« JKT48 最終章になるかも | トップページ | JKT48 ナディラ卒業 »

2021年2月 7日 (日)

JKT48 ナディラ卒業特別公演「最終ベルが鳴る」

昨日2月6日第2期生のナディラことNadila Cindi Wantariの卒業特別公演「最終ベルが鳴る」が開催されました。さらに今日の第2公演チームJ「アイドルの夜明け」はナディラの卒業公演になります。
「最終ベルが鳴る」公演はチームK3発足以来3番目の公演です。(公演期間2015年8月1日 ~ 2016年11月27日) 研究生時代の「パジャマドライブ」を含めると4公演目でした。

今回の特別公演はナディラが所属するチームJメンバーとチームK3の特別編成になっていました。

Etczhltvgaa7zj4
出演メンバーのラインナップ

「最終ベルが鳴る」公演を経験しているメンバーはオリジナルメンバーである第2期生のナディラとロナだけだと思います。ディアニも初めてと言っていますのでたぶんそうだと思います。
今回の特別公演だけの為にパフォーマンスされたことを考慮するととても良く出来たと思います。それと同時にオリジナルチームだった初代チームK3の圧倒的なパフォーマンスの残像が蘇って来ました。
「最終ベルが鳴る」公演の過去記事はこのブログ内検索で複数出てきますので関心が有る方は読んでみて下さい。

ナディラはこの「最終ベルが鳴る」公演が始まったころ、いわゆるスターティングメンバーには選ばれませんでした。その代わり彼女はどのユニットソングにも入れる器用さで存在感を発揮していました。

ナディラは2016年開催の第3回選抜総選挙で20位、2018年開催の第5回選抜総選挙で23位、2019年開催の第6回選抜総選挙で5位に選ばれ選抜曲「Rapsodi」のメンバーになっています。

ナディラはアコースティクユニットの構成メンバーでもありユニットのリーダーも務めていました。このアコースティクユニットは当初サークル的なものかと思っていました。しかし実力が認められ単独でのイベント出演やテレビ番組にも多数出演するという大きな実績を残しました。

全メンバー好感度が高かった初代チームK3の中で私的にナディラは推しの次点でした。JKT48のファンになると同時に推しにしたのはユッピ、もう一人の推しを選ぶ時、ナディラとウティが候補でした。ナディラは人気とアイドルらしい器用さを持っていたので、そういう部分では負けていたウティをあえて選んだんですね。ナディラ推しになる可能性もあった訳です。その後ナディラを推してやれなかったことは少し心に引っかかっていました。2019年開催の第6回選抜総選挙で彼女が5位を獲得した時は本当に嬉しかった。そのポジションに選ばれて当然だとも思っていました。

今回の特別公演にはサプライズとして最後の曲「ささえ」の時に第二世代のOG7名が登場しました。来てくれたのはラヘル、リディア、フィニ、ユッピ、ヨナ、ウティ、シンカの7名です。彼女たちが登場したときは本当に感激しました。特にナディラの親友であるユッピは必ず来ると思っていました。OGのみんな、ありがとう。

ナディラのこれまでの活躍に感謝したいと思います。そして今日は彼女の卒業公演が有ります。最後まで応援しましょう。

昨日のナディラ卒業特別公演での写真を引用します。

266
ライブ配信よりキャプチャーしたナディラ

Eti6xmiucaaaqoe
劇場での記念写真ファンとともに

Eti6xycuyaqykzc
劇場にお祝いに来てくれた第二期生OGメンバーとの記念写真
左より、ラヘル、リディア、フィニ、ユッピ、ヨナ、ウティ、シンカの7名

Etis1g2u0aucdug
特別公演出演メンバーと記念写真

Etis3plucaekhfw
再び第二期生OGメンバーとの記念写真

そして今回特別公演に出演したディアニがアップした写真を引用します。

Etivr78uyayixfe
イヴとディアニのツーショット
このマンモスの衣装は新調されたものですね?

Etivsoovkaa0vma
イヴとディアニのツーショットその2

Etivtlzuyamnxhs
ディアニ

Etivtzivoae5mqt
ユニットソング「ごめんね ジュエル」の出演メンバーとバックダンサー

Yupiin1
ユッピのインスタストリーよりナディラとユッピのツーショット

| |

« JKT48 最終章になるかも | トップページ | JKT48 ナディラ卒業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JKT48 最終章になるかも | トップページ | JKT48 ナディラ卒業 »