« JKT48 「エブリディカチューシャ」メイキング動画 | トップページ | JKT48 映像アーカイブ「最終ベルが鳴る」 »

2020年4月 3日 (金)

JKT48 ナディラからの手紙

ナディラことNadila Cindi Wantariが先日4月1日付けのツイッターに長文のメッセージを載せていました。メンバーがこのような長文を載せると気になります。エイプリルフールの日でもありもしやと思いましたが、真面目な文章でした。(^^)

例によってOCRでテキスト化し機械翻訳してみました。

________________________
Matahari untuk delapan tahun belakangan ini
過去8年間の太陽

Halo, orang asing.
halo orang asing, ini Nadila dengan waktu luangnya yang begitu banyak hingga dengan niat sengaja ingin membalas apa yang telah kalian buat untuk aku. Mungkin memang benar, kita itu jauh tapi begitu dekat, kita dekat tapi terlalu jauh untuk bisa dikatakan seorang sahabat. Aku mengenal kamu, dan mungkin kamu mengenal aku. Kamu mungkin dengan semangat mendukung aku tanpa mengenal diriku yang sesungguhnya, dan aku yang begitu tulus ingin menghilangkan semua rasa lelahmu dengan senyuman dan semangat yang muncul dari perasaan berdebar saat kita berjumpa, tanpa tahu siapa kamu. Kita, hanyalah orang asing. Begitu rumit hubungan ini, hingga sama-sama tak tahu entah apa namanya.
Menjadi member JKT48 adalah sebuah pilihan, dengan sukarela aku investasikan masa remajaku dengan sebuah angan-angan mengejar mimpi, yang saat aku 14 tahun itu, tak tahu apa artinya. Mimpi itu begitu semu, begitu jauh, begitu sulit untuk dapat dikatakan. Namun aku tahu, di suatu tempat dalam hatiku, mimpiku itu ada dan nyata. Hingga akhirnya saat ini, dengan jelas dapat aku katakan apa itu mimpiku. Apa yang ingin aku raih di masa depan. Apa yang ingin aku capai dari hidupku ini. Aku tahu.

こんにちは、見知らぬ人。
こんにちは見知らぬ人、これは彼女があなたが私のために作ったものを意図的に往復させたいほど自由な時間がたくさんあるナディラです。
多分それは本当です、私たちは遠いですがとても近いです、私たちは近いですが友達と呼ばれるには遠すぎます。
私はあなたを知っています、そしておそらくあなたは私を知っています。

あなたは私の本当の自分を知らずに情熱的に私をサポートするかもしれません。
そして、誠実な私は、あなたが誰であるかを知らなくても、出会ったときのドキドキ感から生まれる笑顔と熱意で、疲れをすべて解消したいと思っています。私たちは見知らぬ人です。
関係はとても複雑なので、名前が何であるかさえわかりません。

私はJKT48のメンバーであることを選択し、自分が10代の頃に夢を追いかけるという夢に自発的に投資しました。
自分が14歳のとき、それが何を意味するのかわかりませんでした。
夢はとてもはっきりしていて、遠く離れていて、言うのが難しい。
しかし、私の心のどこかで、私の夢は現実のものです。
ようやく今まで、自分の夢ははっきり言っていました。
これから達成したいこと。私の人生から何を達成したいですか。私は知ってる。

Terkadang aku heran, mengapa orang sepertiku, bisa mempengaruhi kehidupan orang lain. Apakah benar mereka terinspirasi olehku? Apakah benar aku bisa menjadi seseorang yang mereka banggakan? Apa aku sudah cukup baik untuk dikatakan seorang idola? Aku hanya ingin menjadi diri sendiri untuk saat ini. ingin melakukan apa yang menurutku baik, untuk diriku dan orang-orang yang aku sayangi. Walau terkadang egois. Akan tetapi, mana bisa menjadi diri sendiri sekaligus menjadi idola? Tentu saja bisa. Delapan tahun pengalamanku, aku tahu bagaimana membagi porsi-porsi dari diriku yang harus aku tempatkan di setiap situasi. Jadi, jika banyak yang tidak suka dengan diriku saat ini, sungguh aku tidak peduli. Kembali lagi ke poin dimana aku hanya ingin melakukan apa yang menurutku baik untuk aku dan orang orang yang aku sayang.
Jadi jujur saja, idol yang baik dan buruk itu menurutku tidak ada. Itu hanyalah sebuah alasan. Tentu setiap member berbeda, toh kami bukan robot. Mungkin gaya bicara kami mirip, atau gaya foto kami mirip. Ayolah, itu semua sudah membentuk menjadi sebuah budaya karena kami berada dalam satu lingkungan yang sama. Seperti orang Jawa yang menggunakan jempolnya untuk menunjuk, atau seperti orang Jepang yang menunduk ketika minta maaf atau berterimakasih. Akan tetapi, itu semua tidak menjadikan kami adalah orang yang sama, atau memiliki aturan khusus untuk bersikap menjadi Idol. Idol itu, tidak ada rumus dan kamusnya. Karena kami berbeda lah, semua orang menjadi sangat unik.

時々、なぜ私のような誰かが他人の生活に影響を与えることができるのかと思います。
彼らは本当に私に触発されたのですか?
彼らが誇りに思う人になれるのは本当ですか?アイドルと言ってもいいですか?

今は自分になりたいだけです。自分や気になる人のために、自分が良いと思うことをしたい。時には利己的ですが。
しかし、どうすれば自分らしくなり、アイドルになれますか?もちろんできます。
私は8年間の経験で、それぞれの状況に置かなければならない自分の部分を分割する方法を知っています。
だから、多くの人が今私を好きではないのなら、私は本当に気にしません。
自分と愛する人に良いと思うことをやりたいと思っているところに戻ります。

だから正直なところ、いいアイドルも悪いアイドルもいないと思います。
それは言い訳にすぎません。
もちろん、各メンバーは異なりますが、私たちはとにかくロボットではありません。多分私たちのスピーチのスタイルが似ている、または私たちの写真のスタイルが似ています。
さあ、私たちは同じ環境にいるので、すべてが文化になっています。

親指を使って指差しするジャワ人のように、あるいは謝罪や感謝の気持ちの時にお辞儀をする日本人のように。
しかし、それは私たちを同じ人にするわけではなく、アイドルであるための特別なルールもありません。
アイドル、公式や辞書はありません。
私たちが違うので、誰もが非常にユニークです。

Lebih dari itu, mungkin kalian tidak akan melihat aku meminta-minta dukungan atau pun memberikan kalian banyak perhatian. Sungguh, aku minta maaf. Jika kalian ingin mencari oshi seperti itu, mungkin memang bukanlah aku orangnya. Terpenting bagi ku adalah kamu bahagia. Mungkin itu aku yang dulu, 3 atau 4 tahun yang lalu. Menurutku meminta, bukanlah hal yang dilakukan seorang pejuang. Kalian tahu, Jon Snow dari Game of Thrones, atau Uthred dari The Last Kingdom merupakan karakter yang paling menderita selama serial-serial itu, tapi mereka tidak pernah kalah oleh keadaan, atau memohon-mohon untuk diselamatkan. Jiwa mereka, dan jiwa ku sama. Seorang pejuang, dan seorang pejuang tidak pernah meminta. Seorang pejuang itu berusaha untuk mendapatkan apa yang ingin dia capai, dengan keringat dan perjuangannya sendiri. Itu yang akan terus aku lakukan.
Aku tahu, mungkin ceritaku juga bersinggungan dengan banyak cerita dari kehidupan kalian. Aku tahu, yang sering gagal bukan hanya aku. Banyak juga diantara kalian yang sering gagal. Mungkin bertahun-tahun seperti aku. Dengan cerita kita masing-masing, kita adalah manusia yang pernah gagal. Tak apa, ayo kita gagal bersama. Ayo kita bangkit bersama. Ayo kita menjadi pejuang bersama sama, di tempat yang berbeda. ayo kita jadi penyemangat, menjadi api yang saling mengobarkan. Walaupun aku dan kamu hanyalah orang asing.
Jadi, mari kita saling berterimakasih. Aku berterimakasih karena Tuhan menggariskan takdir hidupku untuk aku dapat bertemu kalian. Aku berterimakasih pada keluargaku yang mau mengantar aku bertemu dengan kalian. Aku berterimakasih kepada teman-teman ku yang rela aku sibuk, untuk bertemu dengan kalian. Tentu aku berterimakasih dengan kalian, karena telah meluangkan banyak hal untuk dapat bertemu dengan ku. Ayo kita berpapasan dan menjadi penyemangat satu sama lain lagi, menjadi api yang saling mengobarkan terus percikan mimpi. Terimakasih karena, menjadi orang asing yang begitu dekat denganku.
- Nadila

それ以上に、多分あなたは私がサポートを懇願したり、あなたに多くの注意を払ったりするのを見ないでしょう。
本当にごめんなさい。そんなおしを見つけたければ、私じゃないかも。
私にとって最も重要なことはあなたが幸せであることです。
多分それは3年か4年前の私です。

私の意見では、それは戦士がすることではありません。ご存知のように、ゲームオブスローンズのジョンスノー、またはザラストキングダムのユーサードは、シリーズで最も苦しんだキャラクターですが、状況に負けたり、救われることを求めたりしたことはありません。
彼らの魂と私の魂は同じです。
戦士、そして戦士は決して尋ねません。戦士は、自分の汗と闘争で、達成したいものを手に入れようとしています。
それが私が続けることです。

たぶん、私の物語は、あなたの人生の多くの物語とも交差しています。
よく失敗するのは私だけではありません。あなたの多くはしばしば失敗します。
たぶん私のような年の間。
私たちの物語のそれぞれで、私たちは失敗した人間です。
大丈夫です、一緒に失敗しましょう。
一緒に立ち上がりましょう。
別々の場所で一緒に戦士になりましょう。励ましましょう、お互いを燃やす火になります。私とあなたはただ見知らぬ人ですが。
だから、お互いに感謝しましょう。神が私にあなたに会うための私の運命を概説したので、私は感謝します。私を連れて行ってくれた家族に感謝します。
お忙しい中、お会いできて嬉しい友人に感謝します。
もちろん、私に会えるようにたくさんのことをしてくれたことに感謝します。
お互いを通り過ぎて、またお互いを励まして、夢の火花を点火し続ける炎になってみましょう。私の近くにいる見知らぬ人になってくれてありがとう。
-ナディラ
________________________________

以上です。

現在新型コロナウイルス感染拡大の影響で劇場公演等は活動休止中です。メンバー達はこれまでの活動や現在の状況、今後のことなどいろいろ考えているのかも知れません。結果的にそういう時間が出来たことになります。
今回のナディラのメッセージも同じ様な思いからファンに伝えたかったのかも知れないと思います。内容はネガティブなものでは有りませんので安心しました。

メンバー達には今回の状況で結果的に生じた活動休止期間を有効に使って欲しいですね。その中でお勧めは彼女達の年齢だとたくさんの読書をして知的な咀嚼をして欲しいと思います。本に書いてあることを鵜呑みにするという訳ではなくいろんな考えや世界観がある事を知っておいて欲しい。彼女達がこれから追いかける夢で役立つことはたくさん有ると思います。

Foto-wallpaper-hp-ssk-nadila

今日は先日公開されたスペシャルフォトメッセージよりナディラの写真を引用
彼女は選抜第5位です。

2020431

さらに今日撮影した広島市内の風景写真を載せます。世界的に厳しい状況下での今日の広島市内。
相生橋近くの桜並木

2020432

相生橋から撮影した原爆ドーム

2020433

原爆ドーム

|

« JKT48 「エブリディカチューシャ」メイキング動画 | トップページ | JKT48 映像アーカイブ「最終ベルが鳴る」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JKT48 「エブリディカチューシャ」メイキング動画 | トップページ | JKT48 映像アーカイブ「最終ベルが鳴る」 »