« JKT48 次の夢を目指すべきか | トップページ | JKT48 ディアニいじられる & 新チームTスタート »

2020年8月13日 (木)

JKT48 映像アーカイブ大組閣後のチームJ

2016年9月11日開催の「前しか向かねえ」握手会会場でJKT48史上最初の大規模組閣が発表されています。
それまで基本的に初代チームJ、初代チームK3、初代チームTとそれぞれのチームカラーがありファンに愛されていたと思います。それが大組閣でどうなってしまうのか? ファンからしてもハラハラするものを感じました。

その大組閣の発表内容を過去ブログ「JKT48 初の組閣が発表されました。」に書いています。

大組閣後の新体制スタートは12月からでした。この頃の私の一番の関心事はチームJへ移籍したウティのことでした。大組閣後のチームメンバーはチームJが23名、チームK3は25名でした。ということは劇場公演には毎回チームJは7名、チームK3は9名が欠場することになります。正規メンバーであっても公演に出れる保障はなかったんですね。ウティは運営評価としてスタートメンバーに選ばれるかどうか常に際どいポジションにいました。ただしこの年に開催された第3回選抜総選挙で15位で選抜入りしていましたので、その実績を無視はできないだろうとは思っていました。

当時はウティを含めて学費を工面する為に活動を頑張るメンバーがいました。彼女達にはそういう意味での死活問題もありました。私はウティが常に劇場公演に出れるように、そしてチームJの中で輝けるように応援していました。なので当時の映像は特別な思いとともに強く印象に残っています。

当時公開された曲PionnerとHa!

[1080p] JKT48 - Medley Pionner + Ha! @ JKT48 5th Anniversary Concert BELIEVE - RTV

大組閣後のチームJは初代チームJの雰囲気を強く残しながらも新たに加わった移籍組が新鮮さを発揮していました。この映像で観るウティがとても輝いて見えて安心したことを覚えています。

この頃はナビラセンター時代でもありました。現在のナビラがツイッターでフォローしているJKT48関係者をみると殆どが同期の第1期生ですが、それ以外にウティ(第2期生)とエンジェル(第3期生)の2人をフォローしています。チームJとして一緒に活動したのは短い期間でしたがちゃんと友好を築いていたんですね。

その後ウティは卒業するまでチームJに所属しましたが、常にレギュラーで劇場公演に出続けることが出来ました。当時の映像を観ると懐かしさが蘇ります。

大組閣後のチームJの集合写真

Czpijg7ucaamo9m_20200814000101

新体制初日公演の時の写真です。

|

« JKT48 次の夢を目指すべきか | トップページ | JKT48 ディアニいじられる & 新チームTスタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JKT48 次の夢を目指すべきか | トップページ | JKT48 ディアニいじられる & 新チームTスタート »