« JKT48 「アイドルの夜明け」ライブ配信 | トップページ | JKT48 ただいま劇場公演は休止中 映像アーカイブ「卒業記念映像」 »

2020年3月17日 (火)

JKT48 ただいま劇場公演は休止中 映像アーカイブ「ギンガムチェック」

JKT48は新型コロナウイルスの感染拡大への対応から当面の間(3月17日~3月29日)劇場公演が休止される旨が公式発表されました。状況によりこの休止期間は延長される可能性も有ります。

新型コロナウイルスの感染を封じ込める手段として他に有効な手立てがない中で、各種のイベントが中止されるのはやむを得ない状況です。今回の感染拡大で意外にも世界は狭いなと感じました。

劇場公演休止中は現在進行形での情報も少なくなると思われますのでJKT48の映像アーカイブの紹介でもしようかなと思っています。紹介はアットランダムです。

今日はその第1回目で ギンガムチェック(Gingham Check)のMVです。

ギンガムチェックはJKT48の6枚目のシングル曲として2014年6月11日にリリースされています。選抜メンバーは第一回選抜総選挙の結果により選ばれています。第一回選抜総選挙の結果は第1位より順番にメロディー、フェランダ、仲川遙香、シャニア、ベビー、ナビラ、リカ、キナル、ガイダ、ヨナ、フィニ、ユッピ、タリア、アヤナ、ハンナ、ジェジェの16名でした。
この結果によりセンターはメロディが務めています。内訳は第一期生が10名、第二期生が5名、AKB48からの移籍1名です。

このMVは設定がJKT48 Caffeになっています。そこで幼稚園児くらいの男の子と女の子がデートするのですが、女の子は最初何故かとても不機嫌そうにしています。男の子はJKT48メンバーの手助けもあり、何とか女の子のご機嫌をとることに成功しハッピーエンドになっています。
メンバーが着用している衣装はその後いろんなイベントで使い回されていますが、すぐにギンガムチェックの衣装と分かる特徴的なものです。私はこの衣装が大好きです。

この曲はインドネシアでのホンダ4輪車JAZZ(FIT)のCMソングとしても採用されました。
そのCM
TVC All New Honda Jazz with JKT48 Senbatsu (By Hondaisme)

 

 

ギンガムチェックのセンターは通常メロディーなのですが、チームK3単独でのパフォーマンスをする時はセンターをユッピが務めています。ユッピはこの曲の終盤でJKT48のメンバーとして初めてハイキックを決めています。AKB48だと大島優子が見せた足を高く蹴り上げる振付です。この曲がチームK3の劇場公演で初公開された時にそのハイキック場面で会場からどよめきが起こったと伝えられています。私は後の公開イベントを撮ったファンカムで見ています。このオリジナルの振付をちゃんと出来たことがユッピに対する評価を一段と高くすることにも繋がったと思います。
その後何度もこの曲のパフォーマンスを観て、メロディには悪いけどユッピこそこの曲のセンターに相応しいと思いました。

という訳でコロナウイルスの収束を祈りつつ映像アーカイブの紹介第一回目を終わります。

 

 

 

 

 

|

« JKT48 「アイドルの夜明け」ライブ配信 | トップページ | JKT48 ただいま劇場公演は休止中 映像アーカイブ「卒業記念映像」 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JKT48 「アイドルの夜明け」ライブ配信 | トップページ | JKT48 ただいま劇場公演は休止中 映像アーカイブ「卒業記念映像」 »