« JKT48 映像アーカイブ「青春ガールズ」 | トップページ | JKT48 Video Call追加sesiの購入はインドネシア語ページから »

2020年5月 6日 (水)

JKT48「 Video Call with JKT48 」sesi追加

昨日オフィシャルから「 Video Call with JKT48 」のセッション追加のアナウンスがありました。あれれ、もう2回目の開催なのかと思いましたが建前としてはsesi追加となっています。通常の握手会だとsesi完売のメンバーについて増sesiが行われます。今回のsesi追加は全メンバーに新たに設定されましたので事実上は第2回目の「 Video Call with JKT48 」と言えると思います。

先日の「 Video Call with JKT48 」では早期に完売したメンバーも多数いました。さらに初回は様子見で不参加だったファンも多いと思われ、そういう意味では需要の取りこぼしが有ったと言うことかも知れません。

この「 Video Call with JKT48 」は各メンバーに均等に3sesiが割り当てられています。各3sesiのチケット枚数は25枚らしいです。各sesiが30分で1800秒、25枚で割ると72秒になります。実際にメンバーと会話できる時間は50秒で入れ替えの時間を入れると25枚程度になると思います。私が最初に参加したジュリのsesi1は設定されていた30分枠をオーバーしていました。次のsesiの待機時間に5分程度食い込んでいました。

1sesiが25枚だとすると各メンバー最大で75人が参加出来ますが、実際には複数枚購入のファンもいますので参加総数としてはそれほど多くなかったと思われます。通常の握手会だとイベント会場に入るのは無料で握手券も1枚当たりの価格が35000Rpくらいですから「 Video Call with JKT48 」は参加するにはかなり割高な印象です。チケット1枚当たりの会話時間は通常の握手会が10秒ですからそこだけで言えばお得です。ただイベントに参加する最低価格が10万Rpというのは私の感覚では高いように思います。

地元ファンの書き込みを見るとやはりその辺りに懸念があり参加を見合わせている様子もあります。次回からはその辺りの配慮をして欲しい旨の提案をオフィシャルツイッターのリプとして送りました。運営は大変だと思いますが、ファンはもっと大変な状況にある人も多いと思います。今回の新型ウイルスによる非常事態が一刻も早く収束することを願うばかりです。

日本人ファンの方で前回様子見で参加されなかった方は、今回のsesi追加分で是非参加してもらいたいなと思っています。私はもちろん参加します。


今日はディアニが飼っている猫の写真を彼女のインスタストーリーより引用します。

Ins202054
Ins2020541

ディアニは現在ペカロンガンの実家に帰っていますが、そこで飼っている猫をSNSに載せています。写真をよく見ると2匹いるみたいです。確か1匹はMonkeyと呼んでいました。(^^')

猫ついでに私がジャカルタを訪問した時の猫に関するエピソードを書きます。
1つは私がモナスの塔がある近くを散歩していた時の事、インドネシア軍の方が突然道路を走る車を遮断する場面に遭遇しました。私は何事かと驚きました。それは子猫が道路の中央に出ていたのを助ける為でした。公園の安全なところまで移動させて放してやっていました。公務員だと余計な事をしないイメージがあるのですがインドネシア軍の方は優しかったです。

そして同じくモナスの近くにある巨大モスクを観光させていただいた時のこと、モスク内に野良猫が迷い込んでいました。あっ猫が、と思いましたが係の人は全く気にしていない様子でした。

さらにJKT48の劇場公演に行った時のこと、公演中に劇場の天井部分、梁のところを猫が歩いているのを見かけたことがあります。ほのぼのとしたジャカルタの猫風景でした。(^^)


|

« JKT48 映像アーカイブ「青春ガールズ」 | トップページ | JKT48 Video Call追加sesiの購入はインドネシア語ページから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JKT48 映像アーカイブ「青春ガールズ」 | トップページ | JKT48 Video Call追加sesiの購入はインドネシア語ページから »