« JKT48 今年一年お疲れ様でした | トップページ | JKT48 2020年ブログ始め »

2019年12月31日 (火)

JKT48 ペカロンガンのプリンセス Princess of Pekalongan

先日のブログで話題にしていたディアニの巨大看板ですが、昨日早朝にディアニがツイッターに写真を載せてくれました。ディアニは日曜日の夜帰郷するよとツイートしていましたが、翌月曜日の早朝にはペカロンガンに到着していました。

Em_rpfku0aeoem

彼女がツイッターに載せた巨大看板

Peka01

看板を確認したファンのツイートでその看板が設置されている場所がペカロンガン駅の近くである事が分かりました。その情報を元にGoogleアースで調べると、設置場所が特定出来ました。

Peka02

その場所はペカロンガン駅前を通っている幹線道路(1-AH2)を駅より西に約800m移動した位置になります。橋を渡る手前で駅の方向を見ると確認出来ます。ファンがアップしていた複数の写真で検証すると周りの特徴的な建物、道路標識でこの場所を確定できました。Googleアースの写真は古いものでセンターラインはその後改修されたと思われます。Google Mapで確認すると正確にはペカロンガンのエリアから数百メートル外側になります。

この看板を誰が設置したのかは不明ですが、看板にはファンベースのロゴが入っていますので彼らが企画した可能性は高い。ただ総選挙後でもありどうやって資金を調達したのかと思います。ここからは憶測とお断りして想像してみます。ディアニはペカロンガンの出身です。今回の選抜総選挙で彼女は第14位で選抜入りしました。このことがきっかけとなり地元ペカロンガンの有志、商工関係者、或いは行政が彼女を称える意味で資金を提供してくれたのかも知れません。ペカロンガンの出身であるディアニの活躍は結果的にペカロンガンの地域ブランド価値を引き上げることになります。そういう意味では仮に税金が投入されたとしても意味が有ります。今回の巨大看板はディアニの選抜入りと来月5日の誕生日を祝う内容になっています。

ディアニがこれまで辿って来た長い工程を思うと、ここまでよく頑張ったねと褒めてあげたい。そして今後も驕ることなくペカロンガンの人々に恩返し出来るように頑張って欲しいと思います。私もディアニのファンの一人としてとても嬉しく思います。

今回の巨大看板は大きな話題になりました。今後メンバーの為の同様な巨大看板がトレンドになるかも知れません。以前は劇場前に立てるバナーが有りました。それはその後モールの利用客の通行に支障が出るという理由で禁止されています。あのバナーは1本当たり数千円で制作出来るくらいの物でしたから熱心なファンが提供していました。今回のディアニの巨大看板はさすがにスケールが大きく製作費、施工費、看板使用料を合わせると選抜総選挙並みの資金調達が必要になると思います。次に巨大看板が設置されるメンバーは誰か? ファンのみならず地域の人々に愛されることが条件になると思います。

今日は最近のメンバーの写真を引用します。

Juliecale2020

ジュリの写真を使って来年1月~3月のカレンダーを作りました。

Enbgvb_ucaa_153

ジュリの写真にキティちゃんをコラージュ。

Em4pwj4vuaac9g

先日12月28日(土)の年内最後のチームJ公演での記念写真
年明けからはチームTからの移籍メンバーも加わると思います。みんな稽古が大変だ。

Come03

そのチームJ公演のときにファンから募ったメッセージカード。
あれれ、何故か私のカードも有ります。(^^')

Em4ovuu8aadelz

アメルのツイートよりアメルとディアニのツーショット」

Em8kb7hucaarkoc

ディアニのツイートよりアメルとディアニのツーショット

Em9fj_suwaagyhg

チームT千秋楽公演よりララとディアニのツーショット
ララは来年からディアニと同じチームJになります


|

« JKT48 今年一年お疲れ様でした | トップページ | JKT48 2020年ブログ始め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JKT48 今年一年お疲れ様でした | トップページ | JKT48 2020年ブログ始め »