« JKT48 アヤの早期回復祈願 | トップページ | JKT48 アコースティックIIMSステージ »

2019年5月 5日 (日)

JKT48  「STU48のライブ」を観てきました

ゴールデンウィーク期間に開催される恒例の広島フラワーフェスティバルに行って来ました。5月3日はインドネシア共和国総領事館関連のステージとして民族舞踊のパフォーマンスを観てきました。そして昨日5月4日は同じ場所(カーネーションステージ)でAKB48姉妹グループSTU48のライブを観て来ました。
私JKT48以外のパフォーマンスを実際に観るのはこれが初めてです。
その感想を書きます。
今までJKT48のパフォーマンスは観ていますのでそれとの比較という意味も有りますが初めて一度観ただけなので第一印象程度です。
予めお断りしますが私はSTU48に関する予備知識は全くと言っていいほど何も知りません。知っているのは瀬戸内7県を活動拠点にすること、船を劇場とすることぐらいです。

 

STU48のステージは午後2時開演予定でしたので、私は正午すぎ位に会場に行きました。ちょうどタイミング良くて手前のイベントが終了して観客の入れ替えをするところでした。ラッキーなことに前から4列目に入れました。それから開演まで1時間30分待つことになりました。会場では撮影禁止が強く告知されましたので撮影していません。これは国内のメジャーなタレントの場合何時も通りのことで、写真集、雑誌記事、CD、DVD、テレビ出演等にコンテンツが有料で提供される訳ですから、その価値を落とさない為にそうなる訳です。つまりビジネスモデルな訳です。特にCD、DVDがたくさん売れるのは日本の特徴です。

 

それに対してJKT48の場合は劇場やコンサート等では同じく撮影が規制されますが、今回のようなオープンなイベント会場等ではそこまで規制されていません。最近では劇場公演や先日開催のリクエストアワーの様子も一部のユーチューバー等に撮影を許可して公開させています。
これは日本と違ってDVDの売り上げ、テレビ出演等でのコンテンツ売り上げに旨味が無いということだと思います。特にCD、DVDは売れないみたいですね。
DVDを制作しても利益が見込めないので作らないのだと思います。
つまりビジネスモデルの違いでJKT48の場合まずは認知度を上げる、ファンを拡大することが優先、そして理想を言えばスポンサーを獲得したいということだと思います。

 

話がそれてしまいましたSTU48のパフォーマンスに戻ります。午後2時開演でSTU48のメンバー達がステージに登場しました。この時の第一印象は正直に言うと高校生の演劇部のメンバーが出てきたのかと思いました。何故そう思ったのか? それは意外にもコスチュームが地味。それは実在の高校生の制服そのものように見えました。紺色のブレザーでスカートも同色で柄なし。スカート丈も膝が隠れる長さです。他のAKB48グループの衣装のような派手さは有りません。ちなみに今回の衣装は今年の新作衣装で岡山の特産品でもあるデニム素材を使っているそうです。さらに下に着用している白いシャツもデニム素材であることが紹介されていました。ネットで他の衣装についても調べてみましたがやはり全体的に地味です。これはSTU48のイメージ作りを行う上でのコンセプトから来ているのでしょうか?

 

今回のパフォーマンスはMCを挟んで全7曲が披露されました。

 

① 夢力

 

② フライングゲット

 

③ ヘビーローテーション

 

④ 君のことが好きだから (後半が広島弁バージョン)

 

MC 自己紹介、研究生を含め全15名

 

⑤ 暗闇 (CDデビュー曲)

 

⑥ 風を待つ

 

⑦ ペダルと車輪と来た道を

 

MC 今回の衣装の説明、他

 

パフォーマンスを観て最も決まっていたのはCDデビュー曲の「暗闇」でした。初めて観ても分かる位に良かった。と言うことは他の曲に関しては若干クオリティが低かった印象です。
ただし、彼女達の衣装がとても地味ということを配慮する必要が有ると思います。アイドルがアイドルらしく観えるのに衣装が占める威力はかなり大きい。衣装次第で印象は10割増しにもなると思います。
彼女達のパフォーマンスは衣装に依存する割合がとても低い。つまりパフォーマンスそのもので勝負しようということだと思います。
スカート丈が短すぎない事で上品には見えます。その路線で行くなら彼女達のパーソナリティもそういう事になりますね。(^^')

 

以上第1印象です。この時点で良く知っているJKT48と比較するのはフェアじゃないですね。今後頑張ってAKB48グループの中で独自の輝きを持つグループとして発展することを期待したいです。

 

今日の写真はSTU48のオフィシャルツイッターより引用させていただきました。
Stu003 会場の風景
Stu001 観客との集合写真
Stu002 今回の出演メンバー(研究生を含む)
Ff01 5月3日インドネシア共和国総領事館ステージ

|

« JKT48 アヤの早期回復祈願 | トップページ | JKT48 アコースティックIIMSステージ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JKT48 アヤの早期回復祈願 | トップページ | JKT48 アコースティックIIMSステージ »