« JKT48 ディアニ&ジュリの写真にコラージュ | トップページ | JKT48 チームTを継続して欲しかった »

2020年2月24日 (月)

JKT48 フィニ卒業

フィニことRatu Vienny Fitrilya は2月23日の劇場公演Show1「パジャマドライブ」、Show2「逆上がり公演」を最後にJKT48を卒業しました。フィニはJKT48の第2期生、そして初代チームK3から卒業するまでチームK3のメンバーでした。
フィニの卒業でチームK3からは第2世代のメンバーはいなくなりました。

私がJKT48のファンになったのは初代チームK3が発足間もなく頃だったこともあり、チームK3や第2期生に対する思いは特別です。直ぐにチームK3に昇格したメンバー、しばらく研究生に残りその後チームK3に昇格したメンバーと昇格先がチームJだったメンバーもいます。当時は第2期生の動向を毎日チェックしていました。
その当時のフィニの印象は握手会人気が高く実質人気№1だったと思います。握手会に参加された方の評価も高かった。

フィニの選抜について書きます。
2014年選抜総選挙ではフィニが第11位(この時ヨナ10位、ユッピ12位、タタ13位、ハンナ15位)
2015年選抜総選挙ではフィニが第7位(この時シシル8位、ユッピ9位、イカ11位)
2016年選抜総選挙ではフィニが第29位(この時ユッピ4位、シシル7位、近野莉菜9位、デナ14位、ウティ15位、ファンカ16位)
2017年選抜総選挙ではフィニが第22位(この時ユッピ5位、近野莉菜6位、サクティア9位、ロナ11位、)
2018年選抜総選挙ではフィニが第9位(この時ユッピ1位、シンカ3位、ヨナ12位)
2019年選抜総選挙には不参加(この時ナディラ5位)

( )内は参考までに第2期生と近野莉菜さんの選抜順位を入れています。

フィニは参加した5回の選抜総選挙で選抜入り3回、UG入り2回で全てランクインしています。第1回、第2回ではユッピよりも上位での選抜入りです。フィニの選抜入りは選抜総選挙の3回を含めて14回です。これは第2期生だとユッピの19回に次ぐ記録になります。彼女は人気者だったこともありセンター候補の一人だったと思います。私はチームJのセンター候補の一人として推薦、このブログにも書いたことが有ります。

彼女は一貫してチームK3メンバーでしたが途中でスキャンダル疑惑があり一度研究生に降格していた時期があり、その時はチームJ、チームTの公演にもアンダーとして出ていました。
そのスキャンダル疑惑ですが当時何がスキャンダルなのか分かりませんでした。メンバー達は高校生、大学生だったりする訳で仲の良い学友やボーイフレンドがいてもおかしくはない。結局フィニは疑惑を持たれたこと自体の責任を感じ、自ら研究生への降格を申し出たのだと思います。フィニの降格については公式記録には残っていません。

その時のブログ
JKT48 突然のキャプテン辞任
http://youman.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/jkt48-2723.html
フィニのことをこのブログに書いた思い出としてはフィニのスメル山登山チャレンジがあります。これは当時企画されていた第2回目のチームK3単独コンサート(2017年7月29日開催)の成功に向けてチームキャプテンであるフィニが意気込みを見せるチャレンジでした。このときのK3単独コンサートは、企画、運営、会計等を全てメンバーが行うという異例のもので、それら全てが大きなチャレンジでした。このコンサートの開催に先立ってフィニ自らが企画した登山チャレンジです。

その時のブログ記事
JKT48 フィニがスメル山登山に挑戦 (ビデオへのリンク有り)
http://youman.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/jkt48-81e0.html
その後フィニは無事スメル山登山に成功、そしてコンサートの方も成功しています。

フィニを初期の頃から見てきた印象としてはとても真面目、ルックス、パフォーマンス、性格、品格どの項目を見てもスコアが高いメンバーでした。彼女の真面目さはスメル山登山チャレンジや先日の第3回チームK3単独コンサートK3 vs K3の企画提案にも現れています。JKT48の後輩達は彼女から多くのことを学ぶことが出来ると思います。彼女のこれまでの活躍に感謝すると同時に今後の成功を祈りたいと思います。

フィニ、卒業おめでとう
フィニのこれまでのJKT48メンバーとしての活躍を称えたいと思います。フィニがいてくれたからチームK3や他のメンバーも輝くことが出来ました。初期の頃から見てきた私にとってもたくさんの素晴らしい思い出が出来ました。
フィニのこれからの新たなチャレンジと成功を楽しみにしています。
時々は劇場に来て後輩達を励ましてやって下さいね。

Good Luck Vienny

Viny06

ステージで観客を背景に記念写真を公式ツイッターより引用
同期のロナとナディラが一緒です

 

Viny09

チームK3メンバーとの記念写真

 

Viny07

額外し①

 

Viny08

額外し②

昨日の卒業公演でのフィニの手紙が彼女のツイッターに掲載されましたのでOCRでテキスト化しました。
和訳部分は機械翻訳です。

Surat kemarin

Teruntuk hati yang sudah mendukungku di sini, Surat ini aku persembahkan untuk kalian semua yang ada dalam perjalananku di sini, Katanya rata-rata hidup seorang manusia ada di angka 60-70 tahun, yang berarti aku sudah menjalani 1/10 hidupku di grup ini. JKT48 sudah menjadi bagian hidupku selama 7 tahun lebih, prioritas nomor 1 dibandingkan hidupku yang lain. Membayangkan hari-hari tanpa grup ini rasanya hati sedikit kosong. Di awal perjalananku mungkin masih terlalu naif dan belum mengerti betapa rumitnya hubungan antar manusia. Pasti kalian sangat familiar dengan seorang vienny yang ambisius, keras kepala tapi selalu berusaha sekuat tenaga untuk terlihat bersinar di atas stage. Karena JKT48 lah aku pertama kali berkenalan dengan mimpi. Bukan hanya sekedar mimpi yang tiba-tiba hilang diterbangkan angin namun mimpi yang membuat kamu berdebar, mimpi yang membuat kamu terbangun ingin meraihnya. Mungkin semua itu terkait dengan sebuah cerita yang belum pernah aku ceritakan sebelumnya baik ke orang tua maupun orang-orang terdekat. Hanya sedikit staff yang mengetahui tentang hal ini. Dulu aku sempat tinggal di Yogyakarta, di sana aku mulai mengenal yang namanya JKT48. Salah satu alasan terbesar aku kembali ke Jakarta ya mungkin karena ingin mengikuti audisi JKT48, tapi aku tidak punya keberanian untuk mengutarakan hal itu. Form audisipun aku kirimkan. Cukup lama waktu menunggu kabar balasan. Apakah aku diterima/apakah tidak? Rasanya aku tidak bisa menerima fakta jika sudah jauh-jauh kembali dari Jogja namun tidak dapat meraih hal yang aku impikan. Kebiasaanku setelah mengirimkan form audisi adalah mengecek berita di beberapa social media. Aku bisa tahu beberapa orang yang mengikuti audisi, bagaimana sainganku nanti, apalagi audisi generasi 2 akan ditayangkan di TV. Sampai hari itu tiba, di akun twitter stasiun TV itu meng-upload sebuah foto serta informasi bahwa audisi hari pertama JKT48 sudah dimulai. Yang artinya aku tidak lolos seleksi dokumen untuk mengikuti audisi kan?

昨日の手紙
ここで私を支えてくれた心に、私はここで私の旅であなたにこの手紙を贈ります、人の平均寿命は60-70歳であり、それは私がこのグループで私の人生の1/10を過ごしたことを意味します。 JKT48は7年以上私の人生の一部であり、他の人生に比べて優先順位1です。このグループのない日々が少し空虚な心を感じることを想像してください。私の旅の初めには、まだ素朴すぎるかもしれませんし、人間関係がどれほど複雑かを理解していません。野心的で頑固なヴィニーに精通している必要がありますが、常にステージで輝いて見えるように一生懸命努力してください。私が最初に夢を知るようになったのは、JKT48のおかげです。それはただ風に吹かれて消える夢だけではなく、あなたをひらひらさせる夢、それを達成したいという目覚めさせる夢です。たぶんそれはすべて、両親と私に最も近い人の両方にこれまでに一度も話したことがない物語に関連しているのかもしれません。このことを知っているスタッフはわずかです。私はジョグジャカルタに住んでいましたが、そこでJKT48を認識し始めました。ジャカルタに戻った最大の理由の1つは、JKT48を試聴したかったからかもしれませんが、それを言う勇気がありませんでした。オーディションフォームを送信しました。ニュースの返信を待つのに十分な時間。受け入れられますか?私はジョグジャからずっと戻ってきたという事実を受け入れることができるとは思いませんが、夢見ていたことを達成することはできません。オーディションフォームを送信した後の私の習慣は、いくつかのソーシャルメディアでニュースをチェックすることです。私はオーディションを受けた人を知ることができます。私のコンペティションはどうなるでしょうか、第2世代のオーディションはもちろんテレビで放映されます。その日が来るまで、テレビ局のTwitterアカウントは写真とJKT48オーディションの初日が始まったという情報をアップロードしました。これは、ドキュメントの選択をオーディション権に渡さなかったことを意味しますか?

Rasanya baru kali itu aku menangis karena merasa gagal, karena mungkin ini pertama kalinya mengumpulkan keberanian melangkah menuju mimpi. Rasanya saat itu menyerah bukanlah jawaban atas semua pengorbanan yang sudah dilakukan. Aku membulatkan tekat untuk datang ke stasiun TV itu, esok pagi. Walau aku tak tahu apakah besok masih ada audisi? Apa saja yang harus ku bawa? Bagaimana kalau mereka tahu aku tidak dipanggil? Jam berapa aku harus datang? Tapi rasanya, lebih baik aku merasakan gagal atau ditolak saat aku sudah berusaha datang daripada penasaran karena menyerah. Saat itu aku bilang ke mama, bahwa besok aku harus datang ke stasiun TV pukul 6 pagi. Sesampainya di sana ada antrian panjang dan ternyata audisi masih berlanjut! Aku datang di waktu yang tepat. Bahkan aku membawa form audisi di dalam tas. Inikah yang namanya keajaiban adalah skenario yang telah disiapkan? Mungkin saat tahu cerita ini orang yang dulu berkata, "kenapa kamu sangat ambisius?" "Pikirkan hal lain selain dirimu" "mengalahlah sedikit" "Kenapa tidak mau jadi biasa saja sih?", akan mengerti. Aku tidak datang dengan sebuah pesan bahwa "kamu diterima". Aku membuat jalanku untuk sampai. Aku memilih untuk tidak menyerah dengan penolakan. Tanpa sadar itulah yang tertanam dibenakku tiap harinya. Rasanya setiap detik terlalu berharga untuk dipakai dan menjadi "biasa". Karena sulit sekali rasanya untuk sampai di sini aku berusaha mati-matian melindungi mimpiku. Perform sebaik mungkin, sesemangat mungkin, berusaha sekuat tenaga menarik fans, memikirkan bagaimana caranya untuk disukai.
Kalau dipikir-pikir aku benar-benar mencintai JKT48.
Grup ini adalah tempat yang sangat spesial. Menciptakan sebuah ruang untuk banyak jiwa bertemu dan menjadi relevan. Saat dunia yang sebenarriya terasa terlalu berat, merasakan yang namanya penolakan, dan terjatuh. Kita bisa sama-sama bertemu di sini untuk berbagi kisah dan beban tanpa ada yang menghakimi. Tanpa tau pasti latar belakang masing-masing. Tapi yang kita tahu bahwa ada sosok yang sama-sama sedang berjuang dan memberikan diri kita semangat.

失敗したように感じて泣いたのは初めてでした。夢に踏み出す勇気を集めたのはこれが初めてだったかもしれません。それはあたかも降伏が行われたすべての犠牲に対する答えではないかのようでした。明日の朝、テレビ局に来ることに決めました。明日もオーディションがあるかどうかはわかりませんが?何を持っていけばいいですか?彼らが私が呼ばれていないとわかったらどうしますか?何時に来るべきですか?でも、あきらめたので好奇心が強いのではなく、来ようとしたときに失敗したり拒否されたりした方がいいと思われます。その時、私は母に明日朝6時にテレビ局に来なければならないと言いました。到着すると長い列ができ、オーディションはまだ続いていることが判明しました!適切なタイミングで来ました。オーディションフォームをバッグに入れて持ち運びました。これは奇跡が準備されたシナリオであるということですか?たぶん、あなたがこの物語を知っているとき、「なぜあなたはそんなに野心的なのか」と言った人。 「自分以外のことを考えてください」「少しだけ与えてください」「とにかく普通になりたくないのですか」と理解します。 「受け入れられた」というメッセージはありませんでした。私は到着する道を作りました。私は拒絶をあきらめないことを選んだ。それが気づかないうちに毎日私の心に埋め込まれています。 1秒ごとに着るには価値がありすぎて「普通」にならないように感じます。ここに来るのはとても難しいので、夢を守るために必死に努力しました。可能な限り情熱を注ぎ、ファンを惹きつけ、好きになる方法を考えてください。
考えてみると、私はJKT48が大好きです。
このグループは非常に特別な場所です。多くの魂が出会い、関連するためのスペースを作ります。現実の世界が重すぎると感じ、拒絶の名前を感じ、倒れる。私たちはここで一緒に会って、誰も判断することなく、物語と重荷を共有することができます。それぞれの正確な背景を知らない。しかし、私たちが知っていることは、苦労し、自分自身に熱意を与えている人がいるということです。

Akupun begitu. Tanpa JKT48 bagaimana bisa aku tahu rasanya dicintai dan didukung sekuat tenaga oleh orang-orang yang begitu hebat sampai aku bisa percaya diri menjalani kehidupanku di luar sana. Dukungan yang membuatku menyadari hal-hal apa saja yang ingin aku raih. Katanya jika orang sudah merasakan begitu banyak cinta, ia belajar untuk mencintai lebih lagi. Bagi para member yang masih ada di sini, di JKT48 kita bisa bertemu berbagai macam sosok manusia, inilah miniature kehidupan yang akan kalian jalani kedepannya. Walau ada hari seberat apapun, waktu akan terus berjalan dan menyembuhkan. Terus berjalan mengetahui ada banyak sosok yang berharap pada kalian. Dan selalu ingat bahwa mereka menemukan kebahagiaan saat melihat kalian melakukan yang terbaik sehingga membuat mereka semangat menjalani hari-hari. Banyak yang bertanya mengapa aku tidak menyerah? Mamaku pernah bilang bahwa perjalananku si ini bukan tentang apa yang JKT48 bisa berikan ke aku, tapi apa yang bisa dapat dari berada di sini. Aku tidak suka menjadi orang yang mengeluh dan menyerah saat aku sadar betul bahwa akulah yang memilih untuk berada di sini dengan segala konsekuensinya. Aku selalu melihat grup ini sebagai tempat aku belajar. Aku belajar saat aku dikecewakan, aku belajar saat berjuang, aku belajar saat merasa sendirian dan tersisihkan, aku belajar saat aku tidak dipercaya, aku belajar dari segala kesalahan yang aku buat. Dari situ aku berusaha untuk mengambil hal-hal baik dalam sebuah masalah. Aku percaya dalam setiap masalah akan ada jawaban. Karena grup ini sudah memberikan banyak hal untukku, menjaganya adalah mutlak. Besar harapanku pada generasi penerus untuk bisa terus menjaga JKT48 menciptakan ruang untuk tiap manusia saling menginspirasi.

私もします。 JKT48がなければ、自分の人生を自信を持って生きることができるほど偉大な人々が、あらゆる力で愛され、支えられていることをどのように知ることができましたか。達成したいことを認識できるサポート。彼は、人々がそれほど多くの愛を感じているなら、彼らはもっと愛することを学ぶと言いました。まだここにいるメンバーのために、JKT48では様々な種類の人物に会うことができます。これはあなたが将来生きる人生のミニチュアです。たとえ重い日があったとしても、時間が経って癒されます。あなたを希望する人がたくさんいることを知って歩き続けてください。そして、彼らがあなたがあなたのベストを尽くすのを見るとき、彼らが幸せを見つけることを常に覚えておいてください。多くの人がなぜ私がaskめなかったのかと尋ねますか母はかつて、この旅行はJKT48が私に与えるものではなく、ここにいることで得られるものだと言っていました。私はすべての結果でここにいることを選んだことをよく知っているときに文句を言ってあきらめる人になるのは好きではありません。私はいつもこのグループを勉強する場所と考えています。がっかりしたとき、苦労したとき、孤独感を感じて排除されたとき、信頼していないとき、すべての間違いから学びます。そこから、私は問題に良いことを取り入れようとしました。私はすべての問題に答えがあると信じています。このグループは私に多くのものを与えてくれたので、それを維持することは絶対です。次世代がJKT48を維持し続け、各人間がお互いに刺激しあうためのスペースを作り続けることを願っています。

Aku berharap para fans juga bisa melakukan hal yang sama. Aku masih ingat betapa bahagianya aku saat mendapat fan letter pertamaku, bagaimana rasanya didukung sampai menangis, perjuangan kalian yang datang ke theater ini setelah melalui banyak kesulitan. Begitu banyak yang sudah kalian berikan aku harap kalian bisa mendapatkan banyak hal juga. Di sini seharusnya adalah tempat kalian mendapat dorongan semangat, dukungan, terinspirasi untuk menjalani pekerjaan atau kehidupan kalian. Jika kalian tidak merasa seperti itu sekarang mungkin harus dipikirkan kembali apa yang ingin kalian dapat saat menjadi fans JKT48? Pada akhirnya berada di sini adalah pilihan kita kan? Tidak pernah ada yang memaksa untuk kami dan kalian berada disini. Tapi jauh di balik segala kerumitan yang ada sekarang masing-masing kalian pasti sudah menemukan kenyamanan. Aku harap kalian bisa mengarahkan perjalanan ini ke sisi yang positif. Untuk sama-sama menjadi pribadi yang baik. Untuk apa datang ke tempat yang seharusnya membuat bahagia lantas menjadi sedih? Untuk apa bertemu dan bisa sama-sama saling menguatkan lalu malah menjatuhkan satu sama lain?
Hidup terlalu singkat untuk menjadi seperti itu. Semua hal memang tidak selalu berjalan sesuai yang kita mau, tapi kita selalu punya hak untuk memilih.
Grup ini sudah menciptakan banyak kisah, baik senang, haru, bangga, sedih, hingga kecewa. Aku harap kisah-kisah tersebut bisa menjadi bekal bagi kita untuk menjalani kehidupan yang sebenarnya.

ファンにも同じことができるといいですね。最初のファンレターを手に入れたときの喜び、泣くのを支えた気持ち、多くの困難を乗り越えてこの劇場に来たあなたの闘いを今でも覚えています。あなたはとても多くを与えてきました、私はあなたも多くのものを得ることができることを望みます。ここでは、励まし、サポートを得ることができ、仕事や人生についての刺激を受けられる場所が必要です。もしあなたが今そのように感じていないなら、あなたはJKT48ファンになったときに何を得たいのかを考え直さなければならないかもしれませんか?最後にここにいるのは私たちの選択ですよね?私たちに力はなかったし、あなたはここにいる。しかし、現在存在するすべての複雑さのはるか後ろに、あなた方それぞれが慰めを見つけたに違いありません。この旅を前向きな方向に向けていただければ幸いです。両方とも良い性格であること。なぜあなたを幸せにして悲しい場所に来るのですか?なぜお互いに出会い、お互いを強化し、代わりにお互いをダウンさせることができるのですか?
人生は短すぎてそのようにはなりません。物事は常に望みどおりに進むとは限りませんが、常に選択する権利があります。
このグループは、幸せ、感情、誇り、悲しみ、そして失望など、多くの物語を生み出しました。これらの物語が、私たちが現実の生活を送るための準備になることを願っています。

Aku benar-benar berharap JKT48 "ONE" tidak hanya menjadi sebuah slogan. Aku berharap rasa percaya itu bisa kembali di tengah-tengah JKT48, untuk member, staff, dan para fans. Terima kasih untuk para member yang sudah berusaha untuk memberikan performance terbaik dalam kondisi apapun. Kadang ada hari di mana kita perform dalam kondisi sedih, sakit, tapi ingat selalu ada sosok yang mengharapkan kebahagiaan saat menyaksikan kalian. Terima kasih untuk generasi 2 yang telah berjuang bersamaku selama 7 tahun ini. Terima kasih sudah menjadi generasi yang kuat dan tidak pernah menyerah terlepas dari segala rintangan yang ada. Terima kasih untuk para staff yang sudah mendidik dan menjagaku walau kadang ada kesalahpahaman di antara kita tapi dari kalianlah aku belajar menjadi dewasa. Terima kasih untuk kalian yang sudah meluangkan waktu, tenaga, pikiran untuk menemani perjalananku di grup ini, aku rasa kita sudah melalui sebuah perjalanan panjang yang sangat berharga untuk hidup kita nanti. Aku berharap suatu hari kalian akan menemukan sosok yang mencintai dan mendukung kalian sebesar kalian mencintai dan mendukung kami sampai saat ini.
JKT48 dan isinya adalah tempat yang sangat hangat dengan segala cinta dan dukungan untuk satu sama lain. Mari menjaga grup ini untuk tetap seperti itu. Karena masih banyak orang-orang yang belum merasakan betapa bahagianya berada di sini.
Dari Vienny yang selalu bangga menjadi bagian dari JKT48.
Terima kasih.
Vienny.

JKT48 "ONE"が単なるスローガンにならないことを本当に願っています。メンバー、スタッフ、ファンにとって、JKT48の中に信頼が戻ってくることを願っています。どんな条件でも最高のパフォーマンスを発揮しようとしたメンバーに感謝します。時々、悲しみや痛みの状態で演奏する日がありますが、あなたを見ているときに幸せを願う人が常にいることを忘れないでください。 7年間私と戦ってきた2世代に感謝します。強い世代であり、すべての障害にもかかわらず決してあきらめないことをありがとう。時々私たちの間に誤解がありますが、あなたから私は大人になることを学びましたが、私を教育し、面倒を見てくれたスタッフに感謝します。このグループでの私の旅に時間、エネルギー、思考を費やしてくれた皆さんに感謝します。後の人生にとって非常に貴重な長い旅を経験したと思います。いつかあなたが今まであなたを愛し、サポートしてくれるのと同じくらいあなたを愛してサポートしてくれる人を見つけることを願っています。
JKT48とそのコンテンツは、お互いに愛とサポートを提供する非常に暖かい場所です。このようなグループを維持しましょう。なぜなら、彼らがここにいることの幸せを感じていない人がまだたくさんいるからです。
JKT48の一員であることを常に誇りに思っているViennyから。
よろしくお願いします。
ヴィエニー

 

|

« JKT48 ディアニ&ジュリの写真にコラージュ | トップページ | JKT48 チームTを継続して欲しかった »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JKT48 ディアニ&ジュリの写真にコラージュ | トップページ | JKT48 チームTを継続して欲しかった »