« JKT48 ペカロンガンのプリンセス Princess of Pekalongan | トップページ | JKT48 2020年劇場公演開始 »

2020年1月 2日 (木)

JKT48 2020年ブログ始め

明けましておめでとうございます。無事に新しい年を迎えることが出来ました。そして何と私のJKT48応援ブログは5年目に突入しました。ブログを続けることが出来ているのはJKT48が好きでなおかつ大好きなメンバーがいるからです。私の推しはディアニとジュリの二人、ともに第5世代でチームJ所属です。私のブログは今年もこの二人のメンバーを中心に書くことになります。

早速ですが年明け早々5日はディアニの21回目の誕生日です。(元旦1日は今月からチームJ移籍となるメラティの20歳の誕生日でした)ディアニは年末年始のツイートで昨年がいろいろサプライズな出来事があった年で、これまでの努力の成果として自己評価しています。その中でも初めての選抜入りは大きかった。そして年末にはペカロンガン駅前の幹線道路沿いに彼女の巨大看板が掲示されるというサプライズが有りました。本人も凄く驚いて帰郷と同時に真っ先に確認に行っています。

そのディアニの今年の課題は選抜メンバーに見合う実力と人気を獲得することかなと思います。特に人気の方は地元のファンからは今一つ支持が弱い。理由はいろいろ有ると思いますが、それらすべては克服可能だと思っています。その中の一つは以前も書きましたが、ファンに対する丁寧な対応で、是非シャニを見習って欲しい。劇場に来たファンは全員が自分のファンだと思うくらいでいいと思います。ディアニの潜在的なファンはたくさんいる、それを本当のファンに出来るかどうかはディアニ次第だと思っています。

シャニのことを引き合いに出したついでに彼女について書くと、彼女の吐出した点はやはりこのファンに対する対応の良さに有ると思います。もちろんパフォーマンスも良いと思いますが、彼女と同等以上の実力を持つメンバーは他にもたくさんいます。そしてルックスはかなり主観的な評価項目になりますので人それぞれです。あとはメンバーとしての品格ですが、JKT48を代表する顔として現時点ではやはり彼女が一番だと思います。

それから先日大晦日のNHK紅白歌合戦でのAKB48「恋するフォーチュンクッキー~世界選抜SP~」の印象を少し書きます。放送ではシャニも大写しになり良かったと思います。ただ世界選抜SPというコンセプトだった割には全体の出演メンバーが多すぎてその辺りの絵としては曖昧だったと思います。コンセプトというものはとても大切で、やはりそれに合う演出が欲しかった。わざわざこの日の為に海外姉妹グループより来ている訳ですからもっと演出に配慮が必要だったと思います。
具体的には海外国内合わせて全体で16人とし"世界選抜を明確にする"。パフォーマンス中に各メンバーを紹介、国と所属グループ、名前を表示する等の演出が望ましかったと思います。鍋の中にいろいろ多くの材料を入れ過ぎて訳の分からない味になったという感じでしょうか。そこが残念に思いました。

今年はJKT48全体が世代交代により若返ったことによる新展開に期待したいです。そして昨年から話しが出ているSKE48とのコラボレーション企画にも期待したいです。JKT48とSKE48、さらに双方のファンにとって大きなメリット、楽しめる企画をお願いしたいです。双方のファンが参加出来るツアーの企画も有りだと思います。たしか名古屋ジャカルタ間には直行便も有りますね。エアラインの宣伝を兼ねて格安ツアーを企画することも可能性有りだと思います。
と言ったところで今年もよろしくお願いします。

今日はディアニの年始の挨拶と写真を彼女のツイッターより引用

Eniwksu8aeyjep

Eniwlixu8aas6m8

Thank you to everyone that has blessed my life with love, Happy new year 2020
愛をこめて私の人生を祝福してくださった皆さん、ありがとうございます
2020年明けましておめでとう

Enmbupau0ae7ynb

Enmbvgnuwaa_xmt

チームT千秋楽公演の時に撮ったと思われるディアニとアビーのツーショット
アビーは今月からチームK3に移籍します

 

|

« JKT48 ペカロンガンのプリンセス Princess of Pekalongan | トップページ | JKT48 2020年劇場公演開始 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JKT48 ペカロンガンのプリンセス Princess of Pekalongan | トップページ | JKT48 2020年劇場公演開始 »