« JKT48「Video Call with JKT48」初日に参加 | トップページ | JKT48 「Video Call with JKT48」の意義 »

2020年5月 1日 (金)

JKT48「Video Call with JKT48」ディアニに参加

昨日は「Video Call with JKT48」の4日目が開催されました。私は初日のジュリに続いてディアニのレーンに参加しました。ディアニのSesi1、2、3で各2枚買っていました。

まず最初にZoomの設定で私自身が上手く設定出来ていませんでした。画面表示上の名前をID番号(JKT48会員番号)と名前に書き替える必要が有りますが、これはZoom画面で自分のサムネイルの下に表示されます。これが替わっていない場合は、そのサムネイルの表示部分にマウスを持って行き右クリックで変更が行えます。

本題に戻ります。今回のディアニのSesi1、2、3はテーマを別けました。
まずSesi1は改めて自己紹介と挨拶、食事を済ませていることの確認。さらに現在ディアニが帰省しているペカロンガンの確認、私が住んでいる場所は広島市であること、そしてお互いに元気でいる事の確認をしました。相変わらずいい加減なインドネシア語と英語で話しました。Saya baik-baik Saja(私は元気です)の最後のSajaの発音が怪しかったらしく聞き返されました。発音を間違えると別の意味になる可能性が有りますから気を付けないといけません。
ちなみに今回のお話タイムは正確でした。チケット2枚なので100秒になります。

そしてSesi2は私が事前に調理していた料理を見せながら紹介しました。ディアニには何時も野菜を食べようねとリプしています。インドネシアで野菜の摂取量が極端に少ない理由は何なんでしょう? 一つは食習慣、さらに野菜を美味しく食べる方法や味わい方が分かっていないからかもしれないと思います。各国にいろんな料理があっても基本はそんなに変わらないので、積極的に野菜を取り入れて欲しいと思います。

先日ディアニが「Jamur enoki crispy」と呼ばれる料理を紹介していました。簡単に説明すると小麦粉とタピオカ(澱粉)に水を加えて作った衣を用意し、エノキ茸に絡ませて油でカリカリに揚げた料理です。大雑把に言えば日本の天ぷらに似ています。小麦粉に澱粉を合わせると強制的にカリカリに出来ます。

ディアニにはこの「Jamur enoki crispy」の天ぷらバージョンを作って見せました。同時にエリンギ、パプリカの天ぷらも作り、他の野菜にも応用出来る事を見せました。
さらに油で揚げて簡単に作れるフライドポテトも作りました。たぶんディアニも外食のファーストフード店でよく食べていると思いますが、簡単に作れます。
さらにキュウリを使ったNasi goreng (焼き飯)も作りました。これを見せるとディアニはすぐにNasi gorengだと答えてくれました。キュウリを使っているところを見せたかったんですね。レタスチャーハンのキュウリ版です。キュウリの炒めものはあまり一般的ではないかも知れませんが、中華料理には使います。キュウリの炒めは美味しいです。インドネシアで良く食べられるNasi goreng の材料に使えることを見せたかった。インドネシアの場合はキュウリは料理の添え物としてみかけます。添え物にするのではなく、一緒に炒めても美味しくいただけます。

そしてSesi3では私からディアニに一つだけアドバイスをしました。以前ブログに書いたことがありますが、ファンに対する接し方についてです。
私はディアニが研究生だった初期の頃から彼女に注目していました。劇場公演にアンダーとして出演した時は公演終了後のハイタッチでの様子、そして同じく研究生時代に2度参加した握手会での印象。彼女の印象は悪くはなかった。ただし自分から積極的にアピールする感じでもなかった。劇場でのハイタッチはジュリと並んでいることが多かったのですが、何時も明るいジュリと比べると対照的だったです。

主観的な評価になりますがディアニはとても美人だと思います。おそらく多くのファンはその事を認めていると思います。そんなディアニにお澄まし顔だったり、無関心そうに振舞われると結構なショックを受けると思います。インドネシアの若いファン層の印象はシャイで傷つきやすい。まあ若いときはそんなものです。

元メンバーシンディユフィアの初期の頃の話をすると、当時彼女のファンに対する接し方も褒められたものでは有りませんでした。彼女に会ったことがない人や初期を知らない人には信じられないかも知れませんが、目を合わせようとせず背けてしまうことさえありました。それは彼女の極度にシャイな性格から来ていたんですね。当時私は彼女にあえてその事を指摘し改善に努めるように提案したことがあります。
そのシンディユフィアの初期に比べるとディアニは問題にするほどではない。ただアイドルとしてはもっと積極的に笑顔で接して欲しいと思います。

ディアニに対する一つだけのアドバイス、それは「何時でも、誰に対しても満面の笑顔で接して欲しい」ということ。誰に対してもとは、たとえ他のメンバーのファンだと分かっていても区別せずにということです。多くのファンがディアニの笑顔で幸せになれるのだから。

Ew2ggluwaapu1b
今日はそのディアニが昨夜ツイッターにアップした写真を引用します。

Ew2hjtu4aa9pwo
ディアニの自室なのか? 最近は何時もこの場所で写真を撮っています。


|

« JKT48「Video Call with JKT48」初日に参加 | トップページ | JKT48 「Video Call with JKT48」の意義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JKT48「Video Call with JKT48」初日に参加 | トップページ | JKT48 「Video Call with JKT48」の意義 »