« JKT48 フィオニー & フレア チームT昇格 | トップページ | JKT48 フィフィ チームT昇格 »

2020年6月 3日 (水)

JKT48 メンバーの公式TikTokアカウントを開始

JKT48オフィシャルからメンバーの公式TikTokアカウント開始がアナウンスされていました。このTikTokは既に一部のメンバーが個人的に使っていましたね。

私はTikTokがどういうものなのか知らなかったのでWeb上にある解説を調べてみました。いろいろある中で分かり易く使用上の注意点も書いてある次のサイトを紹介します。

TikTokとは  
https://japan.norton.com/tiktok-risk-10437

簡単にいうとカッコイイ動画を簡単に作れるSNSということのようです。

インターネットの仕組みを一般の人が日常生活の中で使うようになったきっかけはブラウザが開発されてからでした。最初はHTMLという簡単な記述言語のみでホームページが制作されていました。これはその気になれば誰でも出来ました。私自身もこの頃ホームページ制作に夢中になっていました。最初はホームページという枠組みを作ることと簡単なコンテンツを載せることだけでも面白かったんですね。

しかししばらくして枠組みを作ることにはあまり意味がない事に気付きました。ホームページにとって大切なのは1にも2にも3にもコンテンツな訳です。そのころ登場したのがBlogサービスです。つまりホームページという枠を自分で制作しなくてもコンテンツ制作に集中できるようになりました。それで私もBlogサービスに乗り換えました。実際に使い始めると自分でホームページを制作するよりはるかに楽で楽しくなりました。
その後登場したFacebookやTwitter、Instagram、そしてTikTokもそういった流れが発展したものだと思います。これらの基本はブラウザが登場した初期の頃に既に存在していた掲示板の仕組みを応用発展させたものだと思います。独自の運用ルールやリンクの仕組み、さらにコンテンツ制作を補助する仕組みが付加されることで、ユーザーは作りたいと思ったコンテンツが簡単に作れるようになりました。

TikTokは動画制作が簡単に出来る、編集機能や予め用意されたテンプレートが豊富、さらに使用するBGM、音楽ソースの使用許諾が取られていて自由に使えるといった特徴があるようです。

JKT48のメンバー達にはTwitter、Instagramに加えてTikTokも公式アカウントが設定されました。これらを同時に運用するのは結構大変だと思います。どれか一つに特化して内容を濃くするやり方もありだと思います。

以前はGoogle+というブログサービスもありました。これはGoogleが廃止しています。さらにJKT48公式ホームページにリンクした公式チームブログも有りましたが何時の間にかたち切れになりました。さらに元メンバーのフィニは個人ブログを運用していました。けっこう楽しみにしていましたが、やはりたち切れになりました。

あとメンバー同士でYoutubeチャンネルを開設しています。こちらはGreShan TVとか、現在運用中のものもあります。一応公式動画からは独立しています。

メンバー達大変ですが今後どんなコンテンツを公開してくれるのか楽しみにしたいと思います。

ディアニが公開した最初のTikTokコンテンツを紹介します。ツイッターのリンクを引用します。

これも用意されているテンプレートの活用だと思います。

言葉の内容は
Jepang bikin roboto,
Jerman bikin mobil,
kamu bikin kangen 
日本はロボットを作り、
ドイツは自動車を作った、
あなたは恋しくさせた (最後の訳は怪しいですが...^^')

 

以前ジュリが公開していた動画もたぶんTikTokで制作したものだと思います。傑作なのでそれも引用します。

ジュリは動画を積極的に載せてくれますので期待大です。

 

今日はディアニとジュリのツイッターより彼女達の写真を引用します。

Dianicale20206_20200603183201

ディアニの引用写真を使ってインドネシアのカレンダーを作りました。

 

Ezqfjefvcai3ves

さらにジュリの写真を引用
ジュリは穏やかで明るい笑顔をみせてくれます。

 

 

|

« JKT48 フィオニー & フレア チームT昇格 | トップページ | JKT48 フィフィ チームT昇格 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JKT48 フィオニー & フレア チームT昇格 | トップページ | JKT48 フィフィ チームT昇格 »