム再編で各チームとも大きくイメージが変わっていく可能性大ですね。各チームがどのように熟成されて行くかとても楽しみです。なお各チームの新体制が稼働するのは7月1日からになるものと思われます。

そして今回の再編で大きな話題になったユッピですが、彼女の思いをツイッターに載せてくれましたので以下に引用します。

Sooo, aku cerita yaaah~
Jujur ajaa kemarin aku kaget banget, shock gituu~ Ga nyangka nama aku bakal disebut
Dan seperti yang kalian tau, aku sayang sama Team K3, dan sulit untuk pisah sama mereka...

Tapi apapun itu, aku harus semangat! Aku percaya semua pasti yang terbaik kan? Aku bakal berusaha positif terus... Semuanya

mohon dukungannya ya!
Jujur, aku takut banget... Tapi aku mau terus kuat... Aku bakal semangat bgtbgt semangatin aku juga ya?

Hmm, tanggung jawab aku bakal lebih besar lagi... Aku bakal belajar lebih banyak hal dan berusaha untuk yang terbaik... Doain

aku ya?
Walaupun aku sekarang di Team J dan bukan di Team K3, jangan lupain aku ya

Aku takut dan gelisah, tapi ketakutan itu gaakan memudarkan semangat aku... Aku pasti bisa dan kuaaat! Aku mau berusaha

menjadi pribadi yang lebih baik lagi
Sekali lagi mohon dukungannya untukku, teamku dan JKT48...

With love,
Cindy Yuvia
-Yupi-

正確では有りませんが私なりに意訳してみました。ユッピはスラングを多用すること無く綺麗なインドネシア語で書くのでだいたいの意味は分かります。

以下意訳

正直私は本当にショックを受けました。
私の名前が呼ばれるとは思いもしなかったです。
あなた達が知っているように私はチームK3が大好きです。そしてそこから離れることは困難です。
しかし私はそれが何であれ頑張ります。みんな支えて下さい。
正直私は本当に怖い。しかし私は強くなりたいです。
私の責任はさらに大きくなります。私はもっと多くのことを学びベストを尽くします。
私はチームJに行くけど、私のこと忘れないで。
私は怖くて不安、だけど恐怖は私のやる気を失わせることはありません。
私は本当に願っています。もう一度やり直したい。
再び私を支えて下さい、私のチームとJKT48...
愛を込めて
Cindy Yuvia

今日の写真はそのメッセージの最後に添付されたCindy Yuviaの写真

Dev07rjvaaayabk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

JKT48 RE:BOOST Project 激震走る

今日劇場にてチーム再編成の発表、アカデミーAからの昇格が発表されました。各チーム共16人体制になるように再編成されました。

チームJからチームTへ移籍 ファンカ、エンジェル
チームK3からチームJへ移籍ユッピ、フリスカ
チームK3からチームTへ移籍ソニア
そしてアカデミーAからの昇格はオクタがチームT、ジュリがチームJでした。

今回の発表で一番驚いたのはK3のセンターでチームの顔で有ったユッピが移籍発表された事です。発表でへ垂れこんだまま立ち上がろうとしないユッピは本人も全く予想していなかったものと思います。しかし彼女はチームJの顔、センターとして抜擢されたと言えます。
しばらくはショックで呆然としていたユッピをチームJのメンバーが抱きかかえて励ましていましたが、彼女も落ち着きを取り戻すと同時に自分に任された役目の重大さを理解したと思います。フェランダ、ナビラ、メロディ無き後のチームJはCindy Yuviaに託されたということです。 Congratulations Cindy Yuvia.

そして今回は昇格発表も有りましたオクタ、メンバーヘの復帰おめでとう。そして、そしてジュリ、ジュリ正規メンバーへの昇格おめでとう。今まで苦労してきた分これから大きなチャンスが有ると思います。劇場で再会するのを楽しみにしています。 個人的にはジュリの昇格が一番嬉しいです。Congratulations Julie.
今日はとても嬉しい、何時もは飲まないビールで乾杯します。

今日の写真はそのジュリを彼女のツイッターから引用。もう一度ジュリ昇格おめでとう。

Dd93gwuvmaajdb9

| | コメント (7) | トラックバック (0)

JKT48 カルピコと和風ナシゴレン

JKT48の新たなスポンサーとしてカルピスが加わっています。カルピスは現在アサヒ飲料の100%資本となっていますのでスポンサー主はアサヒ飲料様ということになると思います。アサヒ飲料様、JKT48のスポンサーになって戴きありがとうございます。

ところでメンバー達がPRしている商品パッケージにはカルピスではなくCalpicoと表示されています。私これはインドネシア向けの新商品なのかと思っていました。カルピコはどんな商品なのかネットで調べて初めて知った事、それはカルピスという発音が英語的に聞くと牛のおしっこという意味に誤解される為に変更された商品名でした。インドネシアを含めて英語が多用される国ではカルピスに代えてカルピコが使われています。

商品を国際展開する場合にこれと同じ様な事例や既に別の会社に商標登録されてたりとか難しい事も有ります。ホンダのコンパクトカーであるフィットは元々はフィッタという名称で発売される予定でした。ところが発売間近になって、このフィッタという発音がある言語でとんでもない意味になることが判明し急遽フィットに変更されました。有名な話なので知っている人は知っていると思いますがこのブログでは書けないような意味でした。

メンバー達がカルピコのPRをしていますがその中でユッピとアニンが寸劇みたいなことしています。ユッピのインスタストーリーに掲載されてたその動画からキャプチャーした写真をパロディ化しました。最初の写真がそれで、アニンとユッピのどちらがより綺麗ですか? という問いに彼女達はそれぞれ心の中で「私」と答えています。(パロディです)

そして2枚目はカルピコをPRするユッピの写真に彼女の好きな食べ物を列記、結局のところ彼女は何でも好きという落ちにしています。

そして3枚目の写真は昨日の劇場イベントでのウティとデヴィのツーショット。ウティのインスタストーリーより引用。
デヴィの印象を少し、彼女は見た目の可愛らしさが際立つメンバーです。ハイタッチの時の印象も良かった。ただ自ら可愛いでしょというアピールは彼女の場合少し控えめにした方が好印象になると思います。普通にしていれば十分可愛い訳ですから必要以上にアピールすると逆効果になる可能性が有ります。それより外見に頼らない内面からにじみ出てくる魅力が必要かなと思います。

そして4枚目、5枚目はナシゴレンの写真です。私ウティに何度も野菜を食べてねとリプしていました。前回の握手会でもその話をしました。ウティがインスタストーリーに載せてくれたナシゴレンの写真が4枚目です。この写真にはきゅうり、トマト、他にも野菜が使われています。彼女が作ったのかお母さんが作ったのか分かりませんが、野菜食べてるよというメッセージかも。このナシゴレンはそのきゅうりとトマトが入っているのが特徴です。一般的な和食だときゅうりを炒め物にするのはあまりなじみが無いかも知れませんがこれ大正解です。炒めることで新たな味わいを発見します。中華料理だと普通に炒め物にします。そしてトマトも炒めることで味わいが大きく変化しますね。

このウティのナシゴレンを参考に今日のお昼に私が作ったナシゴレンが5枚目の写真です。味付けは塩コショーとだし醤油で和風です。きゅうりは今までにも使ったことが有り、例えるならレタスチャーハンみたいな感じでGoodです。トマトを使うのは初めてでミニトマトを4個使いました。少しトマトの個性が強すぎたかな(^^') トマトの酸味が効いて和風というよりイタリアンになってしまいました。
味付けのバランスを取れば、これはこれで有りですね。

Aniyupi01

Insy18526

Ins185261

Ins18511

P1010193






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

JKT48 恐怖のラマダン明け、第四のチームを提案

今年もJKT48は断食月に入り通常公演は休止、代わって各種のイベントが行われています。私はこの時期に劇場に行った事が有りませんのでその様子をイメージ出来ないです。通常公演なら観ていますので何となく今日も公演が行われているんだなと思う訳です。なのでこの時期は毎年ちょっと寂しくなります。今年のラマダンは5月16日から6月14日までです。ラマダンが明けると1週間程度の長期休暇が有りその後半位から通常公演が再開されます。そして6月30日には次の握手会が開催予定になっています。その握手会当日を含めて、それまでに予定されているWシングルの内の一曲「Everydayカチューシャ」の選抜メンバーが発表されると思います。私の希望としては「UZA」との重複を避けて今までに選抜されていないメンバーに最大限チャンスを与えて欲しいと思います。

そしてタイトルに恐怖のラマダン明けと書いたのは、次回握手会でレギュラーメンバーとアカデミーA所属生徒との入れ替えが行われる可能性が高いことです。もちろんアカデミーA所属生にとっては恐怖ではなく大きな希望になります。
これまでに発表されている内容だと各チームのメンバー枠は16名に制限される可能性が高い。仮にそうなるとした場合チームJ、K3、Tでメンバー枠は48になります。ただし現在アヤナがチームK3とTに在籍していますので、実際には47枠となります。現時点でのレギュラーメンバー総数は49名です。この49名にアカデミーA所属生5名を加えた54名で47枠を競う事になります。レギュラーメンバーからアカデミーAに降格されるメンバーは最低で2名、最大で7名になる可能性が有ります。
現在のアカデミーA所属生は全員昇格させてあげたいという思いが有ります。だとしたら降格はどうなるのかと思うと恐怖です。各チーム16名という制限が無ければ今までと変わらないですけどね。

そこで私考えました、現在のレギュラーメンバーに特に問題が無いのであれば降格は無しでいいのではないか、その代わりに第四のチームを創設する。その四番目のチームは既存チームとは異なる性格のチームとして提案したいと思います。JKT48を卒業してもエンタメの世界で活躍をしたいという希望を持っているメンバーがいます。そういうメンバーの独立までの助走期間としての役割をするチームが有ってもいいのではないかと考えました。実はこのアイデアのヒントは現在のアコースティックユニットです。メンバーの内の一人シスカは将来的にソロでの活躍を希望しているように思えます。しかしいくらシスカが歌が上手いと言ってもソロデビューは簡単な事ではないと思います。彼女達により高いプロ意識を持たせ独立を支援するチームとしてアコースティックユニットから第四チーム創設への提案です。この第四チームに所属出来ることはとても誇り高いものになります。何故なら真に才能が認められるメンバーのみが選ばれることになりますから。

今日の写真は最近作ったコラから

①「ただいま恋愛中」ポスターとウティ

②ディアニとウティのツーショット、後ろにアヤ

③アヤとウティのツーショット、2人の古里はパレンバン

④シンカとウティのツーショット、何時もその笑顔を忘れないで

Utyt001

Ins1853diani2

Utyaya03

Sinty




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

JKT48「UZA」選抜

次回発売予定のWシングル曲の一つ「UZA」の選抜メンバーがグループ内オーディションを経て発表されています。
ダンス難易度が高い曲ということで主にダンススキルの高いメンバーが選ばれている様です。なるほどそう言う意味では概ね納得出来るメンバーだと思います。

今回選ばれたメンバーの内初選抜はStefi、Melati、Jinanの三人。StefiはK3時代は地味な存在でしたが、他の誰にも似ていない独自キャラクターのメンバーだと思います。Melatiは一年前にチームTメンバーによるソロパフォーマンスイベントで一番印象に残ったメンバーでした。あの時は歌もダンスも彼女が一番上手いと思いました。Jinanはちょっと突っ張り系の印象を持つメンバーです。この前3月に参加した握手会で彼女がとても人気者で有る事に気付きました。

そして運営選抜が初めてなのはAurel、Feniの2人。Aurelはアコーステックメンバーの一人で、私の印象では美声の持ち主、そして無理をせずに自然に発声しているところが良いと思います。FeniはチームJの中で唯一??の可愛い系キャラですね。私の印象では少し力を抜き気味にした方がもっと良くなるように思います。
初選抜のメンバーおめでとう、そして「UZA」選抜に選ばれたみんなおめでとう。

そしてこの曲のセンターは誰になるのか? この曲の印象だとセンターはアイドルらしさはあまり関係ないかもと思います。ダンススキルとそのダンスから迫力を感じられるメンバーが適任かと思います。そして私知らなかったのですがこの曲のセンターポジションはWセンターなのですね。ということは二人のバランスも重要になって来ます。
今回選ばれたメンバーの中からそういう観点で選ぶとしたなら、私の推薦はNataliaとAchaです。Nataliaは昨年の11月に公演で観た彼女のダンス(赤いピンヒール)でその迫力に圧倒されました。単に上手いというだけではなく凄味が有りました。メンバーの中ではこの「UZA」に一番はまり役だと思います。AchaもNataliaに負けずダンスが上手く、先天的なダンスセンスの良さを感じさせるメンバーです。地元ファンの間では当初よりBebyを推すツイートが目立ちます。まあみんなダンスが上手いので全員にチャンスが有ると思います。

そして仮にセンターをセンターらしさ、アイドルらしさで選ぶとしたら、その一人はyupiになると思うのですが、今回はWセンターということなので相方が必要になる。しかしそれは難しい。yupiとのバランスが取れるメンバーが見当たらない。yupiとのWセンターで見劣りしない唯一のメンバーがShaniなのですが、今回彼女は選ばれていませんから。(おそらくシャニはカチューシャのセンターだと思います)
ということは今回もyupiのセンターは先送りになるかなという気がします。はたしてどうなるのか楽しみでは有ります。

オフィシャル動画より「UZA」選抜発表の様子
https://www.youtube.com/watch?time_continue=82&v=Q3ZmyTlj4Vw

今日の写真はその動画よりキャプチャーした選抜メンバー

Uzasennbatsu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)

JKT48 ウティの500回公演

第二期生でチームJメンバーのウティことDwi Putri Bonitaが先日5月8日のJ公演で500回公演を達成しました。日本での最終オーディションを受けた時はまだ14才でした。あれから既に5年以上経過しました。「パジャマドライブ」から始まった公演は「僕の太陽」「青春ガールズ」「最終ベルが鳴る」と続きチームJに移籍後の「Believe」そして現公演の「ただいま恋愛中」まで、途中特別公演を挟みながら遂に500回公演達成です。

ウティがJKT48のオーディションを受けるきっかけや経緯については知らないのですが、当時14歳の彼女がオーディションにチャレンジし、競争倍率の高い狭き門を突破出来た事が現在に繋がっています。オーディションに応募しなければ全く違う人生になっていましたよね。

JKT48のメンバーになって現在まで辛い事もたくさん有っただろうと思います。正直な話をするとウティのメンバーとしてのポジションは安定したものとは言えなかった。常にスタメンに入れるか入れないかの際どいポジションにいました。だから私は彼女が常にポジティブになれるように応援して来ました。彼女は良く頑張ったと思います。総選挙ではUGと選抜にそれぞれ一回選ばれています。公演にはコンスタントに出演出来ています。そして500回公演達成です。Congratulations Uty 500 show ウティおめでとう。これからも応援するので頑張って。

今回のウティ500回公演に対してはウティからファンへのお礼のメッセージも彼女のGoogle+に掲載されています。
https://plus.google.com/105145480292300431963/posts/ZBLebQFUc9q

今回私はウティ500回公演のお祝いとして彼女の集合写真を作りました。集合写真は1~7までアバウトですが年代順に合わせています。そして各集合写真には共通する一枚の写真を入れています。それは日本での最終オーディションの時の様子を撮ったものです。この写真だけセピア色にして時の流れを感じられるようにしています。
そして今日の写真はその集合写真を載せます。

Uty500show1

Uty500show2

Uty500show3

Uty500show4

Uty500show5

Uty500show6

Uty500show7







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

JKT48にはシンディ・ユフィアがいる

次に発売予定のシングル曲はEverydayカチューシャとUZAの二曲が予定されています。この二曲は両A面的扱いです。何故二曲同時なのか考えてみました。私の希望的観測として書きます。

理由は二つ有ると思います。
その一つは二曲の選抜メンバーを別々にすることで、より多くのメンバーに選抜のチャンスを与えることになる。仮に一曲だけで有れば選抜1から16まで選考したとして、何時もと変わり映えしないメンバーになりがちです。結局枠は16しか無い訳ですから。二曲にすると選抜枠は最大で32人になります。現実には二曲に同時に選抜されるメンバーがいるとして、仮にそれが5人だとしても選抜枠は27になります。やはりチャンスは拡大します。今まで選抜されそうで選抜枠に入れなかったメンバーには大きなチャンスになると思います。私の思いとしては今まで運営選抜されていないメンバーが選ばれると良いなと思います。

ちなみに第一期生は全員が運営選抜経験有り。第二期生で未経験はウティ、サクティア、シンカ、ラヘル、ナディラの5人、そのうち選挙選抜経験有りはウティ、サクティア、じゃんけん選抜はシンカ、ラヘル、何れの選抜にも入ってないのはナディラです。ナディラは意外な気がしますね。
第三期生はフェニ、エンジェル、ステフィー、アニン、シスカ、オーレルの6人が運営選抜経験なし。その内アニンは選挙選抜、フェニとオーレルはじゃんけん選抜経験有りです。(ただし総選挙のUGは除外しています)
私の個人的な希望としては、ウティを選抜に入れて欲しい。そしてもう一人は第二期生の中で一度も選抜経験の無いナディラですね。

そしてWシングルになった二つ目の理由
それはこれまでJKT48を代表するメンバーで有ったフェランダ、ナビラ、メロディが卒業して今後は新たな主役の登場が待たれる事になりました。JKT48のセンターに相応しいメンバーは誰なのか、実力、人気、人格を兼ね備えさらにオーラをも持つメンバー。多くのファンがイメージするで有ろうそれは現在チームK3でWセンターを務めるシンディ・ユフィアCindy Yuviaと シャニShani Indira Natioではないかと思います。シャニの方は選抜総選挙で1位になった事で先にセンターを経験ています。対するシンディ・ユフィアの方には今までその機会は有りませんでした。偉大な先輩がいたこともその理由かも知れません。運営としてはこの二人のどちらか一方をセンターに決めることは出来なかった。2人は全く違うキャラクターでありともに多くのファンの支持を得ている。メロディ、フェランダ時代と同じ様にシンディ・ユフィア、シャニ時代となるのかなと思います。
それがWシングルになった二つ目の理由です。二つの曲にセンターを分けると。ただしこれは予め断ったように私の希望的観測です。実際にはどうなるか分かりません。

タイトルに「JKT48にはシンディ・ユフィアがいる」と書いたのは、彼女が今までシングル曲のセンターに一度も抜擢されなかった。
しかしそのシンディ・ユフィアセンターというカードこそJKT48史上最強のカードだと思うからです。そして運営が何時このカードを切るのか注目しています。

この二曲の参考動画URLを張っておきます。

Everyday、カチューシャ参考動画
【MV full】 Everyday、カチューシャ / AKB48[公式]
https://www.youtube.com/watch?v=vEVq_Bx7_KY

UZAの参考動画
【MV full】 UZA -Dance ver.- / AKB48[公式]
https://www.youtube.com/watch?v=WIdWXhV33vs

今日の写真はシンディ・ユフィアのインスタより引用
Yupiins001_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

JKT48 5月のカレンダーとコラージュ

今年も既に5月に入りました。何か時間の経つのが早く感じられるのですが年のせいでしょうか? 仕事が忙しいばかりで充実感は乏しいのが残念です。(^^')
月が替わりましたのでカレンダーを作りました。ユッピとウティで交互に作っていますが今月はユッピです。そのユッピとロナのツーショットにコラージュを加えてカレンダーにしました。背景写真は劇場のポスターが貼ってあるところで私が撮影した写真を使いました。

あと最近作った他のコラージュも載せます。2番目と3番目はウティが公演後にインスタストーリーに載せた動画からキャプチャーしたものを使っています。イカとふざけあっているところです。イカと言えば彼女が飼っているペットの猫をイメージします。そこで彼女の愛猫の写真を背景のポスターと入れ替えたものが2番目、3番目は無関係な猫ですが彼女達と同じ仕草を加えました。

実はウティは猫が苦手です。幼少の頃に猫で怖い思いをした事が有るらしくそれがトラウマになっているんですね。二年前に参加した握手会で猫の話をすると大げさなリアクションで猫嫌いと言っていました。4番目はその様子をコラージュで表現したものです。ちょうど彼女が何かに驚いているような写真をインスタストーリーに載せたので上手く活用しました。

5番目はウティとシンカが「春が来るまで」を共演した時の写真を巨大チューリップ畑とコラージュしました。こうやって彼女達が載せた写真をコラージュにすると、その写真がより生きてくるような気がします。まあ自画自賛ですけど。
コラージュの技術は超未熟でとても荒っぽいものですが、それより彼女達を応援する為に出来る事は何でもやってやろうとの思いです。

ところで私以上にハイペースでコラージュを制作されてる方がいますので紹介します。それはInoue K3さんで、彼はツイッターで主にアカデミー生のジュリーSania Julia Montolaluを応援しています。URLはhttps://twitter.com/beppuonsen です。ここにはジュリーのコラージュがいっぱい有ります。ジュリーは私が常に気にかけているメンバーの一人です。ジュリーを熱心に応援してくれる方がいて嬉しいです。ジュリー良かったね。もしかすると年末の総選挙で大躍進するかも知れない。まだ粗削りだけど楽しみなメンバー(アカデミー生)です。

そして先日のホンダイベントのK3パフォーマンスですが、新たなファンカムがアップされていますので紹介します。このファンカムは許可されるギリギリのローアングルからの撮影です。劇場だと最前列で観ている感じですかね。画面も比較的明るく(露出的に)迫力の有る映像になっています。カメラもしっかり固定されてて上手く撮れていると思います。

MotretJKT48.com | JKT48 Booth Honda Indonesia International Motor Show (IIMS) 28-04-2018 FANCAM (By Motret JKT48 )
https://www.youtube.com/watch?v=MJR_GJYSXaU

Yupironacale

Ins184252

Ins184253

Ins184262

Utysinka22





| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »