« JKT48 ロナ卒業 | トップページ | JKT48 インドネシアに新しいアイドルグループ誕生の予感 »

2021年2月16日 (火)

JKT48 ディアニへの手紙に追加メッセージ

先日の日曜日はディアニとジュリのビデオコールに参加しました。何時も通り上手く話せる訳ではないのでスマフォに表示させた簡単なメッセージを伝えただけです。
ディアニとジュリを含む早期卒業組の活動期間は残り1ヶ月を切りました。彼女達が卒業するまでの間にビデオコール等では伝えれなかったことを幾つか書くことにします。

最近のディアニのSHOWROOMでのこと、私が以前彼女に渡した手紙を紹介してくれました。それは2019年7月ユッピの卒業公演に行ったときに届けた手紙です。その手紙を改めて読み返してくれたみたいです。
その手紙には私のディアニに対する気持ちとアドバイスを書いていました。そのアドバイス部分についての追加を書きたいと思います。

研究生時代からディアニを見てきた印象としては、彼女はファンに対して積極的にアピール(釣りに行く)をしないメンバーだと思いました。ハイタッチの時の様子も何時も受け身で応えているように感じました。アイドルとしての振舞いとしては積極的にアピールする方が断然好印象になります。あの時ディアニに書いたアドバイスは自分のファンに対してだけではなく、劇場に来ているファンに対して同じように笑顔を向けて欲しいということでした。ディアニの潜在的なファンはたくさんいる。それが熱心なファンになってくれるかどうかはディアニのファンに向ける笑顔と眼差し次第だと思いました。それはアイドルとしてのディアニへのアドバイスでした。

その後ディアニはツイッターに自身の性格について、人を受け入れるのに時間がかかることを告白しています。これは否定的なものではなく自己防衛本能として必要なものです。

一般社会でも基本的には誰に対しても笑顔で接して欲しいと思います。しかし劇場と大きく違うのはディアニに近寄って来る人が必ずしも善人だとは限らないことです。善良で有ることを偽って近寄る悪者もいます。私の経験では善良に見える者の方をより警戒する必要があります。 ここではディアニの慎重な性格がむしろ必要です。

ちなみに昨年2020年に日本国内で発生した刑法犯罪は約61万件記録されています。比較的治安が良いとされる日本でこの数字には驚きます。

アイドルを卒業して行くディアニ、ジュリ、そして他のメンバーも、アイドル時代にファンが熱狂的に好意を寄せてくれた経験は一度リセットする必要があります。
一般社会では他人を容易に受け入れる姿勢は逆に危険だと言えます。人との信頼関係を築くには時間が必要です。つまりディアニの人に対する慎重さ、自己防衛本能は肯定的なものです。

アイドル時代に得た多くの学びを大切にしながらも、一般社会での危険も知って欲しいと思います。卒業して行くメンバーにはみんな幸せになってくれることを祈っています。

ディアニとジュリが卒業した後では彼女たちのことを書くチャンスは殆どなくなると思います。彼女たちのプライベートを最大限尊重する必要がありますから。私は遠くから静かに彼女達を見守ることにします。

でも彼女たちが呼んでくれたらすぐに飛んで行きたいと思っています。(^^')


Eulocg6uuaax2w1
2月14日バレンタインデーの日にディアニがツイッターにアップした写真


Eulfpqouyaelhjf
同じくバレンタインデーの日にジュリがツイッターにアップした写真

| |

« JKT48 ロナ卒業 | トップページ | JKT48 インドネシアに新しいアイドルグループ誕生の予感 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JKT48 ロナ卒業 | トップページ | JKT48 インドネシアに新しいアイドルグループ誕生の予感 »