« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月30日 (日)

JKT48 サーカス第3弾バンドン

昨日6月29日(土) バンドンのショッピングモールFestival Citylinkにてサーカス第3弾バンドンが開催されました。
今回の出演はチームTでした。
期待していた通り早速ファンカムがアップされましたので紹介します。映像はステージ公演部分で約1時間のパフォーマンスです。
今回はアカデミーAよりブリエル、ララの2人が帯同しています。若い子が加わると勢いが増して良いですね。

[PART 1] JKT48 Circus Bandung 2019 | JKT48 Team T Live Perform (By Irfan_ XZ)
https://youtu.be/K0aE4vcZmRM

PART 2] JKT48 Circus Bandung 2019 | JKT48 Team T Live Perform (By Irfan_ XZ)
https://youtu.be/pu0fLAmjHkE

アヤナは卒業が決まっていますが若いメンバーにその若さで負けてないです。
エンジェルは今回のメンバーの中で唯一私が握手会に行った子で一番好きかも。
ファンカはチームJでのセンター経験がある実力有るメンバー。そして当日6月29日はファンカの誕生日で公演途中でお祝いをしています。ファンカお誕生日おめでとう。
ナンダは早期昇格したメンバー。私が初めて観た公演でも新人らしからぬ存在感でとても印象に残っています。
メラティは相変わらず元気一杯、ハイキックする場面ではユッピ並みの高さまで上げています。
フィアの見つめる目はカメラを通しても鋭く突き刺さる感じです。
アビーは一年前が嘘のように輝いています。
ララは独特の可愛らしさが有ってセンターも行けるかも。
先日の縁日祭でセンターを務めたブリエルは少しタイミングがずれることが有り、まだ頭で考えてパフォしてる感じです。彼女誰かに似ていると思っていましたが少しシスカが入っている感じです。

今回のステージパフォーマンスでは小さなハプニングがありました。途中で誰かのマイクの部品が脱落したみたいです。ステージ上に転がるそれをファンカが踊りながら器用に後方に蹴飛ばしています。それを見たジナンが何だ?と気を取られている様子が面白い。


今回開催のバンドンについてネットで調べた受け売りですが簡単に紹介します。
ジャカルタとスラバヤに次ぐインドネシア第三の都市。車や電車でジャカルタから約3時間と割と近い。
標高700mと高地なので涼しくてすごしやすい。その為避暑地としても利用される。
バンドンの地名は割と日本でも知られていますが、多分それはバンドン工科大学の所在地としてということではないかと思います。
バンドン出身のメンバーはフリスカ、ベビー、アチャ、ザラ、キーラ、そして元メンバーはメロディ、キナル。
観光地
オランダ植民地時代に作られたヨーロッパ様式の建物が残る街並み。
タンクバン・プラフ山の頂上部には巨大なクレーター(火口)が有り見学出来ます。(ただし噴火の可能性有り)
バンドゥン郊外のチパナスは大小さまざまな温泉リゾートが点在。(温泉好きな日本人にはいいかも)
Dpay1ruiaa6ueg
今回のイベントでの集合写真を公式ツイッターより引用
Festival-citylink
会場となったショッピングモールFestival Citylinkの外観をグーグルアースより引用

| | コメント (0)

JKT48 突然消えたメンバー

選抜総選挙で上位選抜されながらも突然活動を辞退して消えてしまったメンバーがいました。彼女はその後運営や他のメンバーとは良好な関係で有ったことを伝えています。しかしながらファンへの挨拶や辞退の理由は語っていない様です。彼女はそんな辞め方をするような子に見えませんでしたので私もショックでしたし心配もしました。おそらく彼女はそれがベストと判断したのでしょう。
彼女が語らない以上、何かを詮索すればそれは全て憶測ということになります。

憶測とお断りした上で一つの懸念事項を書きます。それは国内姉妹グループNGT48で起こった例の事件、騒動に関連したことでも有ります。あの騒動の発端の一つはメンバーと一部ファンとのプライベートな領域での接触に有ったと思います。
例えばの話なんですが、とても熱心に応援してくれるファンがいればメンバーも気にかけると思います。自分を引き立ててくれたファンに何かを要求されれば少しは応えざるを得ない状況に追い込まれる可能性は有ると思います。

私はどんなに熱心なファンであっても、他のファンと同様に一ファンという立場以上にはなれないし、超えてはいけないラインが有ると思います。
ただ一部のファンの中には特別な関係を求めたり、劇場で会うたびに自分に向けてくれる眼差しを勘違いしてしまう者もいると思います。妄想して楽しむだけなら問題ないと思いますが、あまりエスカレートすると自分だけが特別だと勘違いしてしまう可能性も有るでしょう。或いは自分が引き立ててやったとの思いからメンバーに近づきすぎるファンもいるのではないかと思います。

この懸念はJKT48にも当てはまるように思います。もしかすると彼女は自分を強力に推してくれた熱心なファンとの関係に困っていたのではないか? 選抜上位に押し上げてくれた熱心なファンにストーカー的に付きまとわれていたとすれば? どうしていいか葛藤したかも知れません。
彼女はこの問題の解決方法として自ら活動を辞退する道を選んだのではないか? 
これまでに不適切な行動として降格処分になった複数のメンバーにも当てはまる可能性が有ります。

仮にそうであるなら、一概にメンバーが悪いとは言えなくなります。NGT48の関係者も含めて。
この様な事が実際に有るとしたなら、ファンに対してルールの明文化で規制する必要が有ると思います。何か有れば運営に相談することが出来ますし、ルールに違反したファンには出入り禁止を通告出来ます。そうすることでメンバー達を守る事が出来ます。
運営はこの様な問題が起こらないよう、メンバー達が葛藤して困ることが無いようにルールを徹底させる必要が有ります。

今日の写真は記事とは無関係です。

 

Dpnkwsvuaagiaw

ユッピのツイッターより引用。
ユッピ最近はその棒を振り回してるの?

 

Dpdgnrucaa3i2r

ディアニのツイッターより引用。
ディアニは最近髪を短くカット、ショートカットがとても良く似合ってる。

 

 

| | コメント (2)

JKT48 Cindy Yuviaの思い出、その2

2016年1月よりJKT48の応援ブログを本格的に書き始めました。ユッピのことが全体の4割、元メンバーウティのことが4割、その他2割です。最初頃は短い文章でしたがその後調子に乗ってだんだん長くなっていきました。この頃は以前の古い話題もテーマにして書いています。

2016年1月14日にジャカルタでテロ事件が発生しました。日本でも大きな事件として報道されました。1月14日はユッビの18歳の誕生日でしたが公演は急遽休演、その後17日まで休演が延長されています。あまり政治的な事は書かない様にしてるのですがタイトルの11番目と14番目で少しその事に触れています。

ユッピは最も来日回数の多いメンバーです。来日のたびにいろんな課題を与えられていますが、その中で一番驚いたのはタンデムでのスカイダイビングを行ったことです。後の握手会でこの時の事を話しましたがユッピは満面の笑顔で楽しそうに答えてくれました。

11 インドネシアでテロ事件  ユッピの誕生祭延期

12 JKT48 ユッピ18歳のお誕生日おめでとう。 (私からの細やかな贈り物)

13 JKT48 私のお気に入りユッピの写真

14 JKT48 その後のK3公演(テロ事件後公演再開)

15 JKT48 ユッピがスカイダイビングを体験(日本でのテレビロケで何とスカイダイビング)

16 JKT48 初恋泥棒(ウティ、ユッピ、イカ)

17 JKT48 ユッピ300回公演

18 JKT48 初恋泥棒のプロモーションビデオ 

19 JKT48 第二期生オーディション ユッピ (日本で開催された最終オーディションでのユッピ)

20 JKT48 ユッピへの応援歌(ユッピの応援歌パート1の日本語版)

 

Blog21

何度目かの来日でお姫様になったユッピ

Blog22

これは旧正月にアップしてくれた写真だったかな?
Blog23

ユニットソング「初恋泥棒」の衣装

 

| | コメント (0)

2019年6月27日 (木)

JKT48 Cindy Yuviaの思い出、その1

ユッピことCindy Yuviaの卒業が迫って来ました。劇場での卒業公演の日程はまだ公式発表されていません。ただ彼女のインスタで残り1ヶ月と伝えていましたので来月末くらいになる可能性が高いと思われます。

私が書いてきたJKT48応援ブログの内、ユッピに関する記事をリストアップして「Cindy Yuviaの思い出」として連載しようと思います。一応10タイトルごとに区切ります。過去の記事をめくってみて気付いたのは、我ながらユッピねただけでこんなにたくさん書いたのかと驚いています。彼女のことが好きだから書けたんですね。
JKT48応援ブログを本格的に書くようになったのは2016年の1月からなので、それ以前の記事は殆ど有りませんが今回のリストで7番目までがその記事になります。タイトルの横に記事の内容が少し分かるように説明しています。写真は当時の思い出写真です。

今回はCindy Yuviaの思い出、その1です。
私があの時YoutubeでCindy Yuviaに出会わ無かったならこの旅は始まらなかった。それまでアイドルにハマった事が無かった私がその後何度もジャカルタを訪れることになるとは思いもしなかった。
Cindy YuviaはJKT48の第2期生、JKT48黎明期の中で一際明るい光を放ち続けたメンバーと言えます。
出会った瞬間から何か特別なものを感じたんですね。それは縁としか説明できないと思います。

1 マイブームはインドネシア(ファンになった当初JKT48について書いた最初のブログ)

2 Hello yupi(ユッピの応援歌その第一作目英語版)

3 Jakarta観光、JKT48劇場公演観賞① (初めてのジャカルタ訪問記)

4 Jakarta観光、JKT48劇場公演観賞② (初めてのジャカルタ訪問記)

5 Jakarta観光、JKT48劇場公演観賞③ (初めてのジャカルタ訪問記)

6 Jakarta観光、JKT48劇場公演観賞④ (初めてのジャカルタ訪問記)

7 Jakarta観光、JKT48劇場公演観賞⑤ (初めてのジャカルタ訪問記)

8 JKT48 カウントダウンコンサートに行ってきた。 (初めて正月を海外で迎えました、当時移転したばかりのJKT48オフィスを訪問)

9 JKT48 ユッピとウティ (私の推しは2人でした。)

10 JKT48メンバーのツイート(メンバーの難解なツイートについて)

 

Blog11

ユッピのファンになった当時の彼女の写真
Blog12

2013年12月最終オーディション以来2度目の来日で北海道を訪れた時の写真
Blog13

2014年正月にアップしてくれた写真
Blog14

2014年1月14日はユッピの16歳の誕生日、その翌日ファンへのお礼としてアップしてくれた写真
____________________________________________________________

 

| | コメント (2)

2019年6月26日 (水)

JKT48 縁日祭での推しカム

先日開催された縁日祭でのファンカム映像がたくさんアップされています。その中から幾つか追加で紹介します。
今回推しカムが多い事に気付きました。リストアップすると Jesters氏が曲ごとにターゲットを変えて6名撮っていたのですね。最初のフェビ推しは別の方 GilangSat氏です。
こういう推しカムはとてもいいと思います。それぞれのファンが推しのことをもっとよく見て欲しいという気持ちが伝わります。そしてその推しメンにとっても良い励みになると思います。推しカムはその子がセンターになりますから、全体映像では分かりにくい細やかな表情に気付くことが有ります。今後推しカムを多くのメンバーで期待したいです。

リストの8番目は自己紹介部分が分かり易い映像です。名前の確認が出来ます。

リストの9番目はステージ前より少し離れた場所から撮っているファンカムで音声がわりときれいに入っています。今回最前で撮られたものは音が割れるかリミッターが働いて上手く入っていないようです。

フェビ推し(By GilangSat)
https://www.youtube.com/watch?v=GsJyO3pKgUA
クリスティ推し(By Jesters)
https://www.youtube.com/watch?v=h6BBM40e8YY
ブリエル推し(By Jesters)
https://www.youtube.com/watch?v=zbx1VD1_fR8
ヨリ推し(By Jesters)
https://www.youtube.com/watch?v=Y7KvtRwbqlc
リファ推し(By Jesters)
https://www.youtube.com/watch?v=iUHOrv1Lu7I
フェビ推し(By Jesters)
https://www.youtube.com/watch?v=OSx73CuSmcM
ララ推し(By Jesters)
https://www.youtube.com/watch?v=7ULy4hzSKEU
自己紹介(By Jesters)
https://www.youtube.com/watch?v=CAJg3bbWdhQ

ファンカムの中で画像のクオリティが高く、音声がベスト。(By R Nizar Prakas Rachmana)
https://youtu.be/sob89B2xPAo
Enniti20192 縁日祭ステージの様子を公式インスタより引用。
アカデミー生にとって大勢の観客を前にしてのステージはモチベーションが上がり良い経験になったと思います。

 

 

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

JKT48 縁日祭にアカデミークラスAの生徒達が出演

昨日日曜日ブロックM地区にて毎年恒例の縁日祭が開催されました。このイベントに今年はJKT48のアカデミークラスAの生徒達が出演しました。
ここのところ急速に世代交代が進む中で、待ちに待った新世代、第6期、第7期生の内アカデミークラスAのお披露目です。
通常だとこのような大きな舞台には正規チームが出演するところですが、今回はアカデミー生に託されました。アカデミー生達にとっては大きなチャンスです。
そして早速ファンカムがアップされていますので紹介します。
最初の二つは dialektikaksara TV氏による撮影でPart 1~2と分かれています。
3番目、4番目はTricksters 48氏による撮影でA,Bとカメラの位置が違い、Bの方がワイドに撮っています。
撮影された両氏に感謝しつつリンクを張らせていただきます。
JKT48 Academy Class A @ Ennichisai 2019 [Part 1]( By dialektikaksara TV)
https://youtu.be/iF2hnEGphtk JKT48 Academy Class A @ Ennichisai 2019 [Part 2]( By dialektikaksara TV)
https://youtu.be/cjRsgjf4Y9I

JKT48 Academy Class A Ennichisai Jakarta 23-06-2019 FANCAM A (By Tricksters 48)
https://youtu.be/yFnIbq988oo JKT48 Academy Class A Ennichisai Blok M Jakarta 23-06-2019 PART FANCAM B (By Tricksters 48)
https://youtu.be/c0juGrvbyck

どうでしょう期待の新世代です。この中に既に正規メンバーに昇格済みの子は含まれていませんが、昇格が決まってる子は何人かいます。
映像を観ると少しポジションを間違えそうになったりぎこちないところは有ります。でも先輩達も初期の頃はこんな感じでしたね。
曲によりポジションは入れ替わっていますが概ね今回のステージではブリエルにセンターを任された感じです。彼女若い割にしっかりした印象です。
私はまだ全員の名前を憶えてないので一部しか分からないのですが分かる範囲だと、見た目の分かり易い可愛らしいルックスのクリスティ。個性的なルックスで印象に残るターシャ。MCがとてもしっかりしているヨリ。アカデミーA昇格で最後まで居残りだったギータは落ち着いた良い雰囲気を持っています。
リファ、ララも独特の可愛らしさを持っています。あと名前を憶えていない他のメンバーも落ちこぼれている印象の子はいなくて全員元気がいいですね。これは期待して良いと思います。

今回のパフォーマンスを観て思ったのは、この初々しいメンバーでそのまま新しいチームを作ることが出来ればいいなと。初代チームTの時のような若さと勢いを感じることが出来ると思います。
今回の映像を参考にとりあえず全員の名前を覚えようと思います。(^^')
Enniti2019 今日はその縁日祭での集合写真を公式ツイッターより引用。みんな垢ぬけてきたね。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月23日 (日)

JKT48 選抜写真集撮影舞台裏

昨年度選抜総選挙の選抜メンバーによる写真集「MERCI」のメーキングシーンが公式動画でアップされています。

JKT48 Senbatsu Photobook, 'MERCI' (Behind the Scene)
https://www.youtube.com/watch?v=VThat1YVZCs

私はメーキングシーンを見るのが大好きです。本編より好きと言う変態です。何故かというとメーキングシーンの方によりリアリティを感じるからなんですね。映画だと本編はフィクションだけどメーキングシーンはリアルという感じ方です。それとこのメーキングシーンは動画ですから圧倒的な情報量の多さでメンバーの表情とか分かります。彼女達みんなルックスが良くてどのタイミングでシャッターを切っても良い写真になるように思えます。もちろん写真集はプロカメラマン氏によるものですから写真のクオリティは全く違います。

撮影と言えばファン参加の撮影会が有ったらいいなと思います。もちろんそれは有料イベントでコンテスト形式にすれば写真好きの方には大いに盛り上がることになると思います。
JKT48の場合屋外の公開イベント等での撮影が厳しく規制されないことはいいですね。規制するよりSNS等で拡散される方がJKT48にとってのメリットは大きいと思います。

そう言えば今日はJKT48の公開イベントへの出演が2会場有ります。
毎年恒例のブロックM地区で開催される縁日祭にアカデミークラスAの生徒達が出演します。(現地時間14:25)
彼女達にとって初めての大舞台になると思います。インパクトのあるパフォーマンスを披露して欲しいですね。

さらにホンダ二輪のブースHONDA, Jiexpo Kemayoran にアコースティクユニット(ナディラ、ロナ、シスカ、オーレル)が出演予定です。(現地時間18:30)
どちらも後でファンカムがアップされると思います。
Merci 今日は公式HPより写真集「MERCI」を引用

 

 

| | コメント (0)

2019年6月20日 (木)

JKT48 サーカスイベント第3弾

今月末6月29日よりサーカスイベントの第3弾が始まります。事実上JKT48の地方公演ですね。ジャカルタの劇場にまで出かけるのは簡単じゃないというファンは多いと思います。一部の有料イベントを除き会場に入るだけなら無料なのもこのイベントの特徴です。地方のファンにとっては嬉し企画です。
会場がほぼショッピングモールになっているのはモール運営会社とのwin-winの関係ということだと思います。現在のインドネシアのアイドル市場規模を考えるとこのサーカスイベントの企画運営は実情に合っていると思います。
イベントを地道に続けることでファンを増やし、さらにスポンサーの獲得に繋げるというポジティブなスパイラルを巻き起こして欲しいです。
そう言えば今回のサーカスにはシャープがスポンサーに名前を連ねています。シャープは以前にスポンサーになっていたことが有りますので復活ということになりますね。シャープさんに感謝。

今回のサーカスイベント第3弾は10会場全てジャワ島になっています。日程を公式発表より引用します。

6月29日(土) バンドン Festival Citylink チームT

6月30日(日) タシクマラヤ Mall Plaza Asia Tasikmalaya チームT

7月2日(火) プルヲクルト Rita Mall Purwokerto チームT

7月4日(木) テガル Rita Mall Tegal チームJ

7月6日(土) ジョグジャカルタ Lippo Plaza Jogja チームJ

7月7日(日) ソロ The Park Mall Solo チームJ

7月8日(月) スマラン Mall Paragon City Semarang チームJ

7月10日(水) ポノロゴ Ponorogo City Center チームK3

7月11日(木) マラン Lippo Plaza Batu チームK3

7月13日(土) スラバヤ City Of Tomorrow チームK3

各会場でのファンカムがアップされるのが今から楽しみです。私は帯同する若いメンバーに注目です。それは若い子が好きだからじゃなくて、(^^') 第6期以降のメンバーについてまだ殆ど知らないからなんですね。やはり劇場でじっくり観てみたいのですが仕事もあるしなかなか行けないですね。卒業して行くユッピの後継となるような魅力的なメンバーの登場を期待しています。
あとサーカス開催各都市の紹介を公式SNSでやってくれると嬉しいのですが、それは期待できないので私がネットで調べてブログで紹介しようかと思っています。

今後もこのサーカスイベントが続くと思いますが、開催候補地として近隣の海外であるマレーシア、シンガポールを企画しても良いと思います。以前から思っていたことなのですが是非実現させて欲しいと思います。同じマレー語圏ですから歌詞の内容は分かるし馴染みは良いと思います。マレーシアはメンバーの一人セリーヌことTan Zhi Hui Celineの母国ですから、是非彼女を凱旋帰国させてやりたいなと思います。きっと多くのファンが来てくれると思います。問題はスポンサーなんですが、そこはこれらの国でも圧倒的な存在力の有るホンダさんにお願いしましょう。
Cindyyuvia004

今回のサーカスイベントへの参加が最後になると思われるユッピ
M10

マレーシアへの凱旋帰国をさせてやりたいセリーヌ


| | コメント (2)

2019年6月13日 (木)

JKT48 スポンサーになって欲しい企業

今までJKT48のスポンサーになってくれた実績のある企業、ブランド(商品名)は有名なところだけでもけっこう有ります。思い出せるだけでもライオン、花王、なめらか本舗、ポカリスエット、グリコ、Tolak Angin、Yupi、カルピコ、シャープ、ヤマハ、ホンダ二輪、ホンダ四輪、Indosat、AIKATSU!、カカオトーク、Xiaomi、UHA、ローソン、Chimory等々。思い出せないけど他にもスポット的なスポンサーはたくさん有りました。

今後JKT48の新たなスポンサーになって欲しいなと思うブランドを探ってみました。どんなブランドが候補になるかなと考えると、まず圧倒的多数を占める地元の若い世代のJKT48ファンやファン予備軍の購買に結びつきやすい商品やサービスのブランドが良いと思います。

低価格帯で有りながら高品質でブランド力の有るユニクロ、カシオは良いと思います。
グリコのライバルになりますがポッキー対抗商品を持っている明治製菓、(現地でハラル認証付きで売られています)。
丸亀製麺(本物のうどんを食べて欲しい。今まで食べていたのは何だったんだと思うに違いない)。
公文式(勉強頑張って成功しよう)。
スガキヤ(PLAZA SENYAN内にインドネシア1号店がオープンしています)。
HIS(JKT48メンバーによる日本とインドネシアの双方向旅行ガイドをして欲しい)
インドネシア政府(メンバーによるインドネシアの観光PVを制作すればバリ以外にもたくさんの観光スポットが知られることになります)
インドネシア観光開発公社(2021年開催予定のMotoGPのプロモーション)

思いつくのが日系企業に偏ってしまいましたが、インドネシア企業やその他の海外企業も候補になるブランドはたくさん有ると思います。
今後これらの企業がJKT48のスポンサーになってくれることを期待したいです。そしてJKT48はスポンサーの期待に応えられるように今後ますます存在感を高めていく努力が必要です。
Cindyyuvia003 今日の写真はユッビのツイッターより引用

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

JKT48 幸せな卒業

JKT48のメンバーは誰でも一定の活動期間の末に卒業して行くことになります。どのメンバーにも最後は綺麗な卒業をして欲しいと願っています。事前の予告をしてファンとの一定のお別れの期間を置くこと、そして最後に劇場で卒業公演を行ってみんなに祝福される形で卒業して欲しい。そして出来る事なら卒業後それぞれの道に進みながらもOGとしてファンと一緒にJKT48を応援してくれたら良いなと思っています。

元メンバーのウティは理想的な卒業をした一人だと思います。彼女の場合は約2ヶ月前に卒業の予告を行い、最後の握手会、そして卒業公演を行って活動を終了させました。卒業前にSNSでのファンとの繋がりについてもツイートしてて、卒業後もそれは変わらないという趣旨のコメントをしていました。卒業するとJKT48のアカウントは廃止されます。新アカウントになる訳ですが、ウティはそれまでのフォロワーを新アカウントに引き継ぎました。インスタグラムのアカウントも手続きに手間取りましたがやはりフォロワーを引き継ぐことにこだわっていました。
そして彼女は卒業後もメンバーや運営スタッフとの繋がりを保っていますし、時々JKT48のことを話題にしています。その様子を見ると彼女がJKT48のメンバーとして活動していた事をポジティブに考えているのだと思います。彼女を応援してきたファンの一人としてとても嬉しくなります。

卒業後のことに関してはもちろん彼女達の自由な訳ですが、各方面で活躍するJKT48のOG達が後輩たちの支えになってくれたら良いなと思います。アイドルの歴史が浅いインドネシアの場合、そういう事がじわじわと効いてくると思います。
今後卒業が決まっているナタリア、ユッピが卒業後もJKT48のファンとして支えになってくれる事を期待したいです。
Cindyyuvia002
ユッピのインスタより彼女の写真を引用

| | コメント (2)

2019年6月 7日 (金)

JKT48 ただいまレバラン休暇中

インドネシアはラマダンが明けてレバラン休暇の真っ最中です。メンバー達も一斉にお出かけしてるみたいです。でもツイッターを見るとラマダンの最中にお出かけしてるメンバーもいます。JKT48のラマダンイベントでの集合写真に写ってないと思ったら、誰とは言わないけどディ...(^^')
まあみんな一斉に行動して混雑するより日程をずらした方が合理的とも言えます。実のところ私もゴールデンウイークとか年末年始は基本的に動かないことにしています。特に車で出かけると渋滞で疲れるだけですから。

ユッピも例年この時期にお出かけ先での写真をアップします。今のところアップした写真からは何処か分かりませんが、バンドンにいるとツイートしていましたのでそこに滞在しているのだと思います。
ユッピと言えば先日チームJツイッターに、チームJ単独コンサート&ユッピ卒業コンサートの案内が有りました。7月20日に予定されてる次回握手会の翌日7月21日(日曜日)にチームJ単独コンサートと兼ねる形でユッピの卒業コンサートが開催されるようです。
となると後は劇場での卒業公演の日程が気になるところです。私はこの時期仕事がとても忙しくなりますので握手会は元々予定に入れていません。ただ日程次第では卒業公演には弾丸で行けるかも知れません。

約1週間のレバラン休暇が終わるとJKT48も再始動します。今月末に卒業予定のナタリア、そして卒業まで残り数か月となったユッピ、遠く離れた日本からではあるけれど彼女達の活動をしっかり見届けたいと思います。
Cindyyuvia001
今日はユッビのインスタグラムより休暇を楽しむ彼女の写真を引用。

| | コメント (0)

2019年6月 2日 (日)

JKT48 世代交代

ここ近年の広島カープの強さは何なんだ? 私は地元なのでとても嬉しいです。日本のプロ野球12球団の中での広島カープの大きな特徴は親会社を持たないことです。小口のスポンサーはたくさん有りますが、他球団のように親会社からの支援は有りえない。球団の経営は赤字に転落しない範囲で収支を調整することになります。つまり選手に支払われる年俸も他球団に比べると低くなりがちです。今は良いですよ、チーム成績が良くて観客動員が多いですから。しかし成績が低迷すると途端に経営的に厳しくなってしまいます。この危機感の大きさも広島カープの特徴で一生懸命頑張るしかない。その頑張りは選手、球団スタッフ、さらに熱心なファンも巻き込んでいます。

広島の場合一流選手に成長しFA宣言で他球団、大リーグに移籍して行くパターンが多い。それはプロですから、より高く評価してくれるところに移籍することに問題は無いです。広島にとっては痛手のように思いますが、悪いことばかりではなく、才能のある若手にチャンスが回って来ることを意味します。実際に若手の有望な選手が次々と出て来ます。広島は選手の育成に定評が有りますが、一軍へのチャンスが多いこともその理由になると思います。少なくとも巨人との比較ではそう言えます。

広島で育った一流選手が他球団に移籍して行くことを寂しく思いますが、その一方で若手のヒーローが生まれる事をとても楽しみにしています。この世代交代のチャンスが多い事は広島に入団した若手にとって大きなモチベーションにもなっていると思います。

ところでJKT48もここ最近世代交代の大きなうねりが来ています。特に第6世代、第7世代、第8世代の‌みんなにとって、これからは君たちの時代だと言ってあげたい。先輩達に遠慮する必要は有りませんので、どんどん前に出て来て欲しいです。
D8cofr5ueaaapnl
今日はラマダンイベントでの集合写真。
世代交代を象徴するかのように若手が最前列になっています。

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土)

JKT48 ナタリアの卒業公演が決定

既に卒業の意思を発表していたナタリアことNataliaの卒業公演が6月30日(日)に決まったことがオフィシャルより発表されました。彼女のJKT48メンバーとしての活動は残り1ヶ月となりました。私が一番愛した初代チームK3のメンバーがまた一人卒業して行きます。

私がJKT48のファンになった時既にナタリアには夏子という日本名のニックネームが付いていました。たぶん彼女の熱心なファンが付けたのだと思います。彼女は公演後のハイタッチの時の笑顔が何時も素敵でした。チームK3内での彼女の存在感はとても安定していて安心して観ていられるメンバーでもありました。

ナタリアのパフォーマンスで強烈に印象が残ったことが有ります。それは、2017年11月16日 (木)のチームK3 「 B•E•L•I•E•V•E Show 」無料公演を観た時の事です。当日はナタリアが「赤いピンヒールとプロフェッサー 」をパフォーマンスしました。この曲はシャニの持ち歌だったのですがシャニが休演の為ナタリアが演じました。そして2日後の同じ公演でシャニのパフォーマンスも観ました。どちらのパフォーマンスも素晴らしかった。しかし正直に言うと私はナタリアのパフォーマンスの方がより強烈に印象に残りました。ナタリアのダンスの迫力に圧倒されたんですね。

ナタリアは元メンバーのウティが甘えるお姉さんメンバーの一人でした。有る時屋外イベントでの2人の様子を地元のファンが撮っていました。その写真が微笑ましくてパロディを制作したことが有ります。ウティをいじるつもりだったのですが結果的にナタリアもいじることになりました。

その時のブログ「JKT48 ナタリアとウティの会話」
http://youman.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/jkt48-d27a.html

そのパロディをツイッターに載せると地元のファンが別バージョンのパロディを考えてくれました。
それを2017年3月12日(日)付けブログ「JKT48 メンバー達の会話 パロディ」で紹介しています。(ここにはナビラとザラのパロディも紹介しています)
http://youman.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/jkt48-77d5.html

ナタリアのJKT48での活動期間はオーディションから数えて約7年間になります。よく頑張ってくれました。そして素敵な思い出をたくさんありがとう。
幸せな卒業、そして次の夢に向かって羽ばたいていくナタリアを見守ってあげたいと思います。
D5ry_tueaaj4ox
ナタリアの最近のツイッターより彼女の写真を引用。


| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »