« JKT48 サーカス第3弾バンドン | トップページ | JKT48 Cindy Yuviaの思い出、その3 »

2019年7月 1日 (月)

F1 Aston Martin Red Bull Racing今季初優勝

昨日開催の2019年F1世界選手権自動車レース第9戦オーストリアGPにおいてアストンマーチンレッドブルレーシングのマックス・フェルスタッペン選手が今季初優勝しました。
今回のマックス・フェルスタッペン選手は予選順位3位でしたがハミルトン選手の降格ペナルティの為一つ順位を上げ第2位のフロントローからのスタートとなりました。レース前から今シーズンの中では最も優勝のチャンスが高いとの評価でした。しかしながらスタートで痛恨のミス(アンチストール制御が働き)スタートで順位を大きく落としてしまいました。この時点では優勝のチャンスを逃したと多くの観客が思ったと思います。
ところがそこからの追い上げが物凄かった。今回のレースはマックス・フェルスタッペン選手のワンマンショーかと思うほど凄まじかった。先行するマシンを次々オーバーテーク、ついに先頭を走るフェラーリのルクレール選手に2秒差まで追いついた時点で残り数週、ラップタイムは圧倒的にフェルスタッペン選手が速かった。そして遂にオーバーテーク。隣国オランダから応援に来た応援団は歓喜の大声援。テレビ観戦してた私も近年にない興奮状態でした。
そのままフェルスタッペン選手が1位でゴールし優勝しました。レース終了後世界中の多くのF1ファンが今季のベストレースと評価しています。

ただしフェラーリのルクレール選手を抜くときにラインが交差する為少し接触しました。このことが審議対象になり結果は暫定となりました。日本時間の早朝3時ごろに裁定結果が発表され暫定通りフェルスタッペン選手の優勝が決定しました。
コーナーでバトルになると走行ラインが交差することになります。今回の場合はコーナーでイン側に先に入ったフェルスタッペン選手に優先権が有ると言う常識的な裁定だと思います。

Aston Martin Red Bull RacingのF1マシンには今季より栃木県のHRD-SAKURAで開発されているホンダ製のパワーユニットが搭載されています。この優勝はホンダの第4期F1プロジェクトでの初優勝となります。ホンダはもちろん、開発に協力しているIHI及び多くのサプライヤーにとっても嬉しいことだと思います。マックス・フェルスタッペン選手及びチーム関係者の皆様優勝おめでとうございます。
Dvaritwkaakvl

優勝したマックス・フェルスタッペン選手の写真をRed Bull Racingの公式ツイッターより引用
マックス優勝おめでとう、そしてホンダを称えてくれてありがとう。

Dvcdfuwsay19p5

優勝マシンとマックス・フェルスタッペン選手

 

|

« JKT48 サーカス第3弾バンドン | トップページ | JKT48 Cindy Yuviaの思い出、その3 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JKT48 サーカス第3弾バンドン | トップページ | JKT48 Cindy Yuviaの思い出、その3 »