« JKT48 選抜総選挙の第2回中間発表 | トップページ | JKT48「桜の花びらたち卒業式」 »

2019年11月 6日 (水)

JKT48 ディアニが辿ったプロセス

ディアニは一昨日のツイートでJKT48のメンバーになるまでの経緯に触れています。彼女は元々AKB48のファンだったみたいです。そしてJKT48が発足してからはJKT48のファンになり、そして自身もメンバーになりたいという夢を持つようになりました。彼女は先ず第3期オーディションを受けています。
第3期と言えば現在のチームメートだとフェニ、ミシェル、オーレルがいます。彼女達とともにオーデションに応募していたんですね。結果は不合格。そして彼女は続く第4期生オーディションに応募、しかし結果は再び不合格。さらに続く第5期オーディションにも応募し3回目のチャレンジで合格を勝ち取っています。ここまでのオーディション応募者総数は軽く1万人以上を数えますから合格するのは簡単ではないです。ディアニの勝因は自分を信じて諦めなかったということだと思います。

彼女が先日のツイッターに載せていた写真は2014年9月13日に開催されたJKT48のMeet&Greatの様子です。彼女はファンとしてこのイベントに参加していたんですね。時系列からすると第3期生オーディションを受けた後です。

Profil

その写真、Meet&Greatに参加時の写真と第5期オーディション合格後の最初のプロフィール写真
私は第5期生が発表された時点での各研究生の中で唯一印象が残っているのはディアニだけです。

 

Peka1

この頃JKT48は全国のファンに会いに行くと題して地方公演を展開していました。

彼女が載せた写真はその地方公演の中の1つペカロンガン(Pekalongan)でのコンサートの前日です。ペカロンガンはジャカルタとスラバヤを結ぶライン上の中心辺りに位置する地方都市です。何故ディアニはこのペカロンガンでのイベントに参加していたのか? 実はディアニの出身地なんですね。憧れのJKT48が来るということで参加せずにはいられなかったのでしょう。

Peka

地図上のペカロンガン

彼女が参加していたMeet&Great当日の様子を撮ったファンカムが有りますので張って置きます、(ただし映像の中にディアニは写っていません)

13092014 TRIBUN JATENG MEET AND GREAT JKT48 DI PEKALONGAN
https://youtu.be/VQW61-5Jyw4
ちなみにツイッターでPekalongan JKT48を検索するとディアニに関連するツイートがたくさんヒットします。

第5期オーディションの合格者はその後JKT48の大シャッフルで第4期生とともに新チームTを結成することになります。しかしこの時ディアニは他数名とともにアカデミー残留となります。ディアニ以外にはキーラ、ジュリ、アビー、さらに昇格を待たずに活動辞退した者数名がいました。彼女達はその後キーラ、ジュリ、ディアニ、アビーの順番で一人ずつ別の時期に昇格しています。

ディアニの昇格は先に昇格した同期より約2年遅れでした。ディアニはこのことにも触れています。この時期に特別な経験が出来たとポジティブに考えています。特別な経験とはアンダーとして各チームに参加したこと、いろんなセットリストを経験できたことを言っているのかなと思います。全くその通りでアカデミー生と言いながらもグループ内でとても重要な役割をして来たと言えます。

彼女が最初AKB48のファンになってから今日に至るまでの過程を見ると、全くブレずに夢を追いかけ続けたことが分かります。そして彼女はその過程を楽しんで来たと言っています。そんな彼女の姿勢を私は高く評価したいです。

 

 

 

 

 

 

 

|

« JKT48 選抜総選挙の第2回中間発表 | トップページ | JKT48「桜の花びらたち卒業式」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JKT48 選抜総選挙の第2回中間発表 | トップページ | JKT48「桜の花びらたち卒業式」 »