« BNK48 & CGM48「心でふれて」 | トップページ | JKT48 今年のラマダン »

2020年4月12日 (日)

JKT48 ジュリを知るきっかけは意外なことだった

今回の新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で感染リスクはもちろん、いろんなイベントが中止されるわ、経済的な混乱は避けられないわで本当に大変なことになっています。何時も話題は新型コロナウイルスのことばかりで私のブログでも日常になってしまいました。JKT48も現在殆ど活動停止状態で現在進行形の話題が少なくて困ります。過去のこととか他の話題を含めればブログネタ自体は有るにはあります。そんな感じでしばらくは続いて行きそうです。

今日はジュリのことを書こうと思います。ジュリは第5期生としてオーディションに合格してJKT48入りしています。当時私の推しは元メンバーのウティとユッピでした。今と同じ様に推しのメンバーにはツイッターにリプして応援していました。当時の第5期生に対する認識は現在の第9期生のような感じで殆ど知りませんでした。

約3年4ヶ月くらい遡ったある日、私は立ち寄ったコンビニの写真をウティへの朝の挨拶に添えて送りました。しばらくしてその私のツイートに「いいね」が付きました。私のツイートに「いいね」が付けられること自体殆ど無いので、誰?って思いました。確認すると「いいね」をしてくれたはジュリの公式ツイッターだったんですね。正直いうとジュリのことは全く知りませんでした。アカウントが公式だったので調べて研究生のジュリだと分かりました。おそらくジュリはウティのツイートを見に行き、たまたま私のリプした写真を見たのだと思います。

この「いいね」について書くと、JKT48が発足して最初頃はファンのツイートにリプすることは禁止されていましたが「いいね」は唯一黙認されていました。なので熱心にリプするファンにはたまにメンバーが「いいね」することは有りました。
しかし約3年くらい前から無くなったように思います。おそらく内規で禁止されたのではないかと思います。

たまたまではあれ、「いいね」してくれたことがきっかけで時々ジュリのことも気に掛けるようになりました。その後第一回目の大シャッフルが行われた時に、初代チームTは解体され、新たに第2代チームTが結成されました。第2代チームTは第4世代と第5世代の中から選抜されました。この時に選抜されず研究生のまま残ったのは6名位いたと思います。その後数名は活動辞退しましたが、最後まで諦めずに頑張ったのが、キーラ、ジュリ、ディアニ、アビーの4人でした。

私がジュリ推しになったのはその第2代チームTへの選抜から外れた頃からです。当時ジュリに対しては露骨に批判するファンがいました。いわゆるアンチです。ジュリはまだ若いし頑張っているのだから長い目で見てやればいい。アンチの存在は他のファンから見ても気分のいいものではありません。前向きなアドバイスなら問題ないと思いますが、使う言葉によっては容認できないものです。

ジュリはその当時のことを昨年の選抜総選挙の演説の中で語っています。
「JKT48 ジュリの選挙演説」

きっかけがどうであれ私は頑張っているジュリが可愛くてしょうがなかった。メンバーの実力や人気は客観的に評価しますが自分が最終的に推しにするかどうかは、そのメンバーを最も愛せるかどうかということになります。

研究生時代のジュリのパフォーマンスを観た時のことを過去のブログに少し書いています。
「JKT48 チームT イベントMohon Bantuannya, Tolong Lihat Aku」

今日はジュリがツイートに載せた最新写真にメッセージを入れてみました。

Evuttru0aac2ve2

再び会いましょう、だから今は家にいて。


先日ジュリが独自にファンからのメッセージを受け取るテンプレートを作っていました。最近オフィシャルが作っているテンプレートの類ですね。ジュリのベスト3は何?

Top3julie

私が書き込んだジュリのベスト3は信仰熱心、素顔が綺麗、ミラクル
ジュリの信仰熱心さは彼女のツイートでの引用によく表れています。彼女が「いいね」しているのも多くがこの引用です。
ジュリの素顔は本当に綺麗、お化粧しない方が良いくらい。
そしてジュリのツイートを見るとミラクルで面白い。その代りリプするの難しいです。(^^')

Czcnal5usaa7ijt

ジュリが「いいね」してくれた写真はこれ。
出張で島根に滞在していた時に立ち寄ったコンビニ。

|

« BNK48 & CGM48「心でふれて」 | トップページ | JKT48 今年のラマダン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BNK48 & CGM48「心でふれて」 | トップページ | JKT48 今年のラマダン »