« JKT48 ナディラからの手紙 | トップページ | JKT48 映像アーカイブ「Sasae」 »

2020年4月 5日 (日)

JKT48 映像アーカイブ「最終ベルが鳴る」

チームK3発足以来第3番目の公演が「最終ベルが鳴る」でした。(研究生時代の「パジャマドライブ」を含めると4公演目)
この公演は2015年8月1日が初日でした。(公演期間2015年8月1日 ~ 2016年11月27日)その前の公演「青春ガールズ」の千秋楽が同年3月14日でしたから、間の4ヶ月半はラマダン期間と「パジャマドライブ」「僕の太陽」のリバイバル公演が行われていました。

「最終ベルが鳴る」公演のセットリスト、歌詞(インドネシア語)については公式ページに記載されています。
https://www.jkt48.com/theater/song-list/id/9?lang=jp

「最終ベルが鳴る」公演の開始を告知する公式動画 2015年7月29日
"Saishuu Bell ga Naru" (Bel Terakhir Berbunyi) by JKT48 Team KIII. Starting 01-08-2015!

公演が始まった翌月にセットリストと衣装を紹介する公式動画がアップされています。
これは当時K3メンバーのヨナとリディアが企画制作する動画#K3poinOshiの1つとして制作されました。
#K3poinOshi 27. "Bel Terakhir Berbunyi"

この動画には第一期生のキナルがインタビュアーとして出演しています。第一期生でチームJのメンバー兼キャプテンだったキナルはこの「最終ベルが鳴る」公演の前にチームK3に移籍チームキャプテンにも就任していたんですね。当時の話として、チームK3はメンバー全員がとても仲良しでまとまりが良い反面競争意識に欠けパフォーマンスのレベルが低下していると評価されていたようです。私自身はその悪い時を観ていないので伝え聞いた話だけです。キナルはこの緩んだチームK3を立て直すという意気込みでチームキャプテンに就任しています。

そしてこの「最終ベルが鳴る」公演のユニットソング、全体曲の一部について特別にイメージムービーが制作されています。

「初恋泥棒」
Hatsukoi Dorobou [Pencuri Cinta Pertama]

ユニットソング「初恋泥棒」のイメージムービーで出演はこの曲の先発メンバーユッピ、ウティ、イカと泥棒役?でナディラが出演しています。当時の私の推しの2人(ユッピ、ウティ)が入っています。公演の先発メンバーが発表される以前にウティがこのユニットソングをやりたいと希望していたのを覚えています。先発メンバーの発表で希望通りウティの名前が有った時はファンともども大喜びしました。

この時おそらくウティとナディラが競合していたのではないかと思っていました。幾らかウティが優位に立てたのは第二回選抜総選挙でのUG入りが有ったからではないかと思っています。
ただし先発に選ばれなかったナディラはどのユニットソングにも入れるという器用さで存在感を発揮していました。つまり逆転の発想でポジティブに考えればその役目も悪くはないと言えます。


「ボーイフレンドの作り方」
Boyfriend no Tsukurikata [Cara Mendapatkan Pacar]

「ボーイフレンドの作り方」のイメージムービーで主演のハンナがクラスメートにそそのかされている様子がコミカルに描かれています。歌詞の内容をビジュアルに上手く描いています。主演のハンナはこの公演期間の最後頃(2016年9月)に学業専念の為卒業しています。医者を目指すということでした。メンバーが東ジャワ方面に出張公演するときには遊びに来ていますね。


「会いに行こう」
Ai Ni Ikou [Pergi Untuk Bertemu]

「会いに行こう」のイメージムービーで出演はデラのみ。遠方に住む思いをよせる人に久しぶりに再会に行くという設定です。このムービーも曲の内容を上手くビジュアル化出来ていると思います。デラが良い味を出しています。

Dianicale20204

今日はディアニのインスタグラムより引用した彼女の写真を使って4月~6月のカレンダーを作ってみました。

|

« JKT48 ナディラからの手紙 | トップページ | JKT48 映像アーカイブ「Sasae」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JKT48 ナディラからの手紙 | トップページ | JKT48 映像アーカイブ「Sasae」 »