« JKT48 ディアニとジュリのビデオコールに参加 | トップページ | JKT48 日本のファンも楽しめるSHOWROOM »

2020年10月 2日 (金)

F1 トヨタ自動車へのラブコールとレギュレーションの統一

本日ホンダより2021年度末を持ってF1へのパワーユニットサプライヤーから撤退する旨の発表が有りました。私は今後も継続してくれるだろうと思っていましたので、驚くと同時にとても残念に思います。取締役会で撤退派が多数になったのだろうと思います。ホンダは大きな会社ですから取締役会での意思決定であるなら仕方ないですね。

心配なのはこれまでパワーユニットの供給を受けてきたレッドブルとアルファータウリの2チームにとって新たな供給先を探すのにもう1年しかないという切迫した事態になったことです。さらにF1への昇格が期待される角田 裕毅選手にとっても残念なことです。実力が拮抗していたならホンダの推薦枠での後押しも期待出来たと思います。

まあ決定事項なのでもう変更はあり得ないです。そこで少し前向きに今後のF1を考えてみました。やはり応援できる日本人ドライバーや日本のサプライヤーがいて欲しい。そこで表題のトヨタ自動車へのラブコールになります。

トヨタはかつて10年近くチームとしてF1に参戦していました。つまり車体もエンジンもトヨタ製だった訳です。この参戦でのトヨタの優勝は有りませんでした。しかし少なくとも参戦後期に関しては何時優勝してもおかしくないだけの実力が有りました。

トヨタは今年WEC(世界耐久選手権) ルマン24時間レースで3連覇を達成しています。過去にはアメリカのインディカーシリーズ及びインディ500レースも制覇しています。さらにWRC(世界ラリー選手権)でのシリーズタイトルを何度も獲得しています。

そのトヨタにとっての忘れ物は一つだけ、それはF1で勝つことです。是非トヨタにこの忘れ物を獲りに行ってほしい。トヨタがF1に参戦するなら私は全力で応援したい。

さらに今後のモータースポーツの振興を考え、一つのアイデアとしてF1とWECのパワーユニットの基本的レギュレーションを統一することが望ましいと思います。10年以上前だったらF1とWECのパワーユニットの規格を統一するなんて有りえないと言われたでしょう。しかし現在のF1のパワーユニットは耐久性が重要視されています。つまりF1とWECのパワーユニットの基本的レギュレーションを統一することは十分現実的になっています。

もし仮にこの案が実現すれば各パワーユニットサプライヤーにとって大きなチャンス到来になります。WECとF1に参戦していたサプライヤーは相互に乗り込むことが容易になります。さらに新規格になることで新規のサプライヤーが参戦しやすくなる効果も期待出来ます。それぞれのレースは性格が異なりますから専用にチューニングする自由度は当然有って良い訳です。

パワーユニットのレギュレーションが一度リセットされ、さらにF1とWECのパワーユニットレギュレーションが統一されたならモータースポーツの振興に大きく貢献できると思います。
そしてその時トヨタ自動車にとっても忘れ物を獲りに行く大きなチャンスになると思います。

どうですかモリゾウさん私の提案は、是非検討してみて下さい。


|

« JKT48 ディアニとジュリのビデオコールに参加 | トップページ | JKT48 日本のファンも楽しめるSHOWROOM »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JKT48 ディアニとジュリのビデオコールに参加 | トップページ | JKT48 日本のファンも楽しめるSHOWROOM »